秋華賞2021結果&馬体診断・優勝はアカイトリノムスメ

赤い鳥。

アパパネを母に持つ同馬ですがオークス以来の休み明けのなか、強敵を破り、その血の力をまざまざと見せつけたこの一戦。

人気を背負ったソダシを見ながら好位の外を進出しましたが、ファインルージュの猛追を凌いだスタミナを感じる押し切りでした。

完璧なレース運びで敗れたソダシが心配な結果でしたが、そんな秋華賞2021の結果をしっかり回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

秋華賞2021着順

優勝馬アカイトリノムスメ

2着馬ファインルージュ

3着馬アンドヴァラナウト

秋華賞2021予想&予想結果

本命◎ソダシ

対抗〇ファインルージュ

単穴▲アナザーリリック

特注☆アンドヴァラナウト

買い目=単勝◎300円、馬連◎流し各100円、計600円。

予想結果=不的中

秋華賞2021予想・本命はソダシ

パドックロード配信結果

〇2着→☆3着→◎10着→▲13着でした。

パドックロード(2021)10月度会員募集&前月度実績

まさかのソダシが10着でしたが…2頭馬券内入着です

のりしお

はしくれ

これは敗因が不明確だよね…
それでも馬体で見抜いた2頭が馬券内です、復習をしましょう!

のりしお

はしくれ

よし!

▲1着→〇2着→☆6着→◎13着

10月の新馬戦もいきなり▲単勝万馬券馬を選出

秋華賞2021結果・馬体診断

優勝馬アカイトリノムスメ

まず優勝馬アカイトリノムスメです。

同馬は相変わらずバランスよくチャカついたような歩様をしますが、これ自体はいつも通りでもあり、懸念材料になりませんでした。非選出の最たる理由として前肢がまだ発達途上であり、牧場長からの「良くなるのは来年」のコメントも納得でした。

スタミナタイプで中々狙いが付けにくい馬体ではあるのですが、オークスと遜色ない仕上がりで毛ヅヤも光り輝いていました。発表としては良馬場でしたが昨晩降雨があったこともあり、坂でパワーとスタミナが問われるこのコースも合ったかと思います。

2着馬ファインルージュ

2着馬はファインルージュです。

同馬は常に成長を感じるボリュームたっぷりの馬体を見せて、今回もフワフワな毛ヅヤの良い素晴らしい仕上げになっていました。輸送を考慮したこともあってかまだ多少余裕があったのですが、この仕上げなら次走でエリザベス女王杯に出ても走れそうです。

馬格も大きく牝馬に見えない厚みが特徴的な馬ですが、これだけ高い柔軟性を持ち、維持していることは特筆でしょう。距離はおそらく2200mくらいまでなら持つと感じられ、外枠から差し込んでいますから地力強化は著しいでしょう。

3着馬アンドヴァラナウト

3着馬はアンドヴァラナウトです。

同馬は最後4番手指名とまだ腰に華奢さがある馬ですが、前走よりも張りが上昇して選出が必要と思いました。特にトモの張りは一級品で今持てる同馬の馬格としては、殆んど最高潮の仕上がりでこれが末脚を強化しています。

同馬の課題は「華奢さの解消」、この一点にあると思いますが、かといってこれだけバランスが良く出来ているのをバラすのも厳しく…。池添調教師らしいピッチリ感のあるところも好感なので、今後どういった変化を見せるか非常に注目されることでしょう。

超ハイレベルなパドックだった

のりしお

はしくれ

うん。ソダシも凄く良かったからね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

秋華賞2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

まず今回の最初の感想は「競馬は怖い」なということでした。ソダシは輪乗りからスタートまでを嫌ったり「走る気」に異変があり、直前になって不穏な空気が垂れ込めていたことは確かでした。

しかしレースはライバルも邪魔せず気持ち良く走れる流れでしたし、ペースもスローで十分なほどにお膳立ての整うレースでした。騎手の手綱や位置取りも完璧、非の打ち所の無いレース振りで、馬体も仕上がっていたことからもソダシの敗戦は驚きでした。

~記事公開後追記~

ソダシはゲートを出る前に「歯が折れていた」のではということです。

詳しくはデイリーの記事をご覧下さい。

ただ以前から吉田隼人騎手からは「気性の難しさ」は聞かれていました

のりしお

はしくれ

とはいえレースも完璧だからね…

騎手のコメント

1着戸崎圭太騎手・・・「ある程度いいポジションをと思いましたし、馬もそれに応えてくれました。手応えはありましたけど、前を見ながら行きました。反応良く直線も伸びてくれて、強い競馬だったと思います。今日の雰囲気を見ても、今までよりももう一段階上がったなという感じで、今後が非常に楽しみになりました。まだまだ成長すると思います

2着C.ルメール騎手・・・「精一杯走ってくれました。直線も良く来ていますが、坂を上がってから疲れてしまいました。ずっと冷静にいい競馬をしてくれていましたし、いずれGⅠを勝つことができると思いますよ」

3着福永祐一騎手・・・「イメージした通りに行けましたし、ソダシを交わす時の脚は凄く速くて勝ったかと思いましたが…。厩舎も上手く調整してくれましたし、馬もよく走ってくれています。成長途上の中、やれることを証明してくれましたし、来年が更に楽しみです」

10着吉田隼人騎手・・・「ずっと競馬を使ってきて、今日はポケットから出たくなかったり、ゲートを苦しがる素振りがあったり、競馬を嫌がる素振りがあったのかもしれません。イメージ通りの競馬は出来ていたのですが、苦しくて走れませんでした。楽なペースではあったのですが、今日はいつもの感じではありませんでした」

13着M.デムーロ騎手・・・「スタートして少し行きっぷりが良くなかったです。馬場も硬くて追走が大変でした。3コーナーから4コーナーは反応がありませんでした。直線に向いたらバタバタになってしまいました」

戸崎騎手はお手馬に最騎乗、いきなり結果を出す競馬でした

のりしお

はしくれ

冷静な人馬一体だった

秋華賞2021結果データ

勝ちタイム=2分1秒2(良)

前半1000m通過=61秒2

ペース=スローペース(1秒2差)

勝ち馬上がり3ハロン=33秒1(最速)

レース上がり3ハロン=35秒9

4角通過順=4→10→6番手

クッション値(当日午前7時半):8,1(標準)

おわりに

今回はやはり上りタイムから持久戦の様相が見て取れて、残り4ハロン地点で仕掛けた松若騎手(4着)もまたお見事でした。ソダシにとっては緩急のついたタイミングも向かなかったのではと、気性面に加えて感じたので今後も注意をしていきたいです。

またアカイトリノムスメはさすがにオークスで前から競馬していて、粘っただけはあるなと思わせるスタミナを感じる優勝でした。デムーロ騎手からは馬場が硬いとコメントが上がってはいるのですが、上りがかかる仕掛けやタイムから、タフなレースになったと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週も競馬が熱くなるよう、引き続き精進して参ります

はしくれ

来週もよろしくお願い申し上げます
よろしくお願い申し上げます

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です