弥生賞ディープインパクト記念2021過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週は中山競馬場にて

クラシック最大の前哨戦

弥生賞ディープインパクト記念が

発走予定となっています。

 

皐月賞と同じ舞台でもあり

3冠路線を占う上では

とりわけ重要な一戦なので

各陣営力が入るでしょう。

 

ホープフルステークスを快勝の

ダノンザキッドの名も見られますが

この2歳中距離王者の行く手を

阻むものが現れるのでしょうか。

 

それでは今回も過去10年の

傾向を探って参りますので

最後に取り上げる一押し馬にも

ご注目下されば幸いです。

弥生賞ディープインパクト記念2021過去10年の傾向

弥生賞ディープインパクト記念2021・過去10年3着以内傾向

 

①好走枠:7枠(橙1勝)=7頭(全30頭中)

➁苦戦枠:1枠(白)=1頭。ただし前年サトノフラッグが優勝

前年3着以内リピーター:3歳限定戦のためなし

④牝馬:0頭(出走予定なし)

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気6頭・2番人気5頭・3番人気3頭・4番人気4頭・以下12頭

⑦好走騎手:福永祐一騎手4回(2勝)

⑧ハンデ:馬齢

⑨走破タイム:良=1分59秒9~2分3秒2、稍重=2分1秒8~2分3秒9、重=2分2秒9~2分3秒3

⑩好走厩舎:池江泰寿厩舎2年(2頭1勝)・堀宣行厩舎2年(2頭0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:7年連続7頭(3勝)

⑫馬体重:450~506kg

⑬4角5番手以内:20頭(9勝逃げ馬は2017マイスタイルのみ)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ディープインパクト9回(8年:9頭近5年5連勝中

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由22頭。主な前走:朝日杯FS7頭(2勝)、ホープフルS4頭(0勝)、京成杯(3頭0勝)、東スポ杯(2頭1勝)、きさらぎ賞(2頭1勝)、ラジオNIKKEI杯(2頭0勝)、共同通信杯&京都2歳S(各1頭1勝)、非重賞(8頭=若駒S3頭)

⑯前走後間隔:中2週~4か月=30頭。

前走人気:8番人気以内

⑱前走最低着順馬:2015ブライトエンブレム2着=朝日杯FS7着

⑲ペース:ハイ1、ミドル3、スロー6、近2年連続ミドルペース

 

枠順確定前最注目馬

 

弥生賞ディープインパクト記念2021

過去10年の傾向から

枠順確定前の最注目馬は…

 

 

ダノンザキッド

 

GⅠ昇格後のホープフルステークスからは4頭が入着。このローテでは勝ち馬がいないが昨年はコントレイル不出走。今年は優勝馬である同馬が出走し重賞経由馬が少ない。4角5番手以内で進める機動性からも最有力。

またデビュー以来上がり最速を3戦連続で記録しており、7年連続7頭が該当の上がり最速筆頭候補。気性面が課題と言われるなかスローペースばかり勝ち切っており、道中我慢もしきれているため傾向的には不安は少ない。

 

以上、弥生賞ディープインパクト記念2021の過去10年の傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です