中山記念2021過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週は中山競馬場にて

春の開幕を告げる重賞

中山記念が行われますが

混戦ムードが漂っています。

 

毎年中山巧者が見せ場を

つくる名物重賞なのですが

ウインブライトやラッキーライラックは

既に登録を抹消しました。

 

そういう意味でもこれからを担う

存在を楽しみにしていますが

傾向を把握していく中でも

気になる馬が見つけ出せるでしょう。

 

それでは今回も過去10年の

傾向を探って参りますので

最後に取り上げる一押し馬にも

ご注目下されば幸いです。

中山記念2021過去10年の傾向

中山記念2021・過去10年3着以内傾向

 

①好走枠:3枠(赤2勝)=6頭(全30頭中)

➁苦戦枠:特になし

前年3着以内リピーター:4頭

④牝馬:4頭(1勝:2015ヌーヴォレコルト)

⑤3歳馬:4歳以上のみ

⑥人気:1番人気3頭・2番人気7頭・3番人気6頭・4番人気5頭・以下9頭

⑦好走騎手:M.デムーロ騎手4回(3勝)・横山典弘騎手4回(2勝)

⑧ハンデ:別定

⑨走破タイム:良=1分45秒5~1分47秒6、稍重=1分49秒8~1分50秒3、重=1分47秒3(2012のみ)

⑩好走厩舎:堀宣行厩舎3年(3頭2勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:7年8頭(4勝・昨年は馬券圏外)

⑫馬体重:452~528kg

⑬4角5番手以内:22頭(8勝。逃げ馬は4頭0勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ディープインパクト5回(4年:5頭1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由29頭。主な前走:中山金杯3頭(3勝)、マイルチャンピオンシップ3頭(1勝うち近3年連続馬券圏内)、有馬記念3頭(2勝。近7年馬券圏外)、天皇賞秋3頭(1勝)、他牝馬限定重賞4頭(1勝)、香港3頭(1勝)、マイル以下重賞6頭(0勝)、中距離以上重賞4頭(1勝)、白富士ステークス1頭(0勝)

⑯前走後間隔:中3週~5か月=28頭。7か月1頭(2014ロゴタイプ3着)、9か月(2016ドゥラメンテ1着)

前走人気:12番人気以内

⑱前走最低着順馬:2012シルポート2着=京都金杯16着

⑲ペース:ハイ2、ミドル4、スロー4、近3年連続ミドルペース

 

枠順確定前最注目馬

 

中山記念2021過去10年の傾向から

枠順確定前の最注目馬は…

 

 

ヒシイグアス

 

勝率の高いローテーションの中山金杯を完勝後で、得意厩舎の堀宣行厩舎所属馬という点も好感。4角5番手付近で立ち回れる機動力も魅力的だが、中山では3ー2ー0ー1と抜群の安定感を誇る。

5歳馬だが大事に使われてきて10戦と消耗が少なく、馬体も引き締まって充実期に入ってきたことが窺える。鞍上の松山弘平騎手とは2戦2勝というのも好感で、スロー~ミドルペースも適性高く近年の傾向にも合う。

 

以上、中山記念2021の過去10年傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です