札幌日刊オープン2021予想・本命はディアスティマ

函館。

例年札幌で開催された札幌日刊オープンですが、今年は函館開催最後の週の芝メインレースになります。

函館の芝はBコースになり先週から馬場が変わりましたが、ややイン有利が残る馬場ながら差しも利いてきた難解馬場です。

それが予想の楽しみを広げているとも思える一戦ですが、札幌日刊オープン2021の予想を公開します。

はしくれ

馬群は多少ばらけると想定
天気もなんとか持ちそうですね

のりしお

札幌日刊オープン2021予想・印&買い目

本命◎ディアスティマ

対抗〇ボスジラ

単穴▲シークレットラン

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

▲2着→☆3着→〇4着→◎6着
*日曜新潟関越Sは最低人気☆3着馬抜擢。プロの相馬は

札幌日刊オープン2021予想

本命◎ディアスティマ

本命◎はディアスティマです。

同馬は前走天皇賞から3か月ぶりとなるレースですが、その天皇賞春は6着と初GⅠでも好走しました。元々京成杯で3着と重賞実績がある馬ですし、長距離戦で頭角を現しオープン返り咲きも納得です。

そして同馬はこの天皇賞で画像の通りに馬体も立派で、腹目がきっちり絞れたタイプでスタミナを感じさせるものでした。ここを大目標にした結果の3か月ぶりのレースになるため、間隔が開いていること自体はさほど気になるものではありません。

むしろ3か月以上の間隔が開いている時は3ー0-0-0、新馬戦も含め全勝なのでこれは頼もしいデータと言えます。逃げ脚質で他に行く馬にも競りかけられなさそうな展開で、相手関係を思えばここではアッサリもあるのではと思います。

対抗〇ボスジラ

対抗〇にはボスジラです。

同馬は前年当レース2着、強さを見せた存在なのですが、今年は函館コースに替わってどうなるかが不安な一頭です。しかし距離実績があることからこの点では十分有利ですし、滞在競馬は合っているようで洋芝自体は得意な馬です。

2600mの2勝は他には見られない成績ですし、特殊な距離で洋芝な点から対抗以下には落とせないでしょう。ローテーションでは半年振りでの出走となる点がネックですが、3か月以上の休み明けでは2-0-0-0と期待大です。

仕上げの巧みな国枝厩舎で横山武史騎手の手綱という、丹頂ステークス勝ちのコンビを継続できることも大きいです。まだインの芝生が生きていますし内枠3番もロスが無いので、中団で脚を溜めて行けたなら末脚発揮に支障ないでしょう。

単穴▲シークレットラン

単穴▲はシークレットランです。

同馬は今回大外枠からスタートとなる点はネックですが、鞍上にルメール騎手を確保し、この点が楽しみな一頭です。末脚タイプで中山の坂も苦にせず追い込むパワーも保持して、長距離向きのスタミナも感じる素質上位の存在と言えます。

その同馬は一度だけ鞍上にルメール騎手を迎えた過去があり、その時も2着に持ってくるなど、好走している点は強みです。ダンカーク産駒で馬体の長い長距離向きの馬体も特徴で、絞れていればオープンクラスでも十分やれる下地があるでしょう。

またこの鞍上のルメール騎手は先週重賞を勝っていますし、今の函館の馬場の乗り方をしっかり把握していることでしょう。この点は大外枠から攻める差しが必要な同馬にとっては、間違いなくプラスと言えますから最後3番手に抜擢します。

札幌日刊オープン2021買い目

当ブログは現在欲をかかず回収率重視としているので、的中率の上昇の顕著な単複でばらけて買っていきます。

単勝&複勝各100円、計600円で買っていきます。

札幌日刊オープン2021当日のパドック予想

はしくれさんは先週函館の新馬戦でもワンツーしています

のりしお

☆1着→◎2着→▲4着→〇5着

はしくれ

5頭立てだからさすがにここはね。でも、少頭数はプレッシャーだよ
コメント入り馬の複勝圏入り、取り敢えずしっかり確保しました

のりしお

はしくれ

少しでもお役に立ちたいからね
函館に強い馬の特徴

のりしお

はしくれ

引き締まっているスタミナタイプ

札幌日刊オープン2021は8月7日(土曜日)、札幌競馬場第11レース15時35分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です