函館2歳ステークス2021結果&馬体診断・優勝はナムラリコリス

重賞。

現2歳世代最初の重賞・函館2歳ステークスでしたが、勝ったのは好位で折り合っていたナムラリコリスと泉谷騎手です。

若駒に若手騎手が騎乗して世代重賞一番乗りとなり、フレッシュな風を感じる結果で、内容も完勝のレースでした。

夏は牝馬の格言の通りに牝馬のワンツーフィニッシュでしたが、そんな函館2歳ステークスの結果を早速振り返りましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

函館2歳ステークス2021着順

優勝馬ナムラリコリス

2着馬カイカノキセキ

3着馬グランデ

函館2歳ステークス2021予想&予想結果

本命◎カイカノキセキ

対抗〇メリトクラシー

単穴▲ナムラリコリス

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝740円・複勝210円・210円

函館2歳ステークス2021予想・本命はカイカノキセキ

パドックロード配信結果

◎1着→〇2着→▲4着→☆9着印通りのワンツーでした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

さすがはプロの相馬眼でしたね。ワンツーおめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう。函館が好調だね
土曜日最初のレースの新馬も、印通りの結果となりました

のりしお

◎1着→〇2着→▲3着→☆4着

はしくれ

少頭数だけに緊張した
解説もよろしくお願いします

のりしお

はしくれ

うん。しっかり回顧していくからね

函館2歳ステークスでは◎〇本線ワンツー

函館2歳ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬ナムラリコリス

まず優勝馬ナムラリコリスです。

同馬は比較しても胴が長くスタミナ優勢のタイプでもあり、この点が洋芝にも向いていて脚は溜まるだろうと思いました。ツヤも良く特にトモに張りがあり外側部の下部が張り出していて、相当瞬発力のありそうな後肢だなと思った仕上がりです。

全く無駄なく絞れた馬体も好感が持てる仕上がりでしたし、体幹もよく柔軟性があり、牝馬にしては馬格もありました。やはりこの点がポメランチェなどの小柄な牝馬より優勢なので、本命に推す決め手としましたが良い結果が現れ嬉しいです。

2着馬カイカノキセキ

2着馬はカイカノキセキです。

同馬は予想時から馬格があり筋肉質なことを加味しており、実際にパドックで確認して確信を深めた仕上がりでした。ナムラリコリスのトモを見るまでは本命で行けると思いましたが、この部分で後者に譲ったため対抗評価までと致しました。

全体のバランスと幅に加えツヤも良く引き締まった全体で、距離の延長も問題にならず函館も行けると思われました。札幌より函館の芝生では多少スタミナが問わてきますが、収縮した馬体から伸びやかな胴もプラスに出たと思われます。

3着馬グランデ

3着馬はグランデです。

同馬は全体的に筋肉が優勢で幅に厚みが出ており、芝よりもダートの方がしっくりくるくらいの仕上がりに見えました。ただバランスが良い仕上がりなので立ち回りさえ上手くやれたのなら、こうした入着も有り得るかなと思える状態には感じました。

上位2頭は強い馬でしたし、4着のイチローイチローにせよ、3番手評価した馬ですからこれに先着は強い競馬です。坂井騎手の好騎乗もあるのでこの分の補正は必要ですが、短距離は合っているようですからこれからも注目の存在です。

なんとはしくれさん、5週連続土曜ブログ予想が的中です

のりしお

はしくれ

う~ん。日曜も当てたいんだけど…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。温かいご声援に感謝して、気を引き締めて走って参ります

函館2歳ステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

このところ土曜が好調なのは天気が変わりにくい北海道、その大地の開催のおかげだとしみじみと感じているところです。やはり天気が変化してしまうと馬場読みが外れやすくなりますし、展開にも変化が見られるのでこの点はかなり大きいでしょう。

洋芝についても当ブログではコラムを展開してきましたから、こうしてきちんと結果が出るのは自身嬉しい気持ちでもあります。芝の変化は常にありますから固定概念だけに囚われずに、新しい常識を取り入れつつ対処していきたいなと思います。芝状態と芝適性。知らないと損をする?

洋芝でもイン前有利ですね

のりしお

はしくれ

クッション値はかなり低かったけど…

騎手のコメント

1着泉谷楓真騎手(初重賞制覇)・・・「素直に嬉しいです。勝てるチャンスはあると思っていたので、自分の乗り方次第でした。モノに出来てほっとしています。ゲートは元々我慢できますし、行く馬の直後につける競馬が理想的だと思っていました。直線で慌てて、ちょっと仕掛けが早かったなと後で思いました。馬の力で何とか最後まで1着で駆け抜けることができて、ほっとしています。牝馬ですけど他の2歳より馬体もしっかりとしていますし、前走でここを走るのを意識して肩ムチ程度に抑えていました。順調に来てくれましたし、距離が延びても大丈夫だと思います。攻め馬で我慢させていたことが、結び付いていると思いました」

函館2歳ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分9秒9(良)

前半1000m通過=33秒7

ペース=ハイペース(2秒5差・600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒7(4位)

レース上がり3ハロン=36秒2

4角通過順=3→3→6番手

クッション値(当日8時20分)=7,2(やや軟らか)

おわりに

データを見ると当日クッション値7,2という数字も出ており、晴天の割に随分数値が軟らかくなったなと思いました。月曜に芝刈りをしていますし、金曜日の散水の影響か、これくらい軟らかい馬場になったこと自体は想定とズレました。

洋芝らしいスタミナが問われるクッション性に富んだ馬場でしたし、馬体面からもそうしたタイプに向いた馬場だと感じるものでした。走破タイムは平年のレベルで、馬場が軟らかいことを踏まえれば、距離延長も大丈夫に見えるナムラリコリスはまた楽しみです。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、次の的中を狙っていきます。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です