マイルチャンピオンシップ2021結果&馬体診断・優勝はグランアレグリア

大歓声。

これまでGⅠ5勝の全てで圧倒的な走りを見せてきた、グランアレグリアが見事引退レースを完勝したこの一戦。

強い3歳世代を退けて外からしっかり突き抜けましたが、ルメール騎手は昨年に続いて名馬のラストランを飾りました。

獲得賞金10億を超えるマイルの殿堂を築きましたが、マイルチャンピオンシップ2021の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

マイルチャンピオンシップ2021着順

優勝馬グランアレグリア

2着馬シュネルマイスター

3着馬ダノンザキッド

マイルチャンピオンシップ2021予想&予想結果

本命◎グランアレグリア

対抗〇シュネルマイスター

単穴▲ダノンザキッド

買い目=単勝◎300円、馬連ボックス各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝170円×3、馬連370円

マイルチャンピオンシップ2021予想・本命はグランアレグリア

パドックロード配信結果

◎1着→〇2着→▲4着→☆13着でした。

パドックロード(2021)11月度会員募集&前月度実績

データ予想では完全的中、おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう、嬉しい結果だった
大きな勝因は安田記念と違うハンデ差と見ていましたが

のりしお

はしくれ

もちろん仕上げも良かったんだけど、データ予想時からはそうだった
パドックもセミパーフェクトでしたね

のりしお

はしくれ

早速馬体診断していこう

〇1着→▲2着→☆4着→◎5着

東スポ杯はコメント馬5着も4頭全て掲示板入着

マイルチャンピオンシップ2021結果・馬体診断

優勝馬グランアレグリア

まず優勝馬グランアレグリアです。

同馬は今回いつもと同じでふっくらとした馬体を見せており、中2週の詰まった間隔でも問題を感じない仕上げでした。筋肉が多く毛ヅヤも光って歩様も乱れのないものでしたし、相変わらずマイル向きの馬体で詰まった胴が印象的でした。

天皇賞時は距離に壁がある馬体から無印評価でしたが、このときも距離がマイルの距離なら迷いなく本命の仕上げでした。今回も変わらずの好仕上げで体幹のしっかりした体型で、バランスが崩れることのないまま走り抜いた素晴らしい馬でした。

2着馬シュネルマイスター

2着馬はシュネルマイスターです。

同馬は動画の際は下腹が垂れ気味の文鎮体型ですが、こうして静止画にすると一気に締まって見える特徴があります。これは同馬が決して太くはなくバランスも良いと分かり得るもので、背中に一本の筋が通った体幹の素晴らしい骨格です。

筋肉も柔軟で質が高くボリュームも十分な馬体ですし、何よりトモがしっかりとしていて面積が大きく張りがあります。こうしたタイプはスピード・パワーの双方に優れる馬体ですから、どんな競馬もしっかりと結果を残せる好仕上げだと言えましょう。

3着馬ダノンザキッド

3着馬はダノンザキッドです。

同馬は全体の仕上がりこそは前走より良化していましたが、いかんせん気性が激しいために、発汗し、手が出せないものでした。はしくれは基本的にパドックで気性をあまり気にしていませんが、さすがに2周目以降もこうした状態で無印評価しました(気性については:入れ込みがキツイと競馬にならない?)。

白汗も目立ち、かなり興奮が抑えられないという感じですし、引き締まってきたことは良いものの怖くて選べない仕上がりでした。それでもレースを使えば最後もインディチャンプを負かしていますし、中距離体型ながら驚きの走りを披露した一戦でした。

ダノンザキッドは凄かったですね…

のりしお

はしくれ

気性的にはマイル向きだけどね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

マイルチャンピオンシップ2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は馬場が外差しに向いた馬場状態に徐々に変わっていて、外枠のグランアレグリアにとり、走りやすい状況となりました。インから抜けたシュネルマイスターも十分強い2着と言えますし、強い2頭が強い競馬をした一戦だったなと思っています。

また先週エリザベス女王杯で大穴が飛び込んだこともあって、予想家としてはそれに流されず、当てられたことが嬉しかったです。いつもご覧下さる皆様へと良い予想がお届けできるように、これからも誠心誠意取り組み、的中を狙いたいと思います。

最強競馬ブログランキングで週間MVPをいただきました。おめでとうございます

のりしお

はしくれ

のりしおにも凄く感謝してる
えっ…?

のりしお

騎手のコメント

1着C.ルメール騎手・・・「今日は2連覇できて本当に嬉しいです。ラストランでしたので、本当のグランアレグリアを見せたかったので、素晴らしい走りを見せてくれて本当に嬉しいです。そして、藤沢先生にとって多分GⅠはラストチャンスでしたので、それをあげることができて、それが嬉しいです。また、偶然自身の1500勝を達成できたことも嬉しいです。残念ながら天皇賞では最後ちょっと疲れてしまいましたが、今回はいいレースができて、直線では素晴らしい脚を使ってくれて、マイルでは一番強かったです

1着ノーザンファーム空港・宮崎亘加(のぶかず)氏・・・「ラストランを勝利で飾ってくれて、この馬に感謝しています。厩舎の方でしっかり仕上げたと思いますし、今回はルメール騎手が後ろにつけて、しっかり力を出してくれたと思います。年齢を重ねて落ち着いてきましたし、競馬を覚えて、本当に頭の良い子だと思います。デビュー戦は458kgで走っていましたから、やはり馬は成長していかないといけないなと感じています。あとは体調を整えて来春に備えたいと思います。子供にも成長力を伝えてほしいと思います。まずは産駒が無事に出産できるようにと思いますし、無事に牧場に帰ってきてほしいと思います。この馬の名前が大歓声という意味の名前でしたので、皆さんの前で優勝できたことを嬉しく思います

2着横山武史騎手・・・「安田記念で上手く行かなかったゲートが今日は上手く行きました。スムーズにいい位置が取れましたが、結果的に言えば外差しの馬場だったので、外枠が欲しかったです。与えられた枠でやるのが競馬なので、内枠なりに道中は上手く運んで、直線は外に出すことができました。今日は相手も強かったです」

4着福永祐一騎手・・・「前が流れてほしかったです。差し馬が強力で、出し抜きたかったんですが…。決め手勝負になった中で脚は使ってくれています

グランアレグリアは良い馬でした

のりしお

はしくれ

うん。本当、天馬みたいだった

マイルチャンピオンシップ2021結果データ

勝ちタイム=1分32秒6(良)

前半800m通過=47秒6

ペース=スローペース(2秒6差:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=32秒7

レース上がり3ハロン=33秒3

4角通過順=8→8→8番手

クッション値(当日午前7時半):10,2(やや硬め)

おわりに

今回はかなりのスローペースで瞬発力勝負となりましたが、それだけに外を回しても勝った勝ち馬の強さが際立ちました。グランアレグリアは距離短縮のスプリンターズステークスも勝って、瞬発力勝負では確実に上位と言える実績があります。

それだけに最後ダノンザキッドが追い込んだのには驚きましたが、川田騎手が5勝していましたし、鞍上効果もあったことでしょう。このあたりやはり他の馬よりも同馬を選んでの結果でしたし、ハンデ差や得意距離が現れた一戦だったなと感じています。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週も誠心誠意予想の配信をお届けして参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
よろしくお願い申し上げます

のりしお

4 COMMENTS

しがない学生

なるほど、おめでとうとは言っていないけどよくやったとはマジで思いました.
それと同時にお疲れ様という言葉も浮かびました。

返信する
はしくれ

残念です
礼儀というのはその人をはかる物差しの役割になるものです
どうかお幸せになってください
これまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です