函館記念2021結果&馬体診断・優勝はトーセンスーリヤ

圧勝。

新潟大賞典を勝ってから煮え切らない競馬が続いていた、トーセンスーリヤが3馬身差で突き抜けた今年の函館記念。

荒れる重賞の本領発揮で二桁人気馬が2頭突っ込み、3連単は20万馬券も、2番人気馬による勝利でした。

イン前有利な馬場が継続し最後は時計もかかっていますが、そんな函館記念2021の結果を回顧致しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

函館記念2021着順

優勝馬トーセンスーリヤ

2着馬アイスバブル

3着馬バイオスパーク

函館記念2021予想&予想結果

本命◎ワールドウインズ

対抗〇トーセンスーリヤ

単穴▲マイネルファンロン

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝450円・複勝180円

函館記念2021予想・本命はワールドウインズ

パドックロード配信結果

 

〇1着→▲6着→◎7着→☆8着でした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

対抗馬による1着でしたね

のりしお

はしくれ

かなり高次元な仕上げだったね
二桁人気2頭が来ましたが…診断よろしくお願いします

のりしお

はしくれ

うん。この2頭も見どころがある

函館2歳ステークスでは◎〇本線ワンツー

函館記念2021結果・馬体診断

優勝馬トーセンスーリヤ

まず優勝馬トーセンスーリヤです。

同馬は前走時に新潟大賞典を4着としていますが、その時より更に馬体が締まり、ツヤも良く、良い仕上げに有りました。特に腰周りがパンとしていて独特の頼りなさが抜けており、スラっと見せる無駄のない馬体がかえって好感を得るものでした。

トモもパンパンで外郭がかなりくっきりと浮かび上がる状態で、本命と迷うほどの状態をしっかり捉えられる仕上げでした。落ち着いていて歩様も柔らかく、非常にバランスの良い馬ですし、品のある独特の雰囲気有る同馬の良さが際立つものでした。

2着馬アイスバブル

2着馬はアイスバブルです。

同馬はこれまでも馬体的には常に悪くない仕上がりでしたが、今回は緩い部分が薄れて、締まりのある全体にありました。4番枠は好枠の2枠でこれも前進に役立ちましたが、パドックでも気になる仕上げであり、状態も間違いなく上でした。

目黒記念で連続で2着をとった昨年とは訳が違って、今年は得意のそのレースでさえ8着という結果でありました。そのため人気は薄かったですが、むしろ仕上がりは上昇していて、枠の助けも確かにありますが、驚けない2着だと思います。

3着馬バイオスパーク

3着馬はバイオスパークです。

今回最も悔しかったのは同馬を選び出せなかったことで、手元のメモでも記録をしながら、最後選び切れず無印でした。バランスも良く、黒光りしていて、悪い部分は全くないために、上位評価できる仕上がりにあり、それだけに悔しい一戦でした。

同馬は以前より馬体が締まりシャープさが増したように見えますし、メリハリが強くなったと見られて、完成度が上昇していました。ここにきて旬と言えるものですし、リピーターは来ないレースでもあり、外枠から3着に来たことは好調がモノを言ったことでしょう。

なんだかんだと的中しましたが、随分悔しそうにしていますね

のりしお

はしくれ

もう少しで2頭選べたからね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。温かいご声援に感謝して、気を引き締めて走って参ります

函館記念2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今年は函館の馬場が見易く的中させやすい状態ですが、やはり荒れる重賞の傾向が遺憾なく発揮されてもいました。2枠のアイスバブルは馬体面、スタミナ面からも有り得ましたが、とにかくバイオスパークに関してもったいなかったなと思われます。

基本的にインが活きていますし直線膨れることは厳禁で、せいぜいインから2~3頭分の馬場に収めたいところと言えます。洋芝らしく時計も遅くなり、最後はスタミナが問われますから、この点も加味しながらの予想を続けて行けたらなと思われます。

やはりイン前が優勢でしたね

のりしお

はしくれ

天気が良くて変化が少ない

騎手のコメント

1着横山和生騎手・・・「嬉しいです。プランは決めてなかったんですけど、スタートも上手に決めてくれましたし、周りがちょっと流れていったので、リズムよく走ろうと思いました。イメージ通りですね。具合の良さは中間の調教から伝わってたんで、あとは自分が焦らなければと思いながら乗っていました。交わされることはないだろうなと思いながら直線は乗りました

函館記念2021結果データ

勝ちタイム=1分58秒7(良)

前半1000m通過=58秒5

ペース=ハイペース(1秒7差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒5

レース上がり3ハロン=36秒0

4角通過順=2→11→3番手

クッション値(当日8時20分)=7,4(やや軟らか)

おわりに

クッション値にある通り函館は洋芝らしいタフな馬場でもあり、且つその実は高速馬場的なイン前有利な良い状態です。東京などで置き換えてみるなら高速馬場のなかでも重馬場の、切れ味が殺がれる前が有利な馬場状態のようでもありましょう。

またトーセンスーリヤを導いた横山和生騎手は先行から、こうして押し切る競馬は得意でこれも圧勝に寄与していました。いいコンビだなと思っていますし、お互いのキャラが活かし合えるので、これからもこのコンビの継続で頑張ってほしいなと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、次の的中を狙っていきます。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です