皐月賞2021結果&馬体診断・優勝はエフフォーリア

圧勝。

初の中山が懸念されていた2番人気のエフフォーリアですが、終わってみれば3馬身差となるワンサイドゲームで一冠奪取。

横山武史騎手が絶賛する強さを遺憾なく発揮しながら、最後も余力を感じる走りで無敗の皐月賞馬となりました。

マイナス10kgも勝負仕上げで更に良化を見せた同馬ですが、馬体診断とレースの回顧を行って参りたいと思います。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

皐月賞2021着順

優勝馬エフフォーリア

2着馬タイトルホルダー

3着馬ステラヴェローチェ

皐月賞2021予想&予想結果

本命◎ダノンザキッド

対抗〇エフフォーリア

単穴▲ラーゴム

特注☆アサマノイタズラ

買い目=単勝◎300円、馬連◎流し各100円、計600円。

予想結果=不的中

皐月賞2021予想・本命はダノンザキッド

パドックロード配信結果

◎1着→〇4着→☆8着→▲15着本命エフフォーリアが優勝です!

パドックロード(2021)4月度会員募集&前月度実績

本命◎の優勝、おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう、エフフォーリアは前走時より上昇していた
複数頭の馬券圏内には、あと一歩及びませんでしたが

のりしお

はしくれ

これはもっと上を目指さないと
とはいえはしくれさんは現在、平地重賞で本命馬が9戦連続馬券内となります。ご存知でしたか?

のりしお

はしくれ

えっ…?そうか、昨日の中山GJでオジュウチョウサンが5着だった以外は…
そうなんです。その中山GJにしても、他3頭で上位独占でしたし

のりしお

〇1着→☆2着→▲3着→◎5着

はしくれ

平地重賞でまだまだ記録を伸ばせるよう、頑張っていかなくちゃ
できればダービーまで伸ばしたいですね!そのダービーに向けてどう評価するか、その点も診断お願いします

のりしお

はしくれ

うん!

皐月賞2021結果・馬体診断

優勝馬エフフォーリア

まず優勝馬エフフォーリアです。

今回の皐月賞はどの馬もハイレベルな馬体にありましたが、仕上がりという点を考えると、同馬が一番の仕上がりでした。調教では近2週連続のほぼ馬なりでの調整でしたが、マイナス10kgが良い方に出てスッキリとした馬体にありました。

この馬は非常に重厚感が特長の馬体をしているために、スピード全開で競馬をできる東京競馬場が合いそうです。そういう意味でもダービーは特に不安のない舞台だと言えますし、距離が伸びても問題なさそうで本命候補に違いないでしょう。

また前肢も幅があってパワーも申し分ない馬体に見えますし、お腹周りも充実を感じるどっしりとしたお腹周りでした。この状態を保っているだけで好勝負可能かと思いますが、更に張って体幹が真っすぐになってきたらもっと走れるでしょう。

2着馬タイトルホルダー

2着馬はタイトルホルダーです。

同馬は前走時よりも一段、ぴしっと締まった好馬体にあり、最初は3~4番手選出も視野に入っていた仕上がりでした。この点レッドベルオーブに加えダノンザキッドとも迷いましたが、選出できていればよりお役に立てたのにと残念な気持ちです。

それくらい好仕上がりにあるため、悪い点は全くありませんし、腹袋も更にスッキリとしてこれなら東京も走れそうです。全体に無駄のない馬体ですし、皮膚が薄くスタミナもありそうで、2400mの距離ならこなせる下地はあると思います。

今回は中山コースでしたし、それでいてスッキリと見せたことは、次走を睨んで更に状態を上げてきたと見て良いと思います。2着以下は僅差となりましたが、力は上位にある馬ですから、引き続きダービーでも好走を期待できる仕上がりと言えましょう。

3着馬ステラヴェローチェ

3着馬はステラヴェローチェです。

同馬はふっくらとして幅を大きく見せるのが特徴のタイプですが、今回は全体が締まっていて判断の難しい仕上げでした。前走時は5着に敗れており、これを太目と結論づけたなら、あるいは選出することができた一頭だったのではと思います。

全体的にはマイル向きに見え、より筋肉が付きそうな馬体で、それに耐えうる馬格を持っていて将来性も高そうな馬です。また全体がマイル向きと言えど2400mの距離なら、今回のように展開次第で善戦可能と言える馬体です。

要は万能タイプの体型でレースに合わせて仕上がってくれば、それなりに好走できるタイプで底力があることが分かります。全体が柔らかい馬体ですし急坂も苦にしませんでしたから、重賞勝ちの東京の舞台で楽しみにできる一頭でしょう。

ということで・・・

ソダシに続く無敗の一冠馬誕生という結果でしたね

のりしお

はしくれ

うん。エフフォーリアの仕上がりは1周目から目を引いていたしね
ダービーが楽しみですね

のりしお

はしくれ

うん

皐月賞でもご期待をくださり、誠にありがとうございました。これからも皆様とご一緒に感動を追い求めて参ります。

皐月賞2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

予想時にはインがあまり伸びずに外差しになると踏んでいましたが、これが大きく外れてインを突き伸びた3頭で決着しました。昨日の降雨からも回復して重馬場スタートと思えないほど、晴天になれば馬場が良くなるということも感じた一戦でした。

稍重で2分0秒6なら及第点と言える時計ですし、勝ったエフフォーリアは時計がないことが不安点となっていました。これを跳ね返す圧勝でしたし、ダービーが高速馬場になっても、前目で立ち回れる馬ですから心配は要らないと思われます。

無敗の皐月賞馬の誕生で、2冠目も狙える勝利でしたし、調整次第では3冠馬への切符も手にできるかもしれません。シンボリルドルフは上の世代にミスターシービーがいたわけですし、3冠馬の誕生が連続となっても不思議はないと思います。

ダノンザキッド、残念でしたね

のりしお

はしくれ

次に期待だね

騎手のコメント

1着横山武史騎手(GⅠ初制覇)・・・「デビューから乗せていただいた馬で、よくここまで順調に来てくれたなと思っています。なんとかここでもいい結果をと思ってましたし、それを現実にできて良かったです。プレッシャーが凄かったんですけど、自分が持てる技術と、この馬の能力をしっかり発揮できれば、絶対勝てると言い聞かせて勝負に臨みました。思ったよりペースが流れませんでしたが、凄く良いポジションも取れていましたし、進路をどこにするかと思いましたが、結果4コーナーは狭いところを良く割ってくれたと思います。最後の最後まで勝利は分からなかったです」

2着田辺裕信騎手・・・「ハナを取りに行きましたが、取れなかったことが競馬なので仕方がありません。ペースや取りたいコースを取ることができ、この馬自身頑張っています。向こう正面で他の馬が来たときにムキになりそうでしたが、辛抱してくれました。最後の直線では勝ち馬にジリジリと離されてしまいました。勝った馬は力が上だと感じましたが、この馬も力をつけていますね

3着吉田隼人騎手・・・「ゲートが練習のときと違いましたが、出た後は枠も良く人気馬を見る形で行きました。いつでも外に出られるような位置にいましたが、内が開いていたので内に切り替えて、勝ち馬の後ろから良く伸びています。向こう正面で少し噛むところがありましたが、このあたりは2400mを意識しながらレースができましたし、次につながる競馬だったと思います

皐月賞2021結果データ

勝ちタイム=2分00秒6(稍重・過去10年で7番目の時計)

前半1000m通過=60秒3

ペース=ミドルペース(0秒0差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒7(2位)

レース上がり3ハロン=37秒0

4角通過順=4→1→8番手

当日のクッション値(午前7時)=7.9(やや軟らか)

おわりに

今回優勝の横山武史騎手はGⅠ初優勝となり、和田竜二騎手に次ぐ若さでの皐月賞制覇を達成しました。父・横山典弘騎手もセイウンスカイで皐月賞を勝っており、親子制覇を達成したことは価値ある記録になると思います。

日本馬は既に海外に出ても活躍することができていますし、人的資産についても成果が現れて来ていると感じました。人気馬に乗って結果を出すのは簡単な事ではありませんから、日本ダービーでもこのコンビの活躍を期待したいところです。

またダノンザキッドは前走より馬体があまり変わらない感じで、パドックも3番手にしましたが、このあたりも響いたと感じます。もっと張りを見せるタイプですから、マイナス体重から回復して、一段と張った馬体で日本ダービーに出てほしいと思います。

このあたりは簡単でないことは重々承知していることですが、上昇を果たしてまた素晴らしい馬体になることを願っています。そしてはしくれ自身予想力を更に磨いて相馬も向上し、複数頭見抜いて行けるように鍛えて参りたいと思います。

またパドックロードの会員様、今ご覧下さるあなたにとって、充実した情報が届くようこれからも精進して参ります。

そしてまた次の更新の際も、お会いいただけたなら幸いです。

はしくれ

今週も、ありがとうございました
ありがとうございました☆

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です