昼は東京、夜は大井。競馬場を選ぶなら

 

多くのドラマが誕生してきた東京競馬場。

はしくれのホームグラウンドでもあるこの競馬場ですが、

その広さ、快適さ、レースの質のどれをとっても、

日本一の競馬場であるとはしくれは思います。

 

JRAの全ての競馬場を踏破してきたはしくれにとって、

その他のJRAの競馬場がそれぞれに魅力的だと分かっていても、

やはり東京競馬場の持つ魅力の多さには敵いません。

 

それは交通の便が良い事に始まり、

府中という町自体が馬事を大切にしている事や、

日本一の富士山を眺められるスタンドを備えている事など、

設備の美麗さ、慣用さ、安心面(東京競馬場なら、赤ちゃん連れでも安心

などあらゆる面を考慮して、

日本競馬の「顔」となるべく整備されている事からも分かります。

 

ですから東京競馬場はこれからも「顔」で在り続けるでしょうが、

今回お話したいのは東京競馬場の魅力についてではありません。

今回お話したいのは、この東京競馬場には無い魅力を持っている、

「大井競馬場の魅力について」です。

 

 

こちらははしくれが撮影した大井競馬場のスタンドです。

ご覧の通り大井競馬場も美麗なスタンドを備えている、

地方競馬の「顔」とも言えるダート競馬のメッカであります。

 

暮れの東京大賞典、夏の帝王賞と言えば、

泣く子も黙る地方競馬の最強馬決定戦ですが、

撮影時の2017年11月3日という日は、

大井競馬場でJBC(JpnⅠ)が開催された日でもありました。

 

こういうビッグレースを開催するのに相応しい、

立地と設備を誇っているのが大井競馬場ですが、

この大井競馬場が東京競馬場には無い魅力を持っている事を、

皆さんはご存知でしょうか・・・?

 

宣伝も多くされていて知名度も高いですので、

既にご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが・・・。

 

それは、

「トゥインクルレース」が開催される事

であります。

 

 

疾走感を重視した写真のチョイスになりましたが・・・。

まるで光が流れていくように、

競走馬が疾駆していくのがお分かり頂けますでしょうか。

 

トゥインクルレースというだけあって、

馬も景色も光を弾く様にレースを形づくります。

この光景はナイター競馬を施行していない東京競馬場では、

まず見る事のできない競馬の景色の一つと言えましょう。

 

砂は白く輝くようにと特別な砂が使われており、

イルミネーションの演出などで、より華やかなステージになります。

国が管轄する中央競馬とは違い、

地方自治体(東京都)が運営するこの大井競馬は、

夜の魅力をアピールする事で集客を図っています。

 

名称的にも東京競馬場の方が都会に感じる響きですが、

実は大井競馬場の方が圧倒的に都心に近く、

殆ど都会の中心と言える場所で競馬が開催されています。

 

 

どうです?美しい眺めだと思いませんか?

白砂と夜空のコントラストに月の演出・・・。

その下に見えるのは星のようですが飛行機の明かりです。

 

そう、大井競馬場は羽田空港からほど近く、

国際的にもアクセスの良い競馬場と言えましょう。

また、羽田空港が近いために東京モノレールの明かりも見え、

イルミネーションの点灯が始まると一層ムードが高まります。

 

はしくれは東京競馬場を日本一だと思っていますが、

この大井競馬場の景色も、とても大切に思っています。

もし初めて競馬場に行くのなら、

昼は東京、夜は大井と使い分けるのがおすすめです。

 

また、せっかく今回は大井競馬場を紹介致しましたので、

中央競馬と地方競馬の違いも少しだけお話しましょう。

 

まず、分かりやすい違いで言うとナイター競馬の施行が上げられますが、

他にどんなものがあるかというと、

騎手の勝負服の違いがあります。

 

 

写真ははしくれが最も尊敬する騎手の一人、

大井の的場文男騎手です。

 

この騎手の偉大さは一言では語れませんが、

2017年現在、61歳でありながらバリバリの現役で活躍している、

7000勝ジョッキーです。

 

現役最多の勝利数で、

鉄人・佐々木竹見さんが持つ7151勝という記録に王手を掛けている、

まさに「大井の帝王」で、

その正確なペース判断、馬を追う迫力は、

天神乗り(というか最早「的場乗り」?)と相まって、帝王の風格を感じさせます。

 

そしてこの的場騎手が着ている勝負服ですが、

実はこれ、的場騎手だけの勝負服なのです。

中央競馬の騎手が着るのは馬主が選んだ勝負服ですが、

地方競馬の騎手が着るのは自分のオリジナル勝負服です。

 

この点は中央競馬と地方競馬の大きな違いで、

今は中央で活躍している大井の元スター・内田博幸騎手も、

大井で競馬をする時は大井時代の勝負服に戻って戦っています。

これって粋だと思いませんか?

 

だって、個人の所有物の感じが強い中央と違い、

こちらは生身の人間(騎手)が特にクローズアップされる訳です。

確かに馬主は大切ですが、

命を懸けて乗っている騎手が目立たないのは不自然でしょう?

 

いつもはしくれは命を懸けて騎手が乗っている事を忘れませんし、

その事に関しては特に、忘れたくもありません。

 

馬券を買わないレースにしても、

勝負服さえ覚えてしまえば、

「あ、今的場さんが勝ったな」

と分かったり、

とても気持ちが良いです。

 

 

それから大きな特徴をもう一つ上げるとすれば、

場立ちの予想屋の方達が居る事です。

 

これは中央競馬にはないシステムで、

1レース200円で予想した紙をお客さんに売る「店」があります。

競馬場内に予想家の店が普通に出店されている訳で、

これは本当に凄い事をやっているなあ、

とはしくれは思います。

 

なぜなら予想を外そうものならすぐ近くから野次も飛ぶ訳で、

当たろうが外れようが知った事ではない、というような、

いい加減な予想をする事は絶対にできないからです。

 

もちろん、はしくれもプロですから真摯に予想に取り組んでいますが、

不的中のバッシングを受ける勇気や胆力が尚更必要です。

競馬の予想でお金を儲けるなんて、遊びではできません。

馬券は自己責任というのは掟ではありますが、

皆さん生身の予想家として、真摯に戦ってらっしゃると思います。

 

そんな予想屋の方々の口上を生で聞く事ができますし、

気になる予想家を探してみるのも、また一興かと思います。

更にパドック周辺のこの場所には食事スポットも多いですし、

舌鼓を打ちながら散策するのも楽しいでしょう。

 

 

因みにこれは大井に行く度に、

はしくれが食べる「もつ煮込み」です。

冷えた体が温まる上、どんなお酒にも合う絶品です。

もつだけではなく生姜も味が染みていて、大変美味しゅうございます・・・。

 

こういったお酒に合う一品が多い事も、大井競馬場の特徴です。

やはり東京競馬場とは違い、

夜を意識した店舗展開となっています。

 

大人な夜を過ごしたい方、ぜひ夜行くなら大井競馬場へ・・・。

電車で来れば無料のバスも各方面から出ています。

 

 

しかもこのバス、何と無料で乗れます(驚)

帰りは混む事が多いですが、本数も多く走っていますし、

余程大きなレースでなければ次を待てば座れるでしょう。

これはとても親切だなと、毎回感心しています。

(もちろん行きも無料で乗れます。)

 

それから今回は特に夜の大井を中心に話しましたが、

大井競馬場の名誉の為にも、

「昼も景色が良い」事をお伝えしておきます。

 

さすがに東京競馬場の充実度には敵いませんが・・・。

昼の大井競馬には、昼の良さがあります。

因みに昼のパドックは、こんな感じです。

 

 

どうです?

抜けるような青空が映える、

空が高く感じる小高いパドックです。

これが夜になると・・・。

 

 

こんな感じで照明が映えます。

どちらも良いでしょ?

 

競馬というと土日開催の中央競馬が有名ですが、

平日も時間が取れれば地方競馬を楽しむ事ができます。

 

アフター5の息抜きに、

平日休暇のお出掛けに・・・。

競馬場の選択肢を、ご用意してはいかがでしょう。

 

特に都心に近い方、

せっかく魅力ある大井競馬場ですから、

知らずに過ごしているよりは、ぜひ開拓なさって下さい。

きっと競馬の楽しみが、増えると思いますよ☆

 




東京競馬場なら、赤ちゃん連れでも安心

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

赤ちゃんを連れて外出しようとすると、

オムツを換えられる場所の有無や、

授乳施設があるか不安だったり・・・。

気分転換に外に出てみたは良いものの、

上手く過ごせるか不安ですよね。

 

更に競馬をやりたいのに、

子連れでは安心して楽しめないのではないか?

というお父さんも、沢山いらっしゃるかと思います。

 

今日は、そんな疑問にお答えするべく、

実際に1歳半の子どもを持つはしくれが、

赤ちゃん連れでも競馬はしっかり楽しめる!

という事をリポート致しましたので、

ぜひゆっくりとご覧になって下さい。

それでは、参りましょう・・・☆




☆東京競馬場には、授乳施設はあるの?☆

 

まず、お母さん方にとって一番気になるこの点ですが、

東京競馬場には授乳施設がきちんと完備されています。

スタンドの西側と東側にそれぞれキッズルームを完備しており、

馬場内(レースコースの内側の施設)にもきちんと、

女性の係員が常駐している授乳施設が完備されています。

 

 

こちらが西側のキッズルームの外観です。

中に関しては撮影許可が下りませんでしたが、

アンパンマンのビデオ放映や、

乳児~幼児までが遊ぶのに最適な柔らかいブロック、

カーペットやマットが敷かれた床などが設置されており、

大変快適な環境です。

 

また、女性の係員が常駐しており、

皆さん大変親切で安心できる施設となっています。

この中に授乳施設やトイレも完備されており、

窓も大きく広々とした明るい室内です。

 

また、馬場内にはキッズルームこそありませんが、

先述のとおり、授乳専用の施設が用意されています。

東側のキッズルームに関しては、

非開催(東京競馬場でレースがやっていない)の時は開放していませんので

西側をお使い下さい。

 

更に、トイレですが、

大変きれいに清掃が行き届いており、

冬は蛇口からお湯も出ます。

多目的トイレも至る所に設置されており、

これは移動が大変な時にとても役に立ちます。

 

話が前後しますが、

キッズルームには一人当たりの時間制限もありませんし(施設は16時までです)、

なによりフードコートも近く、

お腹が空いた両親もすぐさまご飯が食べられる

のも良いです。

 

 

キッズルームはこのフードコートの奥、

扉を開けて一旦外に出たところにあります。

因みに、フードコートの中のはしくれのおすすめ店舗は、

画像の真ん中に見えている「らーめん西海」さんです。

(詳しくは 東京競馬場で食べる幻のアイテム をご覧ください。)

 

更に無料の給茶コーナーまであり、

紙コップも期間限定でターフィー君がデザインされていました。

これには子どもが大変喜んでいました。

 

 

さて、食事も済ませて再び妻子を預け、

僅かな時間、競馬に興じるはしくれですが・・・。

モニターや発券機はフードコートのすぐそばにありますし、

パドックもわりと近くにあります。

この日も焦らず存分に、競馬を堪能できました・・・。

 

☆赤ちゃんと一緒に楽しめるスポットはあるの?☆

 

授乳や食事の問題は全くない東京競馬場。

それでは、

「赤ちゃんと一緒に楽しめるスポット」

はあるかというと・・・。

 

しっかりあるんです。

まずは散歩におすすめなのが・・・

日本庭園です☆

 

 

「失礼ですが、ご趣味は・・・・・・」

などと、お見合いごっこをしながら散歩するはしくれ夫妻。

手をつないで子どもと散歩するのも癒されます。

 

ここは、

池の周りをぐるりと一周できる作りになっており、

人もまばらです。

まだ歩きが得意ではなかった以前のはしくれの子どもにも、

安心して歩かせられる遊び場となってくれました。

 

それからやはり馬を見せたいところですが、

パドックだと人が多いので、

馬を見せるならこんなところもあります。

 

 

正門を入ってすぐのところにある、

ミニ放牧場です。

この日はポニーがいましたが、

サラブレッドが居ることもあり、

日によって馬の種類が変わります。

 

レースに出走する馬が出てくる事はないので、

「血眼で勝ち馬を探すパドック狂いのはしくれのようなオジサン」には、

普段まず縁の無い場所です。

 

これを見ながら、

「お~、可愛いね~。可愛いけど、乗れそうにはないよね」

などと他愛ないおしゃべりに興じるはしくれ。

すると!

ありました、ありました・・・家族みんなで乗れるやつが!

やっぱりみんなで乗るならこれです。

 

 

そうです、馬車です☆

これならまだ歩けない赤ちゃんが一緒でも問題ありませんし、

とても気持ちの良いものです。

この時は整理券が配布されていましたので、

それを渡しての乗車となりました。

 

因みにこのお馬さん、

御者の方に伺ってみると、

サラブレッドでは無いそうです。

確かに、一回り大きいですしね・・・。

(確かなんとかブレッドと仰っていたのですが、メモらず不明になりました。ごめんなさい。)

 

色々見て回って疲れたら、

スタンドに戻ってコーヒーでも如何でしょうか。

こんなお洒落なカフェもあります。

 

 

明るいですね。

これはフジビュースタンド3階にある、

ヒットカフェです。

 

オークラが経営しているだけあって、

椅子も座り心地が良いですね。

馬券も当たりそうな名前で、大変気に入っています。

 

更にこのフジビュースタンドの3階部分は、

馬券の発券機が無い為に、

大変クリーンなエリアとなっているのが特徴です。

 

また、

良く泣く赤ちゃんでお店に入るのが心配

という方には、

競馬場各所にある様々なテイクアウトメニューを入手しつつ・・・

こちらの場所で伸び伸びされる事をおすすめします。

 

 

ここは、4コーナーの芝生広場です。

競馬を走る馬たちの、勝負どころでもあります。

時々、騎手の「ハーッ!」という威勢の良い声も聞くことができ、

天気の良い日は特に、

家族連れの団らんスポットになっています。

馬券を握るお父さんも生唾ものです・・・。

 

ここなら多少赤ちゃんが泣いたとしても、

気にする人は殆どいません。

同じような境遇の方も多いスポットと言えるでしょう。

 

如何でしたか?

 

競馬場というと一昔前は

「怖い場所」

のように言われていましたが、

特に東京競馬場は

「きれいで楽しい遊び場」

となっています。

 

近所の方でも競馬場という事で、

敬遠されている方もいらっしゃると思いますが、

これは大変もったいないことだとはしくれは思います。

 

事実、はしくれの知り合いのおばさんは、

「あんなに競馬場がきれいなんて、まったく知らなかったわ~!」

と、最近東京競馬場を訪れた感想を、

目を丸くして話してくれました。

 

今回のコラムは特に、

赤ちゃん連れの方の為に作成したコラムですが、

赤ちゃんが大きくなって「幼児」に育ってきたときは、

また別の楽しみ方もできるのが、

東京競馬場の凄いところです。

 

赤ちゃん連れにも、

家族連れにも優しい東京競馬場。

どうぞ皆さんも気兼ねなく、

お出かけになって下さいね☆

 

*大人の夜を過ごしたい、というあなたには「昼は東京、夜は大井。競馬場を選ぶなら」の記事がおすすめです。




 

競馬場の入場料を、安く済ませるには?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、競馬場に行った事がありますか?

 

はしくれはと言えば、

殆ど毎週、土・日曜日を競馬場で過ごす人生

を送ってきたわけですが・・・。

念願叶って競馬ライターになってからは、

データ予想で忙しく、

プロでありながら行く回数が減る

というジレンマに陥っています。

 

それでも競馬場が聖地である事は言うまでも有りませんし、

こうして記事を書いている間も、行きたくて仕方ありません。

 

そこで今回は、

皆さんが競馬場に行く時に少しでもお得になるように、

競馬場の入場料を安く済ませる方法について、

お伝えしたいと思います。




因みにはしくれは、日本競馬の花形である

東京競馬場をホームグラウンドにしています。

この競馬場に入場するには、

通常、一回200円の入場料を払わねばなりません。

 

これは開催中なら必ずかかる費用なのですが、

「これを節約して馬券代に代える方法は無いものか?」

と考えてきたのが、普段のはしくれであります。

実際、毎週土・日に入場料がかかる事を考えると

結構な金額になりますから、安く済ませたい訳です。

 

そこでまず、競馬場の入場料を安く済ませる為には、

正攻法と裏技の2種類がある事を、お伝えしたいと思います。

こう言うとゲームの攻略法みたいですが、

とても簡単な方法なので、

是非最後までお付き合い下さい。

 

それではまず、正攻法からお伝えしましょう。

正攻法の一つ目は・・・・・・。

 

「入場回数券を買う」ことです。

 

 

これですね。

これは競馬場の入場口にある、

入場券売り場で売っています。

 

ただし、あまり目に付く場所に回数券販売の記述が無い為、

はしくれはこれを知るまでに、

なんと競馬歴が5年くらい経過してしまいました。

ですので、これの存在を知らない方は意外に多いと思います。

 

因みにこの回数券は8枚綴りで、1000円というお値段です。

計算すると、一枚あたり160円弱の入場料になり、

通常の200円よりかなりお得になりますね。

 

競馬場を何回も訪れるはしくれにとっては、

これは実にありがたいサービスなのです。

これを一枚ちぎって

入場口のきれいなお姉さんに渡せば、

いよいよ聖地巡礼の始まりとなります。

ああ、空気がおいしい!

 

すみません。

そして、正攻法の二つ目になりますが、

これはもっと凄い方法です。

それは・・・・・・。

 

「フリーパスの日に入場する」というものです・・・!

 

 

これですね。

実は、JRAは年に何回かの「フリーパスの日」を各競馬場で設けていまして、

このイベントに乗じれば、なんとタダで入場する事ができるのです☆

 

とはいえ、このイベントは実施日が限られていますから、

実施日はJRAのホームページで確認してから出掛けるようにしましょう。

(東京競馬場でも年に3日程度となります。)

また、女性に関しては5月のオークス(優駿牝馬)開催日は、

入場が無料になる事がありますので、

この点はチェックが必要です。

 

そして、正攻法の三つ目ですが・・・。

これは、

「非開催の時に入場する」

という方法です。

 

JRAは全部で10場の競馬場がありますが、

競馬の開催というのはこの10場の中で、

期間ごとに持ち回りで開催されています。

東京競馬場も2月、5~6月、10~11月と開催がありますが、

それ以外の期間は休催期間となるわけです。

 

そして、この休催期間に競馬場はお休みしているかというと・・・。

実は場外馬券場、「パークウインズ」として営業しているんです。

 

 

これですね。

営業しているレストランや、発券窓口は減りますが

テレビモニターで開催競馬場の映像を無料で視聴する事ができます。

人もまばらで、開催時よりも落ち着いたムードになりますね。

 

非開催なので入場は無料

パドックやレースのライヴ観戦はできませんが、

競馬場を見てみたい方にとっては無料で入れる有効な方法のひとつです。

役割としては場外馬券場「ウインズ」と同じですので、

「パークウインズ」という愛称がついたのですね。

 

さて・・・・。

ここまでは三つの正攻法をお伝えしてきましたが、

入場回数券よりもお得で、

且つフリーパスのような実施日の縛りもない、

開催時のライヴ観戦が無料になる裏技があれば・・・

と思いませんか?

 

そこで、

これってお教えして良い事なのかどうか、

JRAさんに注意されたら記事消さなきゃなんですけど、

記事を読んで下さる皆さんに、

こっそりその裏技をお教えしたいと思います。

その方法とは・・・。

 

「メインレースが終わった時間に、入場口を突破する」

という方法です。

 

 

・・・これはどういう事かと申しますと、

通常、競馬はメインレースが終わるまでが掻き入れ時で、

メインレースが終わると

お客さんは半分くらい帰ってしまいます。

すると沢山の人が押し寄せて、

入場口が今度は退場口になるわけです。

 

こうなると入場券を回収する人も邪魔になるだけなので、

この時間になるとなんと、係りの人も入場口から居なくなってしまいます。

一応緑の制服を着た方がフロアの端に立ってはいますが、

この時に入場をしたからといって、

入場券を要求された事は一度も有りません。

 

この方法を使うと、

最終レースだけしか見られませんが、

なんと、

フリーパスの日でなくても、非開催の時でなくても、タダで入場できるのです・・・!

 

因みに、はしくれの師匠である妻はこれで、

最終レースだけ獲って帰る

なんて事もしばしばありました(汗)

 

ですので、もしただ

「開催中の競馬場の中を見てみたい」とか

「たとえ一円でも節約したい」とか

「今月あと100円しかない!」

という方は、この方法で入場するのが得策かと思われます。

 

・・・いかがでしたでしょうか。

競馬場では馬券代を殆どの人が払っているからこそ、

この裏技が黙認されて(?)いるのかもしれません。

それにそもそも、勝負レースは絞るのが得策ですから、

この技を使えば入場料も馬券代も節約できて、

まさに一石二鳥ですね。

 

その浮いたお金で、見事に馬券が的中すれば・・・。

お見事!

益々収支改善です!!

 

これからも当ブログは、

様々な方法で、皆さんの競馬の収支改善に尽くして参りますので、

どうぞよろしくお願い致します。

今回もご精読頂きまして、誠にありがとうございました。

 

*記事がお役に立ちましたら、最強競馬ブログランキング及び人気ブログランキングへの応援クリックをお願い致します。