中山記念2021結果・優勝はヒシイグアス

 

覚醒。

 

中山金杯で勝利を飾り

重賞ウィナーの仲間入りをした

ヒシイグアスが接戦を制して

4連勝で駆け抜けた直線。

 

内からは京都金杯優勝

ケイデンスコールが追いかけてきて

東西の金杯優勝馬での

ワンツーという結果になりました。

 

タイムも速くレースレコードでの

決着というおまけつきでしたが

中山記念2021の

結果を振り返って参りましょう。

中山記念2021結果

優勝・・・ヒシイグアス

2着・・・ケイデンスコール

3着・・・ウインイクシード

中山記念2021予想結果

本命◎・・・ヒシイグアス

買い目・・・複勝◎600円

予想結果=的中・複勝150円×6=900円

中山記念2021予想・本命はヒシイグアス

中山記念2021結果データ

勝ちタイム=1分44秒9(レースレコード)

前半800m通過=46秒3

ペース=ハイペース(0秒8差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒2(最速タイ)

レース上がり3ハロン=35秒3

4角通過順=4→4→1番手

当日のクッション値(午前9時)=12.2(硬め)

レース後の感想

・はしくれの感想:まずは応援下さった皆様に心より感謝申し上げます。スランプ中にもかかわらず支えて下さり本当にありがとうございました。今回の予想はバビットがどれくらいのペースで逃げるかが鍵で、実績的にはそこまで速い時計で出すとは思いませんでした。クッション値が12.2というのは初めて見た数値なのですが、全体時計がかなり速いのでこの影響はかなり濃かったはずです。ウインイクシードが粘ったことや5番手以内の馬で決まったこと、この点を踏まえると内田騎手の逃げもあながち無謀とは言えないでしょう。今回は「これで外れたら仕方ない」という馬券を買いましたので、配当よりも的中したことに一安心している次第です。予想家として少しでもお役に立つようこれからも精進します

・1着松山弘平騎手のコメント「前も飛ばしてる中で、開幕週でしたししっかりいいポジションとって進めていこうと思いました。しっかりついて行って、最後まで脚色衰えず差し切ってくれたということで、非常に強い競馬をしてくれたと思います。直線内から一頭抜け出してきて少し危ないところはあったんですけど、それでもしっかり勝ち切ってくれて強い競馬だったと思います。乗る度に馬も良くなってますし、厩舎の方もよく仕上げて下さって、乗る度に強い馬だなと感じています」

・2着騎手のコメントは取れず

・3着横山武史騎手のコメント「最後までよく走ってくれました。できれば賞金を加算したかったです」

・4着蛯名正義騎手のコメント「レースの流れに任せて、思った通りのレースはできました。あと1秒遅い流れなら、脚も溜まってもっといい脚が使えたと思います。」

蛯名騎手はこの中山記念2021を最後に騎手を引退、「またファンの皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!」と引退式でコメントされていました。今後は調教師としてご活躍されていくことでしょう。様々な素晴らしい名シーンを本当にありがとうございました

 

 

パドックロード配信結果

◎1着→▲2着→〇3着→☆10着本線で3着以内独占です!

応援下さった会員の皆様に心より御礼申し上げます。

以下馬体診断を実施致します。

中山記念2021馬体診断

中山記念2021・優勝馬ヒシイグアス

 

 

優勝馬はヒシイグアスでした。

 

同馬は一見すると緩いかと

思われるギリギリのラインですが

素晴らしいツヤと柔らかさを持ち

ゆったりとした仕上げにありました。

 

非常に体幹が真っすぐであり

在厩調整されてきましたが

堀調教師の狙いが当たって

トモの張りが落ちていませんでした。

 

こういう余裕を感じる仕上げは

追い過ぎない調教にも現れ

タイム面だけでなく馬体を見て

仕上げる大切さを感じました。

中山記念2021調教診断・上位3頭を選出

 

闘志と冷静さを湛えた目で

リラックスして歩けていましたし

この気性面の充実ぶりにも

好調が窺える仕上げでした。

中山記念2021・2着馬ケイデンスコール

 

 

2着馬はケイデンスコールです。

 

同馬は前走時選出できず

非常につらい思いをしましたが

今回は更にパワーアップした

張りのある馬体を見せていました。

 

いつもバランスよく整っていて

それだけでレベルが高いのですが

前後肢の筋肉や皮膚のツヤ

無駄のなさも全てが上位でした。

 

あとは中山の競馬場だけが

どう出るかなと思っていましたが

さすがのパワーでこの点まったく

杞憂といっていい快走でした。

 

元々馬体重よりも馬体を

大きく見せるところがありますが

緩さが解消されてきたことも

いよいよ旬を感じるものでした。

中山記念2021・3着馬ウインイクシード

 

 

3着馬はウインイクシードです。

 

同馬は中山に向いた馬体で

腹袋がしっかりしていますが

週中コラムで挙げたバビットと

比べても更に良い馬体でした。

 

前走の際も引き締まっていて

非選出なことを悔みましたが

ケイデンスコールを含め今回

きっちりと復習を活かせました。

 

ツヤもピカピカで筋肉の量が

ヒシイグアスに及んでいたのなら

こちらを本命にしてもいいかと

迷うくらいの仕上げにありました。

 

トモも大きく無駄のない馬体で

年齢を感じない仕上げですし

目一杯の仕上げにあったので

頑張ってくれて嬉しかったです。

おわりに

 

このところスランプになってしまい

必死に足掻いていたところですが

まずはひとつ的中ができたので

ほっと胸を撫でおろしています。

 

この間に相馬眼も磨きつつ

配信に臨んだところでしたが

3着以内独占の結果で

とても嬉しいレースとなりました。

 

これもひとえにご声援くださる

皆様のおかげと感謝をしつつ

更にお楽しみいただけますよう

頑張って参りたいと思います。

 

まだまだブログ予想は再生に

取り組まなくてはなりませんから

相馬眼とともに腕を磨いて

取り組んで参りたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

どうぞ今後も当ブログ予想を

よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です