大阪杯2021過去10年の傾向とイチオシ

こんにちは、はしくれです。

今週日曜は阪神競馬場で大阪杯が開催され、コントレイルが今年初戦となる一戦を迎えることとなります。

菊花賞で3冠を獲ったあと矢作調教師が長距離戦を「2度と使わない」と述べたことからここは力の入るところでしょう。グランアレグリアサリオスも共に休み明けは苦にしない馬なので、3強対決と目されるのは無理のないことだろうと思います。

また、現在阪神の芝馬場は連戦にもよらず良好であり、京都の改修工事を見据えた馬場作りが生きていると言えます。芝が刈られてクッション値が高く硬い馬場になるのなら今以上、スピードが出てもおかしくないのでこの点は加味すべきところでしょう。

そして文末では傾向的に最も注目するイチオシ馬も、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

大阪杯2021過去10年の傾向

大阪杯2021・過去10年3着以内傾向

*GⅠ昇格前2017以前も対象

①好走枠:3枠(赤)=6年7頭2勝(全30頭中)

➁苦戦枠:1枠(白)=過去10年で3着以内なし

前年3着以内リピーター:4頭

④牝馬:3年3頭2勝

⑤3歳馬:4歳以上戦

⑥人気:1番人気8頭・2番人気7頭・3番人気1頭・4番人気5頭・以下9頭

⑦好走騎手:福永祐一騎手4回(0勝)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=1分57秒8~2分1秒0、稍重=2分5秒5(2012)、不良=2分2秒9(2015)

⑩好走厩舎:池江泰寿厩舎4頭(4年2勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:6年6頭3勝

⑫馬体重:454~540kg

⑬4角5番手以内:18頭(6勝。うち逃げ馬は2頭0勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ディープインパクト8頭(4勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由28頭(主な前走=有馬記念7頭、京都記念5頭、中山記念5頭、金鯱賞4頭、JC2頭、凱旋門賞・菊花賞・神戸新聞杯・AJCC・中日新聞杯各1頭)、大阪城S・調布特別各1頭

⑯前走後間隔:中2週~3か月=25頭、4か月以上=5頭(全馬重賞経由)

前走人気:12番人気以内

⑱前走最低着順馬:2011年3着エイシンフラッシュ=有馬記念7着

⑲ペース:ハイ0、ミドル4、スロー6

枠順確定前最注目馬

大阪杯2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

コントレイル

類まれなバランスを持つ馬で次世代を担う3冠馬ですが、3強が延長ローテのなかで同馬は短縮ローテが好感。JC以来で間隔が空くも休み明けは負けなしの成績で、好走騎手である福永騎手の連続騎乗も頼もしいところ。

3冠馬としてはオルフェーヴルが優勝した過去もあり追い風で、10年連続関西馬による勝利で地の利があると言えましょう。更に父ディープインパクトの代表産駒で血統でも優勢、時計の速い馬場はレコードでの走破があることからも向くでしょう。

古馬との対戦も既に終わらせアーモンドアイとも戦っており、実績、馬場、ローテンション、主戦騎手どれをとっても一枚上です。傾向的にはかなり盤石な本命馬と言えそうな存在で、今年初戦を勝利で飾るには狙い目の一戦だと言えましょう。

以上大阪杯2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。また大阪杯2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です