マーメイドステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週は開幕週の阪神、マーメイドステークス2021の発走が近づいています。

昨年の優勝馬は50kgと軽ハンデだったサマーセントで、ハンデ戦らしい難解さのある特徴的な一戦と言えます。

ハンデ差が悩ましいところですがそれ以外の要素も洗い出して、少しでも的中に向け過去の傾向を紐解きたいと思います。

また文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

マーメイドステークス2021過去10年の傾向

マーメイドステークス2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠:7枠(橙)=6年6頭3勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):なし

前年3着以内リピーター:なし

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:0頭

⑥人気:1番人気4頭・2番人気4頭・3番人気2頭・4番人気1頭・以下19頭

⑦好走騎手(3回以上):酒井学騎手3回(1勝)

⑧ハンデ:50~56kg

⑨走破タイム:良=1分59秒1~2分0秒5、稍重=2分1秒1(2020のみ)

⑩好走厩舎(3頭以上):石坂正厩舎3頭(1勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬9年9頭5勝

⑫馬体重:438~524kg

⑬4角5番手以内:10頭(4勝。うち逃げ馬は2頭1勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):ディープインパクト6頭(3勝)・マンハッタンカフェ4頭(1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由10頭(主な前走=ヴィクトリアマイル3頭、福島牝馬S3頭、阪神牝馬2頭、金鯱賞・目黒記念各1頭)オープン5頭(大阪城S2頭他)、3勝クラス10頭(パールステークス8頭、他)、2勝クラス5頭

⑯前走後間隔中1週~3か月=30頭

前走人気:15番人気以内

⑱前走最低着順馬:2017マキシマムドパリ1着=大阪城ステークス13着

⑲ペース:ハイ0、ミドル5、スロー5

枠順確定前のイチオシ

マーメイドステークス2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

ムジカ

*同馬は残念ながら除外となってしまいました。ご了承のうえご覧下さい

同馬は前走ローテ優勢の福島牝馬ステークス経由で、このときは5着でしたが前が開かずに進路には苦労をしました。上がり33秒9ですがこれはしっかり進路さえ開いたら、まず最速も有り得た勢いで前哨戦としては上々です。

ハンデが鍵になる存在ですが未だ1勝馬の身でもあるため、重賞2着の実力馬ですがそう見込まれることはないはずです。秋山騎手も据え置きで当該コースでも2着があることからも、スローペースの差し比べであれば実力は発揮しやすいでしょう。

これまでもキャリア15戦中で上がり最速の計時は7回、3位以内では11を数え前走は不利も影響しました。母父にディープインパクトの血で今をときめくエピファネイア産駒、適度に人気も薄そうですから傾向的に狙いは立つでしょう。

*マーメイドステークス2021の予想はマーメイドステークス2021予想・本命はアンドラステ

はしくれさんはムジカの前走でパドックの本命に推しています

のりしお

▲2着→◎5着→〇7着→☆11着

はしくれ

これは本当に悔しかったなあ…
傾向の追い風もありますから、今回もまた狙い目になります

のりしお

はしくれ

パドックでも楽しみな馬だよね

以上マーメイドステークス2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またマーメイドステークス2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です