愛知杯2022予想・本命はアンドヴァラナウト

素質。

今回愛知杯の本命馬はアンドヴァラナウトを指名しますが、同馬は福永騎手のお手馬で今回は松山騎手に変更。

香港での落馬による離脱が馬にとっても手痛いものですが、リーディング上位の騎手を確保し、勝負気配漂う一戦です。

前年の覇者マジックキャッスルも参戦の素晴らしい面子ですが、そんな愛知杯2022の予想を公開して参りましょう。

はしくれ

この予想は火曜日公開です
良い流れに変えたいところですね

のりしお

愛知杯2022予想・印&買い目

本命◎アンドヴァラナウト

対抗〇ソフトフルート

単穴▲マジックキャッスル

特注☆シゲルピンクダイヤ

買い目=馬連ボックス各100円、計600円

*京成杯2022は京成杯2022予想・本命はアライバル

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着

開幕重賞中山金杯2頭馬券圏内馬を抜擢

愛知杯2022予想

本命◎アンドヴァラナウト

本命◎はアンドヴァラナウトです。

同馬は前走の秋華賞でも3着と善戦をしていますが、常に速い上りタイムを出して、その切れ味をアピールしています。見るからに切れ味優勢という切れ長な馬体の持ち主ですし、先導役のいないこのレースで、特徴が活かしやすいことでしょう。

このレースの警戒点としては外差しが目立ってきている馬場で、レース時間にはこの傾向にも拍車がかかりそうということです。出走馬もそうした傾向から脚を溜めたいキャラの馬が多く、自然とコーナーでは膨れやすい位置取り争いも予想されます。

このためあまり後方待機だとロスが多くなると思われますし、スタミナも余計に消費するので、できれば好位で進めたいでしょう。そうした競馬が可能で中京二千で重賞勝利も保持する、同馬の適性はメンバー中で随一と見て信頼を置きます。

対抗〇ソフトフルート

対抗〇はソフトフルートです。

同馬は前走でGⅠ戦のエリザベス女王杯で4着と、高い持続力を発揮しながら、ギリギリ馬券外の結果でした。しかし4着自体立派ですし、速い上りが使えることからも、今回の上り勝負濃厚な一戦は適性が高いでしょう。

問題はその位置取りなのですが、後方待機が必要な馬で、コーナーで外に出す競馬をする必要が高まるかと見ています。しかしこの点は距離の短縮で挑めるローテが組まれているので、ハンデや実績から考えるとバテて不発にはなりにくいでしょう。

中京二千は3勝クラスを突破した際にも勝っていますし、これまで3戦3勝と強く、適性面でもリードしています。1ハロン長い距離でも十分活躍できるスタミナがあるので、コーナーさえ上手くクリアできれば逆転の可能性もあるでしょう。

単穴▲マジックキャッスル

単穴▲はマジックキャッスルです。

同馬は昨年の覇者であるため適性面に疑いないですが、実績面から他馬に対してのハンデが重くなるのがネックです。しかし堅実な末脚を保持し、どんなコースでも好走するので、これまでの実績を考えれば連覇もあって不思議はないでしょう。

そしてそんな同馬を支えている高いスタミナはオークス5着や、稍重の秋華賞での2着で実績的に担保されています。たとえ外へ出すロスを加味しても末脚が脅威になる馬なので、2000mまでの距離であれば、信頼性は高いと見ています。

また今回は戸崎騎手の手からルメール騎手に乗り替わりですから、ペースが落ち着いた瞬間を見て、押し上げることも考えられます。そうなるとあまり距離ロスを出さずコーナーを回ることにもなるので、そうした奇襲も考えていくと、これ以上印は下げられません。

特注☆シゲルピンクダイヤ

特注☆にはシゲルピンクダイヤです。

同馬は今回選出している上位馬より前で競馬しますが、出走メンバーを確認すると、大部分が差し馬の面子です。外差しが目立ってきた馬場といえ、インもまだ死んでいない馬場なので、有力馬の多くが外を回るロスがあるなら怖い存在です。

同馬は元々末脚鋭くマイルでも実績があるのですが、このところ追走に苦労しない中距離でも結果を出しています。特に前走は牡馬混合での中日新聞杯を3着と、当該コースの適性面でも上位の評価が可能な馬です。

元々この中京二千という舞台は前残りしやすい上に、今回はスローペース濃厚で有力馬はみな差しに回ります。好位から脚が使えるタイプでマークも厳しくなさそうですから、歴戦のコンビである和田騎手と、上位食い込みもあると思います。

愛知杯2022買い目

今回は上位馬拮抗と見てボックス馬券を使っていきます。

馬連ボックス各100円、計600円と致します。

愛知杯2022当日のパドック予想

はしくれさんは今年2重賞で馬券内2頭選出中です

のりしお

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着

▲2着→〇3着→☆4着→◎7着

はしくれ

本命馬で良績を上げたい
当レース最大の注目馬は?

のりしお

はしくれ

成長期待のアンドヴァラナウト!

愛知杯2022は1月15日(土曜日)、中京競馬場第11レース15時35分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です