競馬小説「アーサーの奇跡」第36話 晴れの日

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

奏からの伝言を頼まれて、ブランから家へと帰った匠。

結衣は匠からそれを受け取って、その背中に目を細めるのでした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第35話 大丈夫

競馬小説「アーサーの奇跡」第36話

第36話 晴れの日

 

「それじゃあ撮るぞ。そのまま動くなよ~。動くのは鼻の穴だけだぞ~」

「何言ってんだよ、まったくもう…。結衣さんも見てるっていうのに…」

休憩時間が過ぎた後は飛ぶように時間が流れて行って、終業後のスタジオの中は三人の時間が訪れていた。

 

「ほらほらちゃんとレンズを見てな。シャッターは待ってはくれないぞ?このフィルムにお前の魂、しかと焼き付けるから安心しろ?」

七五三のときとは違って善男が結衣を呼び止めていたので、終業後も解散はせずに匠の記念撮影に入った。

 

「むしろ不安になるよそれじゃあ…。幕末の志士じゃないんだから…」

昨年成人した匠はこの日が成人式でもあったが、撮影の手伝いで一日、善男と過ごすことが決まっていた。

同世代が集まる式には出席することができなかったが、それでも店を手伝いたいと、匠は快く引き受けていた。

 

「くすっ」

結衣も笑顔を見せ、二人のやり取りをそばで見ている。

紋付き袴の匠を見て、嬉しそうにその目を細めていた。

 

「そうそう、そのまま前を見ていろ?サムライが威嚇する表情!」

匠を撮影する善男も、どこかリラックスしたムードだった。

 

善男の声に結衣が小さく

「ふふっ」

とその肩を揺らしていると

「(絶対、そんな顔はしていない…)」

匠がじっと睨むのだった。

 

「よしいいぞ。いいものが撮れたな」

善男がオーケーと手を振ると

「匠さん、サムライなんですね…」

善男に結衣が問いかけていた。

 

「おお、結衣ちゃんは知らなかったのか。時々「ござる」って言うからね」

善男の冗談を聞き取って、結衣が真剣な表情になると

「分かりました」

と返事をしたので

「分かりましたってあの、結衣さんまで…」

匠がまぶたを閉じて言った。

 

「ところで頼みがあるんだけど、最後はおれと匠二人の写真も残しておきたいんだよね。それで結衣ちゃんには悪いけどさ、シャッターをお願いしたいんだ」

善男が右手を立てて結衣に「お願い」というポーズを突き出すと

「はい、お父様がおっしゃるなら…。シャッターを押せばいいんですね」

結衣が二つ返事で答えた。

 

「ありがとう!ほんとに助かるよ。それじゃあちょっとこっち来てくれる?」

善男が了承を得てすぐに促すように手招きを見せると、結衣もすぐにそれに従って、撮影者の位置へと歩み寄った。

 

「それじゃあちょっと、布掛けるからね」

ファインダーに被された布を善男が持ち上げて結衣に掛けると、旧式のカメラの扱いを善男が結衣にあれこれと伝えた。

 

「わあ…反対に見えるんですね…」

結衣が興味深げにつぶやく。

 

一通り説明が終わると

「はい」

と結衣がはっきり答えた。

 

「それじゃあ匠、お前はこの椅子に」

善男が今度は椅子を出すと

「顔だけはレンズに向けておけ」

そう言って匠を座らせた。

 

そうして今度は背広を着て、背もたれの上にその手を掛けると、善男は一瞬目を細めて、匠を見てカメラに向き直った。

 

「結衣ちゃんどう?違和感はないかな?」

善男が結衣に確認すると

「お父様、少しだけ左に…あ、違う。右向いてください」

「こうかい?」

「はい、とってもいいです。匠さんはちょっとアゴ引いて…」

「こうです?」

「はい、ちょうどいいですよ」

結衣の指示で二人が動いた。

 

「これはいいお嫁さんになるな…。匠、お前離すんじゃないぞ…」

「え…?」

善男のひと言にカメラを向いて目を丸くしていた匠だったが

「はい撮ります!」

という結衣の言葉で「カシャッ」とシャッターがすぐに切られた。

 

「うん、良かったよ!さすが結衣ちゃん」

善男がそう結衣を労うと

「もう一枚撮っておきますか?」

善男に結衣が問いかけていた。

 

「いや大丈夫。目は開(ひら)いてたし、きっと匠らしく撮れてるから…」

そう言う善男は満足気に、結衣を見て小さく頷いていた。

 

「(おれらしくって、どんなんだろう)」

そう思った匠の瞳に

「プリントすればきっと分かるさ…」

善男が視線を馳せて言った。

 

初めての経験に笑顔の結衣と目を細める善男を見つめ、匠は二十歳になったことを、少しだけ実感できた気がした。

スタジオの外は暗くなって、気がつけば白い雪が舞っている。

匠は二人の笑顔を見て

「(今日を忘れない)」

と思うのだった。

 

次回予告

 

弥生賞に出るアーサーを追って、中山競馬場に着いた匠。

善男の言葉に不安を募らせ、馬券を確かめる匠でしたが…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第37話 弥生賞

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第35話 大丈夫

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。