ラジオNIKKEI賞2021結果&馬体診断・優勝はヴァイスメテオール

完勝。

最内2番枠からスタートに気をつけたという丸山騎手が、巧みに前に押し出して勝利のラジオNIKKEI賞2021。

降雨がそれほどでもなく馬場状態も稍重ということになって、結局は開幕馬場がそのまま影響した決着となりました。

4角から抜け出すときの脚が凄かったヴァイスメテオールですが、そんなラジオNIKKEI賞2021の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ラジオNIKKEI賞2021着順

優勝馬ヴァイスメテオール

2着馬ワールドリバイバル

3着馬ノースブリッジ

ラジオNIKKEI賞2021予想&予想結果

本命◎ボーデン

対抗〇プレイイットサム

単穴▲ヴァイスメテオール

特注☆アイコンテーラー

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

ラジオNIKKEI賞2021予想・本命はボーデン

パドックロード配信結果

◎6着→→☆8着→〇9着→▲16着でした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

完敗でしたね

のりしお

はしくれ

誠に申し訳ございませんでした

CBC賞馬券内2頭選出

ラジオNIKKEI賞2021結果・馬体診断

優勝馬ヴァイスメテオール

まず優勝馬ヴァイスメテオールです。

同馬は今回緩く見えたためパドックでは切ってしまいましたが、腹目は絞れてスッキリと見せる悪くはない仕上がりにありました。今回は非常に悩みが多くじっくり選出を致しましたが、力及ばず会員の皆様にお詫び申し上げたいと思います。誠に申し訳ございませんでした。

正直もう一度やれるとしても同馬を選び切れる自信はなく、展開面の影響も相当大きかったところだと思います。結局は前もそう速くならずに開幕馬場のイン・前残りなら、馬体がどうこういう問題ではないという思いに至っています。

2着馬ワールドリバイバル

2着馬はワールドリバイバルです。

同馬は前肢がペシャっとしていて良いとは思えない仕上がりですが、この仕上がりは別のレースの際、入着する馬が他にいました。福島の今の馬場の独特の優位性があるようにも思われ、今後の相馬を見据える上では同馬の2着は意味が深いです。

体幹的には真っすぐでもありこの点は良いと思いましたから、なんとなくフニャっとしたこの形、これを覚えておきたいところです。開催が進んでも使えるのか、どうなのか未知数ではありますが、来週以降もこういう馬体に注意していきたいと思います。

3着馬ノースブリッジ

3着馬はノースブリッジです。

同馬は前走時より明らかに腹目が絞れて上昇していて、毛ヅヤも良く、体幹も真っすぐで一度は選出馬の候補でした。繰り返し確認をしている内、ややトモの張りが弱いかと思い、結果的に切ってしまいましたが、上位馬では特に良い仕上げです。

このところ相馬眼の修正に追われる事態が多くなっており、おそらくはディープ産駒が少なくなってきたことが現れています。同馬はモーリス産駒でもあって大柄で幅のあるタイプですし、馬場が合わないかと思いましたが杞憂だったという3着でした。

いよいよ相馬眼も別次元に入ってきたという感じですかね

のりしお

はしくれ

うん。これはプロの相馬師としては食らいつかなきゃいけない事態だよ

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。変遷する相馬に対するべく、学習を重ねたいと思います。

ラジオNIKKEI賞2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は天気の読みが外れて直前に稍重になっただけで、それほど重馬場適性が強く影響したとは思っていません。開幕馬場らしい結果となってイン前有利がそのまま現れ、掲示板は全て4コーナーで5番手以内の馬になりました。

ハッキリ言って6番手以降の馬には競馬にならないところで、外差しは最早論外だったと言っていいレースの展開でした。この馬場を読めたかどうかに加え、たいしてペースが上がらないことの、2点を読み違えている時点で敗戦やむなしの決着でした。

馬場の影響が強かったことも、パドックの不利に繋がりました

のりしお

はしくれ

稍重自体は考慮したけどね。展開が味方してくれなかった

騎手のコメント

1着丸山元気騎手・・・「イメージ通り乗れました。ここ2回がゲート出てなかったので、ゲートだけ気をつけて。あとはペースが流れる感じもあったので、良いポジションで。最初行きたがったんですけど、しっかり我慢してくれました。(手応えは)ラクでした。新馬戦の時も能力ある馬だなと感じたんですけど、デカい馬だったので特有の緩さなどが有ったので。久々に乗せてもらって、力付けてましたね。」

ラジオNIKKEI賞2021結果データ

勝ちタイム=1分48秒0(稍重)

前半1000m通過=60秒7

ペース=スローペース(0秒9差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒8(最速)

レース上がり3ハロン=35秒2

4角通過順=5→3→1番手

クッション値(当日7時)=8,5(標準)

おわりに

かなり逃げ先行馬が揃っての一戦という状況に加えて、馬場がもっと渋りスタミナの要るタフな競馬を予想していました。ところがせいぜい稍重止まりで降雨の影響もあまり見られず、ペースもなんとスローペースになり、驚くべき展開になりました。

中距離とはいえ千八ですからここまで緩くなるとは思われず、馬場読みも外れ、パドックもダメと、散々な1レースとなりました。やはり競馬はこうして外れると全く面白くはありませんし、これが読めないと当たらないことも本当に厳しいと思われます。

ただ返す返すもこれが競馬で、やる以上読まねばなりませんから、夏の始まりから現実的に厳しい結果を受け止めています。来週こそ馬場の変遷を読み的中を狙いたいところですし、もう少し馬券の買い目もひねり、回収していきたいと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。今後も更に上昇できるよう努めて参りたいと思います。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です