青葉賞2021結果&馬体診断・優勝はワンダフルタウン

史上初。

左回りで強い競馬を見せ、久しぶりの実戦の今回、変わらぬ姿でファンを魅了した1枠2番のワンダフルタウン

道中はアオイショーら先行する各馬を見ながら折り合いをつけ、直線に入って追い出されると最後まで伸びて優勝しました。

年明け初戦が青葉賞というローテーションからは史上初めて、優勝した同馬の馬体面も解説していきたいと思います。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

青葉賞2021着順

優勝馬ワンダフルタウン

2着馬キングストンボーイ

3着馬レッドヴェロシティ

青葉賞2021予想&予想結果

本命◎キングストンボーイ

対抗〇ワンダフルタウン

単穴▲モンテディオ

特注☆グレアリングアイ

買い目=単勝◎300円、馬連◎流し各100円、計600円。

予想結果=的中・馬連1080円

青葉賞2021予想・本命はキングストンボーイ

パドックロード配信結果

〇1着→◎2着→☆7着→▲8着本線ワンツー的中です!

パドックロード(2021)5月度会員募集&前月度実績

やりましたね、5月最初の重賞も本線でワンツーでした

のりしお

はしくれ

ありがとう、しかし本線2頭は本当に良い仕上がりにあった
珍しくブログ予想と全く同じ4頭を選出しました

のりしお

はしくれ

4頭とも良かったし、凄くそれが嬉しくてワクワクしちゃった
まるで少年のようなはしゃぎようですね。ワンダフルなタウンに住むキングストン少年というところでしょうか

のりしお

はしくれ

い、いきなり来たね…必殺のダジャレ
それじゃあキングストンさん、馬体面の解説よろしくお願い致します

のりしお

はしくれ

だれがキングストンじゃい…

青葉賞2021結果・馬体診断

優勝馬ワンダフルタウン

まず優勝馬ワンダフルタウンです。

同馬は週中のコラムにおいて青葉賞向きと提示しましたが、今回もやはり東京の、しかも長距離向きの馬体にありました。2400mは同馬の庭と言える距離適性にあって、コンパクトな馬体はふっくらして休み明けを感じないものでした。

正直パドックでは入れ替えるか本命・対抗で迷ったほどで、多少なり降雨があったことから僅かに同馬が出たと思います。超大型と言って過言でないメンバー構成となった中でも、幅で負けず非常にバネを活かす走りでスタミナの続く馬です。

馬場は特段気にならないですし、年明け初戦がこの快走なら、ダービーのメンバーと戦っても善戦以上が期待できましょう。調教の動きも良好ですし、デビューから和田騎手で変わりません。コンビの絆も強いものですし大一番も楽しみな馬です。

2着馬キングストンボーイ

2着馬はキングストンボーイです。

同馬は共同通信杯ではパドックで良く見せませんでしたが、冬場で緩い腹目にあったためこれさえ絞れたらと見ていました。それが今回しっかりと叶って筋肉も張りがしっかり出ており、柔軟性をなくさない辺りはさすが藤沢厩舎所属でした。

柔軟性とスタミナを重視で優勝したライバルと比べると、パワーとスピード重視の馬体で脚を伸ばすのが同馬の型です。降雨が少しだったことも踏まえ本命で行けると思いましたが、多少タイムがかかった点からも考慮すべきだったかと思います。

ただ芯がとてもしっかりしていて、バランスが良くボリュームもあるので、この距離に限らず距離短縮も秋以降あって不思議ないでしょう。道中もマークされていましたし、追い出しもワンテンポ遅れました。降雨もあって最後もハナ差なら胸を張れる2着だと思います。

3着馬レッドヴェロシティ

3着馬はレッドヴェロシティです。

同馬は非選出馬で最大の警戒をしていた存在ですが、3着に入りこちらを上位に取れていればと悔やむ存在です。その最大の理由が大柄な馬体にも関わらず絞れており、瞬発力よりスタミナによって押し切りを狙える体型でした。

正直中山であれば同馬を4番手にしても良かったですし、東京の長い直線はもたず差されるのではと思っていました。レースでは殆んど描いたような展開でジリジリと伸びましたし、更に距離が延びても問題ない全体に伸びのある骨格です。

馬体の大きさに比例していて完成度が高い一頭ですが、こちらはダービーを見据えるよりも菊花賞が面白く感じます。その際は少し垂れた印象の腹袋をもう一段絞って、一発を狙って仕上げてくれば楽しみな存在となりそうです。

もう菊花賞を見据えていますね

のりしお

はしくれ

適性が問われるレースだからね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。これからも皆様とご一緒に感動を追い求めて参ります。

青葉賞2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は非常に馬体レベルが高いなかで開催されましたが、長距離に向いた仕上げの馬体がとても多く見られるレースでした。ダービーを意識するのはもちろん、菊花賞へ向けても期待できる、多少晩成傾向の見られるパドックになったように思います。

ブログ予想で指名した各馬がそれぞれきちんと出来ていたことは、4頭全てとなると久々で非常に感激するところでした。やはり予想の入り口は複数持っていると味わいが増しますし、当ブログの使命ともなっている、ノウハウを広めたいと思います。

パドックでは同じ4頭ですが、▲と☆は入れ替えましたね。こちらは7→8着と順列に比例する結果も現れました

のりしお

はしくれ

狙うはパーフェクト予想だからね

騎手のコメント

1着和田竜二騎手・・・「なんとか凌いでくれると思ってました。爪が悪くなってしまって、皐月賞が間に合わなくて。調教は変わらず凄い動きでしたし、権利獲らないとダービー出れないかもっていう賞金でしたんで、勝って本番を迎えるというのが何よりだと思います。雨ももってくれましたし、枠が良かったのでいいところ付けたいなと思っていました。スタートも上手になってきましたし、この馬の競馬しやすい流れになったんで、どこを抜けようかと思いましたが、強い競馬だったと思います。休み明け伸びないっていうのはこの馬の特徴ですし、その中でも伸びてくれましたし、成長を感じる内容だったと思います。正直状態的にはまだまだだなと思っていたので、これを叩いて次良くなると思います。皐月賞に出ていた馬に挑戦状を叩きつけたいと思います」

1着高橋義忠調教師・・・「休み明けでしたので無事に回ってくるというのが第一でした。今年1月の頃は歩様が悪くてクラシック戦線は難しいかなと思うくらい状態が良くなかったです。そこからよくここまで調整できました。目指すのはダービーです。およそ1か月ですので反動がないかしっかり見ていきます」

2着C.ルメール騎手・・・「まだ子供ですが距離は大丈夫そうです。ゴール前はいい脚を使って伸びてくれました。」

3着M.デムーロ調教師・・・「展開が向かなかったです。スムーズな競馬がしたかったのですが、向こう正面も、3コーナーも密集していて、ちょっと内が狭くなってしまいました。いい脚を使ってくれましたが」

青葉賞2021結果データ

勝ちタイム=2分25秒2(良)

前半1000m通過=60秒5

ペース=スローペース(1秒1差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒4(8位)

レース上がり3ハロン=34秒8

4角通過順=5→7→7番手

当日のクッション値(午前7時)=9.2(標準)

おわりに

今回の予想ポイントとしてはワンダフルタウンの休養明けで、どの程度力を発揮できるか、この点が最初だと思いました。過去の傾向を紐解いてみると休み明けの馬はあまり走らず、まして年明け初戦がここという馬は皆無という成績でした。

そんななか馬体も仕上がってきて休み明けを感じない1勝で、史上初の快挙を飾ったのは同馬の地力のなせる業でしょう。青葉賞はタイムが遅い方が本番に繋がるレースですから、馬体的なことも含め非常にダービーに期待できることでしょう。

そしてはしくれがお届けしているパドックロードのコンテンツですが、変わらず安定感を発揮して本線ワンツーを果たしています。これもひとえにご声援下さる会員様と皆様のおかげと、心よりの感謝を申し上げて気を引き締めて臨んで参ります。

ダービー月で毎週GⅠが行われる豪華な季節ですし、まだ配信も4週を残して配信数的にお買い得です。この機会に一度プロの相馬を体験してほしいと思いますし、ご一緒に感動を追いかけつつ楽しんで行けたらと思います。

そしてまた次の更新の際も、お会いいただけたなら幸いです。

はしくれ

天皇賞春でも頑張ります
またお会いしましょう

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です