セントライト記念2021結果&馬体診断・優勝はアサマノイタズラ

得意舞台。

キャリア6戦で5戦を経験、GⅡ2着の実績を誇る、中山を舞台に勝利を決めたアサマノイタズラの光る末脚。

前に行く馬が多くなりそうなメンバー構成ではありましたが、離れた中団を追走からの一気の脚は驚くものでした。

人気のタイトルホルダーは最後進路がなく流れ込んでいますが、そんなセントライト記念2021の結果を回顧していきましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

セントライト記念2021着順

優勝馬アサマノイタズラ

2着馬ソーヴァリアント

3着馬オーソクレース

セントライト記念2021予想&予想結果

本命◎オーソクレース

対抗〇タイトルホルダー

単穴▲ルペルカーリア

特注☆レッドヴェロシティ

買い目=馬連ボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

セントライト記念2021予想・本命はオーソクレース

パドックロード配信結果

〇3着→☆7着→▲8着→◎13着でした。

パドックロード(2021)9月度会員募集&前月度実績

珍しくブログ予想と同じ4頭選出となったのですが

のりしお

はしくれ

うん。タイトルホルダーの仕上がりはコメント入れるか迷ったほどだよ
結果的に対抗の休み明けオーソクレースが3着でしたが

のりしお

はしくれ

この馬も凄く良かったんだけど
上位2頭は強い競馬でした

のりしお

はしくれ

反省点が多いところだよね…


☆1着→◎2着→▲3着→〇9着

5週連続でオープン・重賞3着以内独占を達成

セントライト記念2021結果・馬体診断

優勝馬アサマノイタズラ

まず優勝馬アサマノイタズラです。

同馬は今回腹目が絞れて以前のボテッとした感じがなく、この点でかなり上昇を見せた雰囲気のある仕上げに有りました。ただ全体が緩く見えましたし、トモはしっかりと張っていましたが、発汗も合わせると多少懸念すべき点があるかと思いました。

ただスプリングステークスの際の2着より更によく見えましたし、ひと夏を超えて成長している姿を見せてくれたと思います。選出には至りませんでしたが皮膚の薄い感じも好仕上げで、はしくれが思うよりも能力がずっと高い馬だなと思います。

2着馬ソーヴァリアント

2着馬はソーヴァリアントです。

同馬はこのところ連勝を決め、状態自体は良かったのですが、特段強調材料が見えず印を回せない仕上がりでした。多少腰も緩いと感じたため迂闊に選出はできないかなと、菊花賞を見据えるとこの点がより引っかかって非選出でした。

しかしレースを見ると外をまくり、最後も鋭く抜け出しましたし、トモの強さがそのまま直線の瞬発力に変えられていました。むしろスタミナを感じる走りで馬体から予測できなかったので、これは自身が復習をせねばと反省する次第の結果でした。

3着馬オーソクレース

3着馬はオーソクレースです。

同馬は休み明けにも関わらずしっかりと馬体が出来ていますが、それもタイトルホルダーと迷って2番手評価とした仕上げでした。正直2頭が3番手以下の仕上がりを離していると感じて、個人的にワイドも買いましたが全く歯が立たないレースでした。

タイトルホルダーに不利がなければ4着の可能性もあったので、両雄並び立つことが実際、難しいものだと実感します。同馬自体は菊花賞へ向けて良いトライアルになっていましたし、馬体もスタミナを感じるもので切符が取れただけに楽しみです。

上位2頭は差す競馬でした

のりしお

はしくれ

これはきっちり復習しなくちゃ

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

セントライト記念2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回はイン前が有利である現在の中山の芝を踏まえ、先行してスタミナを発揮するタイプを選んで買っていきました。結果的に先行馬が集まり差し馬の進路が開きましたが、激しいポジション争いをせずに溜めた田辺騎手の好騎乗です。

特に4コーナーの出口でまだ後方に位置した競馬でしたし、いかに穴馬と言えどあの位置で溜め続けるのは度胸が要ります。坂でも素晴らしい末脚ですし、爆発力あるスピードを見せて、一気に駆け上がった走りからはコース適性を感じさせました。

しびれる追い込みの炸裂でした

のりしお

はしくれ

中山の田辺騎手らしかった

騎手のコメント

1着田辺裕信騎手・・・「全部捉えてくれるとは思わなかったです。馬の能力と言うか、ちょっと驚かされました。今まで乗ってきた嶋田騎手とも話して情報を集めたりしました。まさか勝ち切ってくれるとは…驚きました。行きたい馬が多くて、それに参加しちゃうとムキになっちゃうかなと思って、あそこまで後ろになるとは考えていなかったんですけど、リズムも良かったのでそうしました。先行馬の消耗も激しかったのだと思います。今日は正直余裕残しの部分もあったので、一線級の馬と戦ってきましたし、もうひとつ上を狙っていきたいです」

はしくれさんが思っていた通り、多少緩い仕上がりだったようで

のりしお

はしくれ

田辺騎手と同じ感想だけど、この馬は思うより強いんだね

セントライト記念2021結果データ

勝ちタイム=2分12秒3(良)

前半1000m通過=60秒5

ペース=スローペース(0秒9差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒6(最速)

レース上がり3ハロン=35秒4

4角通過順=11→3→8番手

クッション値=10,4(やや硬め)

おわりに

今回はクッション値もやや硬め、晴天でいかにも良の芝生で、メインまでのレースからもイン前有利は妥当だと思われました。先行馬乱立は確かですがペースもそう速くはなかったうえ、多少馬群もばらけていますからとにかく勝ち馬が強かったです。

上がり最速で駆け上がったのも驚くような強靭さでしたが、余程中山を得意としている馬なのだと思わずにおれません。ただ一頭上がりタイムにおいて34秒台計時ですし、これはもうただただ脱帽だなと、完敗を受け止める次第でした。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週は良い結果が出せるよう、引き続き復習して参ります

はしくれ

来週もよろしくお願いします
また、お会いしましょう

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。