天保山ステークス2021結果&馬体診断・優勝はピンシャン

単騎逃げ。

前走の鎌倉ステークスでも逃げ切って見せたピンシャンでしたが、逃げ馬不在のここでも逃げ切り鮮やかな2馬身半差快勝。

川田騎手に替わった前回から連勝を飾った一戦ですが、ほぼ想定通りの展開から苦手なコースを克服しました。

スタートではサヴィに譲りながら結局は逃げた判断でしたが、ス天保山ステークス2021の結果を公開しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

天保山ステークス2021着順

優勝馬ピンシャン

2着馬バティスティーニ

3着馬サヴィ

天保山ステークス2021予想&予想結果

本命◎ピンシャン

対抗〇コカボムクイーン

単穴▲ドウドウキリシマ

特注☆サヴィ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=的中・ワイド590円(トリガミ)

天保山ステークス2021予想・本命はピンシャン

パドックロード配信結果

☆1着→◎3着→▲7着→〇10着でした

パドックロード(2021)6月度会員募集&前月度実績

今回は3番人気だったサヴィを本命に指名しました。ハンデ差2kgも馬券内ですね

のりしお

はしくれ

本当にすごく頑張ってくれて…感動した3着だったよ
阪神では9レースの際にも3着以内独占としました。少頭数のなか1番人気を抜いての本線的中ですが

のりしお

▲1着→〇2着→◎3着→☆5着

はしくれ

よく見えたから選んで良かったよ
宝塚記念も楽しみですね

のりしお

はしくれ

そうだね。全力で配信する

*土曜日本命◎単勝回収率100%超え

天保山ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬ピンシャン

まず優勝馬ピンシャンです。

同馬はいかにもダート短距離を得意とする体型に見えますが、その胴体は短く全体もややずんぐりとしている馬体です。首差しが太くスタートダッシュがいかにも利きそうな特徴ですが、今回はサヴィの方が出が良く、一瞬溜めたようにも見えました。

これにより前半の3ハロンが過度なペースに速まることはなく、結局行き切りながら想定の34秒台計時でした。同馬は前半が速くなければそうそうダレることはないですから、コーナーを利して更に脚を溜め、楽々と逃げ切る展開でした。

ご覧の通り馬体も全体が柔軟でまとまりがありますから、東京のような大箱コースでなくても元々走れる馬です。川田騎手の手腕にもよりますが、東京で粘り抜いていることも、最後の瞬発力勝負の際活かされていたことだと思います。

2着馬バティスティーニ

2着馬はバティスティーニです。

同馬はこれまでも配信中で何度か気にしてきた馬でしたが、今回は少し腰が巻き気味でこれがどう出るかなと思いました。スタミナ切れを起こす仕上がりにも見えなくもないという判断から、非選出としてしまったのですが、結果は杞憂となる2着でした。

いつも一本背中に筋のある、芯の真っすぐな馬体をしていて、針金が入っているかのような体幹に好感を得る馬です。先に伝えた腰の判断から白い汗による懸念も踏まえて、無印評価には致しましたが、総合力の高い馬体でした。

筋肉は柔らかい馬ではなく、芝よりもダートが合いそうですし、昨年からのダートの転向は良い方に出ていると思われます。コース実績も重ねていますし、昨年は11着でしたから、見事な巻き返しで証明した衰えない馬体だと思います。

3着馬サヴィ

3着馬はサヴィです。

同馬はもっと正面で馬体を眺めたいところではありましたが、全体がふっくらと張りがあって、張り詰めた雰囲気を感じました。ボリュームのある全体の感じと馬体重以上に大きく見せる、フワフワのツヤをまとった仕上げで、コメントを入れるかで迷いました。

実際大柄なメンバー中でピンシャンに次ぐ2番目の軽さで、468kgの馬に、とても見えない充実感でした。一見すると500kgあろうかという馬格に映る馬でしたし、それだけ内面から充実したオーラを放っている仕上げでした。

トモも張っていて丸み十分で外側の輪郭がしっかりして、旬の馬に見られる毛色の濃いツヤめきもうっとりするものでした。ハンデの2kg差は響きましたがそれでも馬券内確保でしたし、条件が好転すればどこでも、好走できる好仕上がりでした。

今回の決め手になったこととは?

のりしお

はしくれ

特に毛色の濃さとツヤめきかな

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。更に上位を埋め尽くせるように、これからも挑戦して参ります

天保山ステークス2021結果・回顧

レース後の感想

今回は予報通り天候もほぼ曇りという天気でしたから、極端なスピードで回るような前半にはならないで済みました。予想3ハロン34秒台想定がドンピシャリでしたし、ピンシャンの川田騎手が前半をソロっと出したのも好感でした。

やはり乗れている騎手の判断は素晴らしいものだと思いましたし、逃げるピンシャンが出るのを見ながら、各馬待っている感じもしました。この前半で誰かがぶっちぎり、先手を主張していかないのなら、逃げるピンシャンは捉まらないと思いながら観戦していました。

58kgの重量ながらも3着のサヴィも立派でしたし、2着に来たバティスティーニにしても、よく脚を伸ばしたなと思います。後方の馬に楽な展開とならなかった一戦でもあるので、バティスティーニの末脚は今後も警戒が必要かと思います。

強い馬の単騎逃げ切りでした

のりしお

はしくれ

ピンシャンのこれからも注目だよ

天保山ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分23秒1(良)

前半600m通過=34秒5

ペース=ハイペース(2秒2差・600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒8

レース上がり3ハロン=36秒2

4角通過順=1→12→2番手

おわりに

今回は軸が立てにくいかなとワイドボックスを買ってみましたが、ピンシャンが実に鮮やかに走り、軸でも良かったなと思いました。写真判定のハナ差の結果がバティスティーニ2着ということから、どのみちワイドのみの当たりですが、考えさせられる一戦でした。

あるいは1番人気単勝が440円ついたことも、好配当と言えるものですから、こちらが惜しかったかもしれません。買い目の悩みは尽きないのですが、少しでも上手く買っていきながら、下半期の回収率を上げていくことができたらなと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。明日も真剣勝負でお楽しみいただけるよう頑張っていきます。

はしくれ

これからもよろしくお願い申し上げます
よろしくお願い申し上げます

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です