競馬小説「アーサーの奇跡」第56話 シャッターチャンス

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

荒尾 真凛(あらお まりん)

女性騎手。22歳。亡き父・栄一に代わり転厩直後のアーサーの緒戦に臨む

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

サプライズで渡したぬいぐるみに、結衣の心情を確かめる匠。

大事な人を大事にするために、大切なことを思い知りますが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第55話 大事な人

競馬小説「アーサーの奇跡」第56話

第56話 シャッターチャンス

 

パシャパシャ。

 

青葉賞のパドックが始まって、匠はカメラを振り向けていたが、ひとしきり撮り終えると結衣を見て

「どうですか…?」

と感想を尋ねた。

 

「そうですね…。すっごくきれいですし、毛ヅヤもふわふわで柔らかいです。他の馬と比べてもひと回り、お尻も大きく張っていますから…。大丈夫かなって思います」

アーサーの仕上がりを見つめて、太鼓判を押す結衣に安心し

「それじゃ俄然、今日は楽しみですね!」

弾む声で匠が返した。

 

「はい…!でも結果は分からないですし、わたしの感想に過ぎませんから…」

「そうですけど、さっきのレースにしろ、やっぱり1着に来てますからね…」

匠と結衣は場所取りのため、ひとつ前のレースから見ていたが、パドックだけ見て馬券を買わずに、結果をビジョンで確認していた。

 

「偶然です…!きっと今日神様が、いろいろ良くして下さってるから…」

微笑む結衣の声に匠は

「結衣さんはほんと、驕らないですね…。おれだったら鼻が伸びますよ…」

鼻に手を当てながら答えた。

 

「ふふっ…!それだとご飯食べるときに、いっぱい鼻にネギ、ついちゃいますね…!」

微笑む結衣の顔を見つめて、苦笑いを浮かべる匠だった。

 

「そういえば…。結衣さんは見るときに、考えながら見ているんでしょうか…。なんだか考えながら見ると、頭がごちゃごちゃになってきますが…」

突然思いついた調子で、匠が結衣に質問してみると

「あ…それはあんまり、良くないですよ。見るときは考えないでよく見て、浮かんだ印象を大事にします。そうしないと、見過ごしちゃいますから…」

結衣は穏やかに答えていた。

 

「あとお尻ならお尻だけ見るとか、見比べた方が見やすいですけど、やっぱりそれも良くないんでしょうか…?」

匠が続けて問いかけると

「それだとバランスがよく見えなくて、全体の良さがよく分かりません。それにここは最前列ですから、向こう正面も見ているくらいで…。とにかく全体が大事です」

結衣は匠がかける言葉に、ひとつずつ丁寧に答えていた。

 

「なるほどなあ…。まず全体が大事…。向こう正面も確認して…」

頷いている匠に結衣が

「でも一か所、ここだけと言うのなら、お尻の付け根をよく見てください」

そう言って馬を指し示すと

「あそこです?あのお尻の上あたり…?あそこに何かあるんでしょうか?」

「それがその…。アーサーもそうですが、あそこが張ってる馬は強いです…」

結衣が頷きながら答えた。

 

「そう言えば…。中山競馬場で「トモが大事」って話聞きました。ビッグツリーが凄いみたいで、実際レースも強かったですね…」

匠は中山競馬場で先程結衣の隣に立っていた、若い男が話していたことを、誰とは言わずにそう話していた。

 

「匠さんは、この前はアーサーを中山競馬場で見ていますね…。何か違うことはありますか?」

今度は結衣が問いかけていた。

 

「そうですね…。この前と変わらずに、いい感じの馬体だと思います…。でも川崎のときと比べて、成長した感じもするかなって…。それに変かもしれないですが、毛色が濃くなった感じもします…」

「馬体重も増えていますよね。お腹がすっきりしていますし、幅が増えたような感じもします…。毛色もわたし、好きな毛色で…。こういう濃いのは良いかなって…。でもわたし、あまり前のことは、実はあんまり気にしてないんです。だからいつもしっかり見ないと…」

結衣の意外なそのひとことに、匠は一人、隣で頷いた。

 

「そのときに全力ってことですね…。それが結果を引き寄せている…」

感心する匠の口調に

「そんな凄いものか分からないです…。でもアーサーは線がきれいで、それだけはちゃんと覚えているので…」

結衣はぬいぐるみを抱いたまま、匠のその声に微笑んでいた。

 

「止まーれー!」

という号令がかかり、馬たちが一斉に立ち止まると、アーサーの背では真剣な顔の荒尾真凛が手綱を取っていた。

 

「あれが真凛さん!かっこいいですね…」

つぶやくように結衣が告げると

「頑張れ真凛―!応援してるぞー!」

「大丈夫、ファンもついているからなー!」

温かな声が聞こえてきた。

 

「真凛さん、人気あるみたいですね…」

カメラを覗く匠が言うと

「そうですね…。アーサーも似合います…」

結衣も小さな声で答えた。

 

やがてアーサーの背中に跨る、真凛がゆっくり近づいてくると

「(よし、いいぞ…)」

匠は脇を締めて、パシャパシャとシャッターを下ろしていた。

そうしてどんどん距離が近づいて、いよいよ匠の目の前に来ると、ファインダー越しに映った真凛が、ふと何かに微笑むのが分かった。

 

「(おぉ…)」

匠は不意に微笑んだ真凛の表情を撮ることに成功して、過ぎ去る後ろ姿も収めると、撮り終えて結衣に話しかけていた。

 

「いま真凛さんが、なんだか笑顔になった一瞬があったようですが…」

匠は結衣に振り向くとすぐ、撮影中のことを話していた。

 

「はい!実はアーサーのぬいぐるみが、真凛さんの目に入ったみたいで…。この子の手でバイバイをしたら、わたしに笑いかけてくれたんです…。すっごく優しい笑顔でした…!」

嬉しそうにぬいぐるみを抱き、結衣が声を弾ませてそう言った。

 

「匠さんの、サプライズのおかげで…」

結衣がぬいぐるみに目を細め、胸により深く抱きしめて言うと

「…」

匠はその言葉に、胸が熱くなるのを感じていた。

 

返し馬に向かう馬たちを追い、パドックから人が立ち去っていく。

閑散としたパドックで匠は、ひと言だけ結衣につぶやいていた。

 

「よかったです…」

その声に頷いて

「はい…」

と目を細める結衣を見つめ、匠はポリポリと頭を掻くと、はにかんだまま視線を下げていた。

 

次回予告

 

ついにスタートを切った青葉賞。それを間近で撮影する匠。

ライバル・ロングフライトの走りに、スタンドからどよめきが巻き起こり…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第57話 青葉賞・発走

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第55話 大事な人

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。