ダイヤモンドステークス2021予想・本命はナムラドノヴァン

 

最内枠。

 

大外枠が優勢のデータが

顕著となっている一戦ですが

今回本命に指名したのは

最内1番のナムラドノヴァン。

 

前走の万葉ステークスでは

見事な優勝を飾りましたが

重賞経験は初めてであり

経験的には不足しています。

 

それでも本命に推したからには

根拠もそれなりにあるわけですが

ダイヤモンドステークス2021の

予想印と買い目を公開します。

ダイヤモンドステークス2021予想・本命はナムラドノヴァン

ダイヤモンドステークス2021予想・印&買い目

 

本命◎・・・ナムラドノヴァン

買い目・・・◎複勝600円。

 

本命◎ナムラドノヴァン

 

 

本命◎はナムラドノヴァンです。

 

同馬は前走で左回りの

万葉ステークスを勝ちましたが

今年は中京での施行のため

より今回に近い競馬でした。

 

万葉ステークスの経由馬から

過去10年で6頭が入着

ローテーションとしても問題ない

ステップを踏んだと言えるでしょう。

 

過去の傾向を紐解いていくと

大外枠の差し馬優勢で

最内枠は今一なのですが

展開的には悪くはありません。

 

それというのもこのレースの際は

インで我慢した馬がコーナーで

少し外に持ち出しつつ直線

弾ける形がよくあるからです。

 

また同馬は後ろからの捲りで

前走もスタミナを残したので

最初はインでそろっと出してから

溜めていれば更に切れるはずです。

 

実際前走時は捲りながら

上がり最速を繰り出しましたし

前走よりプラス2kgとはいえ

メンバー中では最軽量です。

 

オーソリティーが人気していますし

ポンデザールも前に行きますから

人気馬の動き出しを捉えつつ

進める展開も理想的です。

 

更に調教は申し分ないほどの

動きを披露し好調アピール

杉山調教師も太鼓判を

押すほどの充実ぶりにあります。

 

また鞍上の内田騎手にしても

箱根特別で勝利騎手となり

同馬を手の内に入れていますし

過去10年で優勝もあります。

 

唯一の不安点も重賞を

同馬が未経験なこととはいえ

複勝圏なら傾向的にも

食い込んでおかしくないところです。

 

そのため複勝のみとしましたが

相手を立てて散らしていくよりも

一点集中でこの一戦も

全力で学びたいと思います。

 

ダイヤモンドステークス2021発走時刻

 

ダイヤモンドステークス2021は

2月20日(土曜日)

東京競馬場第11レース

15時45分発走予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です