きさらぎ賞2021予想・本命はラーゴム

 

惜敗。

 

今回本命に推すラーゴムは連続2着としているのですが、決して勝負弱いわけではなく、勝った相手が仕上がっていました。

この馬自身はレース出走時必ず上がり3位以内ですし、レースでも折り合いがつく気性で常に安定して走っています。

今回は調教のタイムもよく、左回りの経験もあるため、本命に相応しい存在と見て予想を公開して参ります。

きさらぎ賞2021予想・印&買い目

本命◎ラーゴム

対抗〇ヨーホーレイク

単穴▲ランドオブリバティ

買い目:馬連ボックス各200円、計600円。

本命◎ラーゴム

今回予想をするにあたって特に重視したのが左回りで、この経験があることが同馬を本命にする決め手になりました。

東京と違いコーナー4回でスローペースも予想されるために、内枠で脚を溜められることも最後の一伸びに繋がるでしょう。

また戦ってきたメンバーからもここでは上位の実績馬ですが、同馬を負かした馬は当日の仕上がりが良い馬たちばかりです。

その点今回は調教からも同馬の好調が窺えますし、馬格もあり、坂も苦にしないので実力発揮に支障ないでしょう。

きさらぎ賞2021調教診断・上位3頭を選出

対抗〇ヨーホーレイク

対抗にはGⅠで3着に入線したヨーホーレイクですが、同馬もまたラーゴムと同様に好調教を消化してきました。

馬格がありパワフルな馬体から想像通り坂も得意ですし、弾むようなフットワークを見せて常に上がり最速を記録です。

それだけに今回騎乗するのが武豊騎手なのも心強く、スロー展開で差してくる脚がブレーキを踏むことはないでしょう。

走る度にお腹周りが絞れスッキリしてきたのもプラスですし、腰周りが更にしっかりすれば大成の可能性もあるでしょう。

このあたりはパドックロードの配信時に見極めて参りますので、会員様のお役にたてるよう、集中していきたいと思います。

単穴▲ランドオブリバティ

最後3番手に指名したのはランドオブリバティとなりましたが、同馬は前走のGⅠ戦でまさかの逸走劇がありました。

この状態から立て直されたかどうかが焦点の今回ですが、好調教からダメージは感じられずむしろ期待が膨らみます。

はしくれは主にディープ産駒には晩成傾向があるとも思い、実は前走もパドック時点で腰が弱く無印評価でした。

このレースでは4着独占のほぼパーフェクトな予想でしたが、逸走までは読めないまでもあまり良い予感はありませんでした。

それだけに今回は調教から馬体面も良さそうに見えますし、距離や坂も苦にしない馬なので先行抜け出しに警戒します。

きさらぎ賞2021発走予定時刻

2月7日(日曜日)中京競馬場第11レース・15時35分発走予定です。

 

*昨年末ホープフルS4頭選出で上位独占。若駒の見極めもいつも通り

*そのはしくれの相馬眼の秘密は―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です