大阪杯2021調教診断・上位3頭を選出

こんにちは、はしくれです。

今週は古馬の頂上決戦・大阪杯が開催されますが、コントレイルとグランアレグリアの一騎打ちもささやかれています。両馬ともに規格外の名馬でかたや無敗で3冠を制覇し、もう一方もマイルとスプリント2階級制覇を成し遂げました。

しかしながら調教だけを見るとこの2強評価通りとは言い切れず、むしろ1強評価も有り得ると思える状態になってきました。もちろん調教だけが結末を握っているわけではありませんが、どちらが好内容かというなら一方に決められる追い切りです。

現在有料化も検討中のこの調教診断なのですが、このところご覧下さる読者の方が着実に増えてきています。それだけに一層技術を磨き上を目指したいと思いますので、これからもお楽しみいただければこれ以上ない幸いです。

それでは大阪杯2021の調教診断に参りましょう。

大阪杯2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:コントレイル

<栗東 坂路 良 50.6-37.2-24.5-12.3 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはコントレイルと致しました。

同馬は一週前の調教で栗東CWを使われて、馬なりで好タイムを披露してこの時点で出来上がっていました。そこで今回の追い切りとしてはかなり軽めになると踏みましたが、実際のところは調子のままに速いタイムで走破してきました。

坂路で50秒6というのは相当速い時計と言えますし、今の阪神は時計が出るのでスピードを出す調整は吉です。一週前もウッドで4ハロン49秒7を出していて、馬なりで出色のタイムを見せた豪快な突き放しを見せました。

このとき既に仕上がっていながら今回も速い時計をマークし、ジャパンカップより更に上向きは疑いようのない状態でしょう。今回は関西圏の競馬で輸送減りも心配要りませんし、実力発揮に向けお膳立ては整っていると見て良いでしょう。

調教2位:ペルシアンナイト

<栗東 CW 良 82.6-66.3-51.1-37.7-11.7 やや強め>

調教2位はペルシアンナイトです。

同馬は前走の金鯱賞時も非常に良い追い切りを消化して、当欄で2位評価をしましたがパドックは一息の仕上げでした。それは調教で見るより実際太目残りに感じられたからで、8着敗退も結果的には納得のいくところに見えました。

それでもやはり追い切りは上々、今回は前回を凌ぐほどの、末脚の切れを見せる追い切りで馬体も更にシャープになりました。前回はスローの流れ的にもあまり向かない展開にも感じ、今回は巻き返す馬づくりはしっかりと出来たように思います。

有馬記念では不慣れな距離でも優勝馬とはコンマ6秒差で、中距離で調子が上がってくれば善戦しても不思議はありません。3年前2着の舞台ですし当日の仕上がりが良好なら、今回の好内容が活かされ復活もあるかと思っています。

調教3位:レイパパレ

<栗東 坂路 良 52.9-39.0-25.3-12.4 やや強め>

最後は内容が良化してきたレイパパレを3位に指名します。

同馬は一週前の調教で多少強めに追い出されながらも、あまり気のない走りで4ハロン55秒5というタイムでした。同馬くらいの実績があるならこのタイムは凡走の分類で、この調教でどれだけ今週が変わってくるか疑っていました。

それが今週の追い切りを迎えガラリ一変の調教を見せて、素軽い動きで切れを発揮してラストも12秒4としました。しっかり負荷をかけつつ加速したラップ構成も良好でしたが、馬体も切れ味を現している無駄のないシャープさが目につきます。

元々スレンダーな馬体ですし、それでいて筋肉もありますから、当日モデルのような仕上がりで出走することが期待されます。今回はこの上昇度を買って3位評価としたわけなのですが、当日の仕上がりが良好なら、それ以上も期待できる馬です。

大阪杯2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開しています。GⅢダービー卿チャレンジトロフィーを現在公開中ですから、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

先週マーチステークスの際は2~3位評価に選出した、ヒストリーメイカー・メモリーコウがそのまま評価通りに食い込みました。馬体面も見て判断できることがはしくれの強みでもあるので、この点を更に活かしてこれからも取り組んでいきたいと思います。

それでは今週の大阪杯もあなたに幸運が訪れますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です