フェブラリーステークス2021調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

このところ東京の周辺では

気温の変化が激しいですが

週末のフェブラリーステークスは

初夏に近い予報すら出ています。

 

2月と言えば真冬の只中で

一番寒い季節のはずですが

先週に引き続き春めかしい

好天が期待できることでしょう。

 

そしてそんな気温の変動から

出走馬の調子がどうなるかが

非常に気になるところなのですが

追い切りは既に終了しました。

 

このあたりダート王の戴冠に

相応しい動きをしている馬を

今週も見極めていきますので

早速ご覧いただくとしましょう。

フェブラリーステークス2021調教診断・上位3頭を選出

フェブラリーステークス2021調教1位:レッドルゼル

 

 

栗東 坂路 重 52.7-38.5-25.0-12.3 ほぼ馬なり

 

今回1位に選出したのは

レッドルゼルと致しましたが

同馬はほぼ馬なりで追い切られ

52秒7を記録しました。

 

前走の根岸ステークスの際

1週前に強めに調教し

追い切りでは55秒台での

余裕のある調整過程でした。

 

それであっさり勝った流れからの

同じ重馬場での52秒7

これは末を伸ばすタイムも含め

かなり好調と判断できます。

 

欲を言えば雪で馬体が見えず

この点も見たかったところですが

パドックロードではその判断を

しっかりお届けして参ります。

 

フェブラリーステークス2021調教2位:オーヴェルニュ

 

 

栗東 CW 重 82.2-67.0-52.1-38.4-11.8 やや強め

 

今回2位に指名しましたのは

関西馬のオーヴェルニュなのですが

東海ステークスの時と違い

今度はウッドを使ってきました。

 

重馬場のなか長めを乗り込まれ

タイムも好タイムが出たばかりか

最後も11秒8と凄い

伸び脚を披露してフィニッシュです。

 

正直前走時は馬体面も

8割程度に見えていましたが

今度はきっちりと仕上がって見え

輸送をクリアすれば勝負でしょう。

 

内容的にも一杯に追って

出した好タイムではありませんし

同馬自体の状態がピークに

近い状態と見て良いでしょう。

 

フェブラリーステークス2021調教3位:アルクトス

 

 

美浦 坂路 良 51.8-37.7-24.7-12.2 やや強め

 

最後は3頭併せで追われた

アルクトスを指名したいのですが

同馬は併せた2頭をあっさり

突き放す動きを披露しました。

 

元々調教も走るタイプで

かなり真面目な馬とは言えますが

根岸ステークスの時より更に

軽快に末脚を伸ばしました。

 

このときよりタイム面が良いのは

馬場が良いため当然と言っても

そこまで強めに追われてなくても

すっと伸びた走りは好感です。

 

根岸ステークスの際は馬体も

かなり好仕上がりにありましたし

その状態も維持されていそうで

輸送も少なく楽しみでしょう。

 

ということで・・・

 

毎度有料化を検討しつつ

公開中の当コラムでしたが

パドックロード会員限定で

もう1レース公開しています。

 

先週は京都記念開催で

1~2位指名馬が1・3着と

3頭で2頭が馬券内へと

入着する良績を挙げました。

 

 

はしくれは相馬眼が武器なので

調教でもこれが使えますから

こちらの予想でも安定感を

発揮することに繋がっています。

 

ダイヤモンドステークスを今週

公開レースに選びましたから

ご登録された方は診断の

内容をぜひご確認下さい。

 

それでは今年最初のGⅠを

笑顔で終えることができますよう

パドックロードも頑張りますので

よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です