フェアリーステークス2022結果&馬体診断・優勝はライラック

差し決着。

3日間競馬の最後を飾る重賞フェアリーステークスですが、イン前有利の馬場の継続もメイン直前までとなった芝生。

最終レースも同様に差しが決まる馬場へと変貌しましたが、そんななか末脚を伸ばしたのは重賞経由のライラックでした。

「3コーナーでは勝つと思った」と鞍上のコメントもありましたが、そんなフェアリーステークス2022の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

フェアリーステークス2022着順

優勝馬ライラック

2着馬スターズオンアース

3着馬ビジュノワール

フェアリーステークス2022予想結果

本命◎エバーシャドネー

対抗〇ニシノラブウインク

単穴▲スクルトゥーラ

特注☆スピードグラマー

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=不的中

フェアリーステークス2022予想・本命はエバーシャドネー

パドックロード配信結果

☆2着→▲7着→〇8着→◎9着でした。

パドックロード(2022)1月度会員募集&前月度実績

エバーシャドネーは完敗でした

のりしお

はしくれ

進路もなく、弾き飛ばされたしね…
ブログ予想でも完敗でした

のりしお

はしくれ

誠に申し訳ございませんでした
しっかり診断をお願いします

のりしお

はしくれ

うん。少しでも上昇しなくちゃ

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着

年明けの中山金杯からは馬券圏内の2頭を選出

フェアリーステークス2022結果・馬体診断

優勝馬ライラック

まず優勝馬ライラックです。

同馬はマイナス4kgとあって数字的には減っていたのですが、全体的には迫力があって、選出に迷った仕上がりでした。バランスが良く無駄な肉がなくて牝馬としは有馬記念の際、ジェンティルドンナが見せた仕上がりに通じるものがあった馬体でした。

それほどの評価を与えながらも選出しなかった理由としては、まだ小柄で発達途上かなと判断したことが響いています。ただすぐ後ろのエリカヴィータより馬体重的に小さい馬でも、馬体の迫力では優っていて、これを加味すればと思っています。

2着馬スターズオンアース

2着馬はスターズオンアースです。

同馬は非常に体幹が強く背中を真っすぐに見せていますが、社台ファーム生産ということで、デゼルなどに似た部分があります。大きく張ったトモが目立ちますし全体に馬格もある馬なので、選出自体はすぐ決めましたが、太目感があり、迷うものでした。

画像からするとスッキリしていて絞れているように見えるのですが、これが動画ではプラス6kgをはっきり感じられる仕上げでした。父ドゥラメンテ譲りのバランスが好感を与える馬体ですから、絞れれば更に上を目指せてもおかしくない存在と思います。

3着馬ビジュノワール

3着馬はビジュノワールです。

同馬は非常に癖のある馬で、腹部がせり上がっているのですが、全体としてはバランスも良くて非常に難しい体型でした。おそらくマイルより中距離向きと思える胴長な体型ですが、幅もあり、毛ヅヤも冴えていたので好走は頷けるところでした。

このレースは抜けた仕上げの馬が居なかったこともまた事実ですが、とはいえ上位馬は全てそれなり、好走できる下地がありました。タイム分析でスタミナ勝負の競馬であったことも分かりますし、それに則した馬が来ているので、結果と馬体はリンクしています。

マイル戦という脳がありました

のりしお

はしくれ

フラットに見ていたつもりだけどね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

フェアリーステークス2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はマイル戦でイン前が有利な馬場と踏んでいたことから、何だかんだとペースが速くなり、時計も縮まるかと思いました。推測が外れ、馬場はメインから急に外差し馬場になりましたし、何より完全なミドルペースのスタミナ勝負という結果でした。

その上切れ味が要求される状況が出来上がっていましたし、今までの競馬予想の中でも屈指の難レースに思いました。事前のオッズも割れていましたが、これをしっかり読み切れた方には、凄いなあと思うところでしたし、心から祝福申し上げます。

予想家としては当てたかったです

のりしお

はしくれ

これは相当にハイレベルだしね

騎手のコメント

1着M.デムーロ騎手・・・「(ターコイズステークスの)ミスニューヨークみたいでしたね。凄い末脚でした。3コーナーで勝てると思いましたが、早目に動きたくはなかったので、最後の末脚に懸けました。展開も良かったです。小さな馬ですがキーが高くて、抑えながらの競馬になりました。今後も全然大丈夫でしょう」

相当の手応えがあったようで

のりしお

はしくれ

中山は騎手含め合っている

フェアリーステークス2022結果データ

勝ちタイム=1分35秒2(良)

前半800m通過=47秒6

ペース=ミドルペース(タイム差なし:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒7(最速)

レース上がり3ハロン=35秒3

4角通過順=10→4→10番手

クッション値(AM7時)=9,6(標準)

おわりに

今回は馬場読みについて言えば「まず読めない」かなと思いましたが、全体時計が速くないことは、読めなくはなかったかと思います。その結果スタミナ勝負になって、距離短縮のライラックを含め、最後も末脚が活かせる馬に向く予想もできたかもしれません。

競馬予想はこの「結果的に」の部分が大きな位置を占めるので、前提がずれたことに関しては、致し方ないとも思っています。ただできる限り読めるものを読み、良績につなげたいと思うので、これからもどうぞご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。少しでも良績を追い求めて、配信に邁進して参ります。

はしくれ

本日もありがとうございました
またお会いしましょう

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です