日経賞2021調教診断・上位3頭を選出

こんにちは、はしくれです。

今週土曜は中山競馬場で日経賞が開催されますが、カレンブーケドールの始動戦として注目が集まるところです。

同馬も好調教に見えますが他にも更に調教においては、良さそうに見えた馬もいますのでここで紹介したいと思います。日経賞は2500m戦という点も特徴ですが、急坂が控える中山なのでこの点も考慮していきたいです。

現在有料化も検討中のこの調教診断なのですが、このところご覧下さる読者の方が着実に増えてきています。それだけに一層技術を磨き上を目指したいと思いますので、これからもお楽しみいただければこれ以上ない幸いです。

それでは日経賞2021の調教診断に参りましょう。

日経賞2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ダンビュライト

<栗東 坂路 良 51.8-37.9-24.6-12.5 馬なり>

今回1位に選出したのはダンビュライトと致しました。

同馬は今回栗東坂路で4ハロン51秒8とし、馬なりで途中抑えるくらいの余裕を見せてフィニッシュとしました。明らかに状態は上を向いて馬体も張ってツヤがありましたし、前走同様調教的には文句ない仕上がりだと思います。

京都記念ではパドックロードの会員様限定配信した、調教診断に2位選出で3位という結果を残しました。この時は6番人気でしたが高水準な調教がそのまま、レースに直結した感じですし、それだけに侮れないところです。

前回よりも更に内容では濃いうえにタイムも遜色がなく、状態は変わらず良い状態で出走してくると予想されます。元々パワーもあるタイプですし見た目も全く太め感はなく、距離をこなせるだけの状態にはあると見て1位指名致します。

調教2位:ムイトオブリガード

<栗東 坂路 良 52.7-38.4-24.8-12.4 ゴール前強め>

調教2位はムイトオブリガードです。

同馬は1週前の調教で栗東CWで調整され6ハロン80秒7という好タイムを披露して駆けました。このときは一杯に追いましたしその影響も濃く出ていましたが、その意欲的な調整ぶりには目を見張るものがある走りでした。

元々体型的にバランスがいいとは言い難い馬なのですが、その最大の理由になっている腹袋もかなり絞れています。これが特長ということもあって中山の馬場は合うはずですから、よりバランスが良くなることからも期待は大きくなると言えましょう。

追い切りはラストで強めに追われタイムが伸びてきた格好ですが、変わらず意欲的なものでしたし、何か鬼気迫るものを感じます。タイムも優秀ですが全体の内容を評価したい調教で、この距離は得意でもあることから侮れない存在と言えましょう。

調教3位:カレンブーケドール

<美浦 坂路 稍重 52.1-38.2-25.2-13.0 やや強め>

最後は力を見せた実績馬カレンブーケドールを抜擢です。

同馬は調教のタイムはいつも良好で仕上がりも良いのですが、今回は最後に控えるほどの手応えの違いを見せてきました。一見最初はコーナーを回る際にやや押し出されていましたが、加速力が半端ではないためにこういった追い切りにしたのでしょう。

指示を出されればすぐに反応し、あっさり併走馬を煽るほどで、それができれば今度は併走に戻す柔軟性を兼ね備える。好位で立ち回る馬に最も必要な要素が垣間見られて、年明け初戦もまず問題なく迎えられそうだなと感じました。

また時計面はラスト1ハロン13秒0となっていますが、稍重馬場のうえ最後抑えて併入するために堪えています。追えば追うほど伸びたはずですからこの点は動きを上位にとって、さすがに指名せずにはおけないと判断して3位に指名します。

日経賞2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開しています。GⅢマーチステークスを現在公開中ですから、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

先々週GⅢ中山牝馬ステークスでは1位に選出した、ランブリングアレーが見事7番人気で優勝を果たしました。馬体面も見て判断できることがはしくれの強みでもあるので、この点を更に活かしてこれからも取り組んでいきたいと思います。

それでは今週の重賞戦もあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です