セントライト記念2022予想・本命はアスクビクターモア

中山。

アスクビクターモアはこれまでにも中山3勝の実績ですが、セントライト記念はその際より1ハロン長い距離になるレース。

馬場悪化が懸念される台風通過が鍵になる一戦ですが、距離短縮と相手関係から、本命に相応しいと思います。

あとは先行馬、展開面から動き出しが問われるところですが、セントライト記念2022の予想を早速公開します。

はしくれ

先行馬多くミドルハイ予想
動き出しが問われるレースですね

のりしお

セントライト記念2022予想・印&買い目

本命◎アスクビクターモア

対抗〇ガイアフォース

単穴▲オニャンコポン

特注☆ローシャムパーク

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

*ローズステークス2022はローズステークス2022予想・本命はアートハウス

〇1着→☆3着→◎4着→▲9着
先週紫苑ステークスは馬券圏内2頭の選出成功

セントライト記念2022予想

本命◎アスクビクターモア

本命◎はアスクビクターモアです。

同馬は前走ダービー3着、これだけでも立派な結果ですが、差してきた2頭のワンツーからも前目で粘ったのは好感です。中山巧者で4戦3勝、十分すぎる程の結果ですし、実績的には並ぶもののない本命に相応しい存在です。

ただ今回懸念点を挙げれば休み明けと本気度にありますが、大一番へ出るのに今回は、8割でも良い仕上げになります。ダービーの際は無駄なく絞れて長距離適性もありましたから、距離を伸ばして結果が出た通り、菊花賞を意識しているでしょう。

馬場悪化は特段気にはならず、苦にもしそうにないと思いますが、マークされるのが分かっているので、動き出しが難しいところです。ダービーでは伏兵評価のため乗りやすかった点もあるでしょうし、田辺騎手継続は良いのですが、試金石の一戦となるでしょう。

対抗〇ガイアフォース

本命◎はガイアフォースです。

写真は新馬戦の際に撮った同馬のキャプチャ画像になりますが、腹袋があり、どっしり構えた幅のある馬体なのが分かります。前走レコード勝利も同じく小倉競馬場で挙げていますが、こうした馬体は中山も強く、坂も苦にしないと思っています。

このあたりは当ブログ常連の皆様ご存じかと思いますが、文鎮体型と呼ぶ体型で、坂で浮かずぴったり張り付きます。ただ現在同馬は腹周りもかなり絞って仕上げてきましたし、前走小倉の際の仕上げなら、スッキリして見える仕上がりでしょう。

これによりバランスが強化されて強い内容で勝ち切りましたが、息の入らぬ流れで押し切って、上り最速での快勝でした。重馬場実績2着も保持してこのときは前が逃げ切りでしたし、中山2200が舞台なら、届いておかしくないと思います。

単穴▲オニャンコポン

単穴▲はオニャンコポンです。

同馬は前走ダービー8着、皐月賞6着としていますが、世代ではハイレベルな能力で京成杯でも優勝しました。中山の馬場で差せる脚質は貴重なキャラクターとも言えますし、今回前に目が向きがちなので、漁夫の利を得るシーンも浮かびます。

中山2200mではどうしても動き出しが早まって、持久力と位置取りが勝敗を分ける大きなポイントになります。良馬場だと差す同馬にとっては都合が良いとは言えないのですが、台風通過で渋る予想なら、一発のチャンスも出てくるでしょう。

隊列がバラけ多少縦長の展開を想定したものですが、ショウナンマグマがどれほど行くかが相当結果を左右しそうです。どちらにせよ逃げなくてはならない同馬の存在から推し量れば、一差しあっても不思議ないものと考えて3番手に指名です。

特注☆ローシャムパーク

特注☆はローシャムパークです。

同馬は前走山藤賞から5か月ぶりのレースとなりますが、その前走時は道中まくって圧勝する強い内容でした。時計も優秀、持久力もあり、中山にも向いた体型ですし、芝でもダートでもやれそうなほど、分厚い馬体を持つ逸材です。

今回ルメール騎手が騎乗して勝利を狙うのも楽しみですが、同馬のまくり次第ではレースが早目に動き出すと予想します。ショウナンマグマと同馬の2頭が展開の鍵を握っていますが、それだけにレースに干渉できる立場というのが面白いでしょう。

ルメール騎手は奇襲を仕掛けたり、レースを作るのが得意ですから、こうしたタイプに乗っていることは、今後も含めて期待が持てます。素質的に見劣りはしませんし、稍重で一度勝っていますから、休み明けさえこなせれば結果が伴ってきて不思議はないでしょう。

セントライト記念2022買い目

現実的に考えてワイドで的中重複を狙い撃ちます。

ワイドボックス各100円、計600円と致します。

セントライト記念2022当日のパドック予想

菊花賞へ向けたトライアルです。最も注目している馬体は?

のりしお

はしくれ

小倉から挑戦のガイアフォース

セントライト記念2022は9月19日(月曜日)、中山競馬場第11レース15時45分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。