エルフィンステークス2021予想・本命はエリザベスタワー

 

豪脚。

 

前走新馬戦をスローペースで勝ち切ってきたエリザベスタワーは、大外を回り、後方5番手から一気の脚を見せて快勝。

牝馬ながら500kg超えとなる大柄な馬格もさることながら、それに違わぬハイパフォーマンスで鮮烈な印象を残しました。

今年は例年と違い京都開催ではなく中京開催で、その点も加味した予想を公開して参りたいと思います。

エルフィンステークス2021予想・印&買い目

本命◎エリザベスタワー

対抗〇ジェラルディーナ

単穴▲マリアエレーナ

買い目:馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

本命◎エリザベスタワー

同馬は先述のとおり前走新馬戦で豪脚を披露し、後方待機馬には向かなかった展開のなかを見事に差し切り。

上がり最速で終い3ハロン33秒6を計時して、最後は多少流す余裕も見られるほど圧巻の勝利でした。

このエルフィンステークスは昨年、勝ち馬にデアリングタクトが出て、ここをステップに牝馬3冠が狙えることが判明しています。

エリザベスタワーは現状からは長い距離は分からない馬ですが、マイルはかなり適性の高さが窺える幅のある体型です。

牝馬限定で馬格があるのはこの時期それだけで有利ですから、強めの調教も更に上積みを重ねて消化していけるでしょう。

鞍上にも武豊騎手が継続騎乗の一戦となっており、流れが緩くなりそうなメンバー構成で経験が活きるでしょう。

対抗〇ジェラルディーナ

対抗には母に3冠牝馬ジェンティルドンナを持つ血統から、将来的な伸びしろも期待し同馬を指名することにしました。

そんな同馬の前走はGⅠの阪神ジュベナイルフィリーズで、強豪ひしめく中で出遅れながらタイム差は僅かなものでした。

レース自体も前半がスローでインは開かず外を回したもので、距離ロスも含めればポテンシャルは十分過ぎるほど発揮しました。

今回は末脚自慢ばかりが揃った一戦となっているため、ペースはあまり上がらないと思い、ペースへの対応力が鍵でしょう。

その点、前走でGⅠ戦のスローペースという試練を経験し、出遅れながらまだ余力があった同馬なら見劣りはしないでしょう。

人気としては前出のエリザベスタワーと双璧の予感ですが、3歳リステッド競走の馬連キャンペーンも加味して買います。

単穴▲マリアエレーナ

同馬は調教の情報がなくこの点多少不安もありますが、メンバー中一番経験豊富な中京のマイルが舞台です。

こういう同じコースを経験させているタイプは慣れが見込めるために、強敵相手でも善戦できる下地が積み上がっているものです。

そんな同馬は小柄な馬ながら前走シンザン記念に出走、牡馬混合の重賞の中でも最後は光る脚を見せています。

特に直線の勝負所では前をカットされる大きな不利で、騎手が立ち上がるほどの状態から立て直して善戦していました。

中京のマイル戦はインも開くことが多い舞台ではありますが、今回は中枠から外目に持ち出して末脚を伸ばせるでしょう。

このことは特に小柄な同馬にとってはかなり追い風になるので、得意コースでの仕切り直しには警戒しておきたいと思います。

エルフィンステークス2021発走予定時刻

2月6日(土曜日)中京競馬場第10レース・15時00分発走予定です。

 

*今年も牝馬限定で順調。GⅢフェアリーS・愛知杯でワンツー選出

*そのはしくれの相馬眼の秘密は―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です