菊花賞2021結果&馬体診断・優勝はタイトルホルダー

逃走劇。

前半1000mのペースでは1分丁度のペースを刻んで、スタートから最後まで逃げ切った皐月賞2着タイトルホルダー

4コーナーでも他馬無関係に自分の形にこだわっていった、思い切りの良い騎乗を果たした横山武史騎手も見事でした。

前走の不消化な一戦から見事に巻き返しを見せましたが、そんな菊花賞2021の結果を早速回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

菊花賞2021着順

優勝馬タイトルホルダー

2着馬オーソクレース

3着馬ディバインラヴ

菊花賞2021予想&予想結果

本命◎タイトルホルダー

対抗〇オーソクレース

単穴▲レッドジェネシス

特注☆モンテディオ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=的中:ワイド1050円

菊花賞2021予想・本命はタイトルホルダー

パドックロード配信結果

◎2着→☆7着→〇13着→▲16着でした。

パドックロード(2021)10月度会員募集&前月度実績

タイトルホルダーが無印でした

のりしお

はしくれ

これは反省をしているところで…
何か訳があってのことでしょうか。このあたりしっかり回顧しましょう

のりしお

はしくれ

うん!

▲1着→〇2着→☆6着→◎13着

10月の新馬戦もいきなり▲単勝万馬券馬を選出

菊花賞2021結果・馬体診断

優勝馬タイトルホルダー

まず優勝馬タイトルホルダーです。

同馬は今回スッキリと絞れ相変わらず距離も持ちそうであり、距離の延長に関して懸念は全くない仕上がりにありました。ではなぜ切ってしまったかというと、前肢の筋肉の張りが少なく、阪神の坂でこれが問題になるのではないかと考えました。

これが京都の開催であったら迷いなく選んだところでしたが、結果的には問題にならずに杞憂に終わったというところです。予想時から距離に問題ないと本命に抜擢していただけに、今後の阪神開催の際はリベンジを果たしたいと思います。

2着馬オーソクレース

2着馬はオーソクレースです。

同馬は今回やはり上昇を感じさせる仕上げに有りましたが、前走神戸新聞杯組にない毛ヅヤも光る仕上がりでした。長休明けを叩かれて今回全体に張りが目立っていますし、幅も有り坂も十分味方にできる仕上がりにあると見えました。

大外枠から最後もしぶとくライバルを競り落としていますから、この部分が役に立っていたのは間違いない事実だと思います。ただ優勝馬と比べて軽さの面では差があるのも確かですし、阪神の菊花賞でもこの部分は大事にせねばと思いました。

3着馬ディバインラヴ

3着馬はディバインラヴです。

同馬はタイトルホルダーと同じ前肢の筋肉量を懸念して、無印評価を下したのですがスタミナを感じる仕上がりでした。無駄な肉がなく、いかにも牝馬で腰周りの絞れた体型から、全体のバランスも秀でていて素晴らしい馬体の持ち主でした。

これだけ豪華なメンバー相手に3着したことも立派でしたが、馬格でも引けを取らない牝馬で牡馬とも比較できる骨格です。3000mの距離でなくても十分勝負になりそうに思え、中距離でもこれからの活躍に大きな期待が持てる牝馬です。

本命自体は馬券内でした

のりしお

はしくれ

とはいえ学ぶことが多かったね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

菊花賞2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は前半が流れていき中盤が1分5秒くらいで、道中かなり息を入れながらの進出ができた逃げとなりました。スタートから思い切り出したのが後続各馬へのけん制となり、急坂2回の長距離戦を踏まえ後続は金縛りに遭いました。

動くに動けない流れ自体は菊花賞らしいものでありますし、横山武史騎手のセンスの良さ、作戦が光った一戦でした。陣営も含めハナに行くことを決意していたことも功を奏し、天運が味方した結果だなと改めて思う5馬身差でした。

タイトルホルダーの父ドゥラメンテは菊花賞不出走の2冠馬です

のりしお

はしくれ

親子で合わせて3冠達成、これで真のタイトルホルダーだね

騎手のコメント

1着横山武史騎手・・・「前走が本当にひどい競馬だったんで、その分のリベンジというか、より一層勝ちたい気持ちがあったんで、結果が出せて良かったです。個人的にはこの馬にとって、距離は長いかなと思っていましたけど、終わってみれば強かったですね。馬の力を信じてあげられなかった自分が恥ずかしいですね。いつも真面目過ぎるところがあるので、一頭抜けてしまえばリラックスできることも知っていたので、無理してでもハナにこだわりました。馬とケンカしてペースを落とすくらいなら、リズムよく運んだ方が良いと思って、ペースはそんなに気にしなかったです。馬は余裕あったかもしれませんが、ジョッキーには余裕がなかったです。できればダービーも獲りたかったんですけど、2冠を獲れたことは頑張ってくれた馬に感謝しています。この馬は真面目過ぎるところが長所でもあり、欠点でもありますので、それを上手く使いわけできるような競馬ができれば良いなと思っています

1着岡田牧雄氏(岡田スタッド)・・・「姉がメロディーレーンで菊花賞5着に来てくれましたし、この血統は長距離馬だなと思っていました。前走が不消化な競馬でしたから、ジョッキーには「行けたら行ってくれ」と。かかるところのある馬ですから気持ち良くハナに行ってくれと。3歳牡馬クラシックは初めての勝利なので感慨深いものがあります。日高が頑張らないと競馬自体が面白くないと思いますので、頑張っていきたいと思います」

2着C.ルメール騎手・・・「いい競馬をしてくれましたが、3~4コーナーの反応が遅かったです。勝ち馬が強すぎましたし、いい競馬をしてくれたと思います」

3着福永祐一騎手・・・「やりたい競馬はできました。最後はフラフラでしたけど、いい経験になったと思います。陣営も良く仕上げてくれました」

レッドジェネシスは苦しがる感じで前走の反動かもしれない

のりしお

はしくれ

このあたり不良馬場の後だしね。馬体的には良く見えていたけど、確かに入れ込みも目立ったからね…

菊花賞2021結果データ

勝ちタイム=3分4秒6(良)

前半1400m通過=85秒4

ペース=ミドルスローペース(0秒5差:前後半1400m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒1

レース上がり3ハロン=35秒1

4角通過順=1→9→6番手

クッション値(当日午前7時半):9,6(標準)

おわりに

今回はブログ予想の本線ワンツーという結果になっていて、改めて不良馬場の反動を感じられる結果に思えました。レッドジェネシスは入れ込み具合がいつもと違うこともありましたし、ステラヴェローチェは多少細化してこれが厳しかったかと思います。

前走で不消化な競馬をしたタイトルホルダーには余力があり、結果的に本番でしっかりと能力が出し切れたレースでした。また横山武史騎手は非常にセンスにあふれた采配を見せて、馬の意図を汲みながら後続を完封する見事な騎乗でした。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週も競馬が楽しみになるよう、引き続き精進して参ります

はしくれ

来週もよろしくお願い申し上げます
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です