中山金杯2022予想・本命はウインイクシード

Cコース。

年明け初戦の中山金杯、ここは当てていきたいレースですが、いきなりからハンデ重賞戦で癖の強いメンバーが勢ぞろい。

だからこそ面白くなるのですがここは中山適性を重視し、本命ウインイクシードから行く馬券を組み立てたいと思います。

ミスター金杯・松岡騎手とのコンビ結成も頼もしいですが、そんな中山金杯2021の予想を公開しましょう。

はしくれ

ミドルに近いスローペース予想
後方の馬には厳しいですね

のりしお

中山金杯2022予想・印&買い目

本命◎ウインイクシード

対抗〇トーセンスーリヤ

買い目=単勝&複勝◎〇各100円、馬連&ワイド◎〇各100円、計600円

◎1着→☆3着→〇4着→▲13着

現在11週連続での重賞本命馬3着以内

中山金杯2022予想

本命◎ウインイクシード

本命◎はウインイクシードです。

画像は昨年中山記念で同馬が見せた仕上げになりますが、毛ヅヤはピカピカ、無駄な肉はなく、非常に迫力ある仕上げでした。中山の「ウイン」は他と違うというのは鉄則でもあるのですが、事実同馬も仕上がりが良いのは大体においてこの中山です。

今回のメンバー構成からはロザムールが逃げていきそうですが、同馬はハンデも少し重くなり、この点が懸念されるところです。溜めて弾けるタイプでもないので持久力勝負がしたいでしょうが、正直最後まで粘り切れるか、かなり怪しいと言って良いでしょう。

それが多少なりペースを落として道中行くのが理想の走りで、そうなると今度2枚目以降の馬に瞬発力で交わされます。それがちょうど昨年も3着で一昨年2着の同馬ですし、勝負の松岡騎手の騎乗なら高い期待もできると思います。

対抗〇トーセンスーリヤ

対抗〇にはトーセンスーリヤです。

同馬は良血馬の血統から品のある馬体が目を引きますが、本命のウインイクシードよりもスピードタイプの馬体に見えます。実際走破タイムを見てみるとタフな場所より軽いタイプなので、Cコース替わりの良馬場ならば、ここを待った甲斐もあることでしょう。

はっきりとペースを刻んで逃げる逃げ馬が不在なレースですから、番手で溜めても一脚使える同馬の操縦性は魅力です。またこのレースは弟でもある横山武史騎手が人気なので、兄の威厳をかけた発奮にも多いに期待したいところでしょう。

そんな横山和生騎手は去年79勝を挙げていますし、昨年全国リーディングからも10位にランクインする技術です。先行すれば実にしぶといため馬キャラとタイプも合っていますし、トップハンデも敢えて信頼して対抗評価へと抜擢します。

中山金杯2022買い目

今回はコース適性を踏まえ、2頭の馬券に絞っていきます。

単勝&複勝◎〇各100円、馬連&ワイド◎〇各100円、計600円と致します。

中山金杯2022当日のパドック予想

はしくれさんは重賞本命馬11週連続馬券内に。秋競馬からの継続です

のりしお

◎2着→☆7着→〇13着→▲16着

◎1着→▲2着→☆6着→〇12着

◎1着→☆3着→▲6着→〇8着

◎1着→▲3着→☆7着→〇11着

◎1着→〇2着→▲4着→☆13着

☆1着→◎2着→〇3着→▲6着

◎1着→〇2着→▲3着→☆4着

▲1着→◎3着→〇7着→☆8着

◎1着→〇2着→▲4着→☆13着

◎1着→☆3着→〇4着→▲13着

◎1着→☆4着→▲12着→〇13着

はしくれ

今年も的中に邁進します
当レース最大の注目馬は?

のりしお

はしくれ

中山巧者のウインイクシード!

中山金杯2022は1月5日(水曜日)、中山競馬場第11レース15時35分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です