セントウルステークス2021結果&馬体診断・優勝はレシステンシア

地力。

阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、GⅠ馬であるレシステンシアが、短距離転向2戦目のなかで優勝したセントウルステークス。

速いペースで飛ばしたこともあり4角は少し懸念しましたが、結局前で抜け出すと最後もピクシーナイトを凌ぎ切りしました。

中京千二は既に得意とも言える2戦2連対としますが、セントウルステークス2021の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

セントウルステークス2021着順

優勝馬レシステンシア

2着馬ピクシーナイト

3着馬クリノガウディー

京成杯オータムハンデ2021予想&予想結果

本命◎カレンモエ

対抗〇レシステンシア

単穴▲ピクシーナイト

特注☆ラウダシオン

買い目=◎・〇馬連流し各100円(それぞれから流す)、計600円。

予想結果=的中・馬連590円

セントウルステークス2021予想・本命はカレンモエ

パドックロード配信結果

〇1着→☆2着→▲3着→◎5着でした。

パドックロード(2021)9月度会員募集&前月度実績

3着以内独占の結果でした。おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう。カレンモエが5着だったけど…
かなり好仕上がりと見ていました

のりしお

はしくれ

強い5着だとは思うんだけど…惜しかったね


〇1着→☆2着→▲3着→◎5着

日曜メインは4週連続3着以内独占を達成

セントウルステークス2021結果・馬体診断

優勝馬レシステンシア

まず優勝馬レシステンシアです。

同馬は相変わらずバランスよくトモの大きさが目立つ馬ですが、スレンダーな部分も残しながら硬さがないところが好感です。ややパドックではぼやけていますが1周前の周回直前に、同馬の大写しを見た時点で買い目に入れることは決まりました。

大柄でありながら絞れている全体を常に維持していますし、ノーザンファームの仕上げは相当大きな力になっているでしょう。皮膚も柔らかく良化の余地あり、8割5分の仕上げと言えますし、またGⅠでは上を目指せると感じさせる素晴らしい馬体です。

2着馬ピクシーナイト

2着馬はピクシーナイトです。

同馬は福永騎手が言う通り「アジャストしていない」部分があって、パドックでは4番手の評価も素晴らしい筋肉が見られました。まだ下腹が絞れていませんしこの点がきっちり出来ているなら、最後の僅差は詰められていたと思わせるような好勝負でした。

幅があっていかにも短距離馬の馬体の作りをしているのですが、マイル戦より合う距離に移って良かったなと心から思います。適性を見抜きレースを選んだ音無調教師はさすがですし、外枠スタートながら好走を見せた気性面も好感でした。

3着馬クリノガウディー

3着馬はクリノガウディーです。

同馬はGⅠを見据えるうえで賞金が少し足りないことから、前哨戦のここではきっちりと馬体をつくっての参戦でした。毛ヅヤも冴えて皮膚がピッチリ張り、いかにも筋肉質に感じさせ、好調が一目で分かる素晴らしい状態を作り上げてきました。

上位2頭が特に強いために3着という結果にはなりますが、パドックでの仕上がりが結果にもそのまま現れる馬と言えます。ここのところ選出する機会が増えていることもある馬でしたが、上位人気も納得の馬体で今後も楽しみな一頭でしょう。

本命カレンモエはどう見ますか?

のりしお

はしくれ

まだまだ、初のGⅡだったしね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

セントウルステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は開幕週の馬場からイン前有利の予想で臨んで、1週間前に出した予想もそのまま的中と相成りました。紫苑ステークスと京成杯が出走馬確定した時点での、予想を上げながら外したことで読みやすさの差が浮き立っています。

中京の芝は全てが野芝でイン前有利で良いはずでしたが、意外と差しも届く感じに見え、多少馬場はクッションを感じます。このあたり開催が進むことでどうなるかなとは思っていますが、天候が荒れなかったこともあり、来週も継続かと思います。

さすがに力勝負になりました

のりしお

はしくれ

それだけに上位馬は本当に強い

騎手のコメント

1着C.ルメール騎手・・・「ギリギリセーフ。凄い早いスタートをしましたし、前を取ることができて良かったです。3~4コーナーで逃げた馬の後ろで息を入れることができました。最後の直線は外に出したらいい脚を使ってくれました。左ムチを使ったら最後もう一度伸びてくれたので、クビ差粘ることができました。最後は能力で勝つことができました。GⅠで結果を出すことができると思います

GⅠに手応えありの感じで

のりしお

はしくれ

8割5分の仕上げでこれならね…

セントウルステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分7秒2(良)

前半600m通過=32秒9

ペース=ハイペース(1秒4差・600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒0

レース上がり3ハロン=34秒3

4角通過順=2→6→4番手

クッション値=9,7(標準:当日午前7時)

おわりに

今回はレシステンシアの強さを再認識するレースでしたが、2着のピクシーナイトも最後はよく差を詰めてきたなと思います。馬体の作りは違うタイプでも能力的には近いものがあり、ピクシーナイトもまだ上が狙えGⅠは更に期待が持てます。

速いペースでどれだけスピードを活かせるかという一戦でしたが、前哨戦からガチな戦いで出た結果だけに価値が高いです。中山の芝の推移がどういう経過を辿るかにもよるのですが、2頭とも走って不思議はないと思うセントウルステークスでした。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。明日は良い結果が残せるように、引き続き復習して参ります

はしくれ

今週もありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です