きさらぎ賞2021調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

段々とクラシックの足音が

聞こえてくる今日この頃ですが

きさらぎ賞は中京競馬場

2000mで開催されます。

 

普段は1800mでの

右回りでの施行になりますが

大分レースの内容が変わって

中距離適性が問われそうです。

 

調教は各馬馬場の悪い中

追い切りをこなして参りましたが

その中でも取り立てて3頭の

選出を今週も行います。

 

それでは新しい歴史を刻む

きさらぎ賞出走馬の中から

追い切り内容の良かった馬を

公開して参りましょう。

 

 

きさらぎ賞2021調教1位:ラーゴム

(栗東 CW 重 81.1-64.7-50.7-37.6-12.8 馬なり)

 

今回1位に選出したのは

関西馬のラーゴムとなりますが

同馬は重のウッドを馬なりで

50秒7の好タイムでした。

 

追い切りでは併せ馬で遅れて

見た目としてはまあまあなのですが

調教パートナーが走りますし

同馬の動き自体は軽いです。

 

1週前の調教時点でも

不良馬場を強めで調教され

4ハロン52秒2でまとめ

力強く駆け抜けていきました。

 

馬体も筋肉質で坂のある

中京コースは向きそうな馬で

直前長めから乗ってきたので

この距離も持つだろうと思います。

 

 

きさらぎ賞2021調教2位:ランドオブリバティ

(美浦 南W やや重 69.7-54.3-40.2-12.5 馬なり)

 

今回2位に指名した同馬は

美浦南ウッドで追われましたが

前走逸走競走中止の

余波を感じさせない動きでした。

 

若駒ですからヤンチャする方が

将来大成もあることですし

相変わらず馬体に幅があって

ふっくらと見せるのが好感です。

 

1週前やや重を強めでの

調教でほとんど同じタイムを

マークしたことからも仕上がり自体

上昇した自信が漂います。

 

今回は左回りで外へと

流れていくことはなさそうですし

併走相手を赤子扱いで

期待の大きい内容でしょう。

 

 

きさらぎ賞2021調教3位:ヨーホーレイク

(栗東 坂路 重 55.5-40.6-26.4-13.2 馬なり)

 

最後は馬なりで坂路を駆けた

ヨーホーレイクを取り上げましたが

同馬は1週前ウッドで追い

4ハロン52秒0でした。

 

重馬場の中で出たタイムですし

併走馬を置き去りにするような

鮮やかなスピードを感じさせる

好調が窺える走りでした。

 

馬体面では年末も絞れて

より良い馬体になっていましたが

そこから更に上昇してくるか

伸びしろも楽しみな一頭です。

 

万全に仕上げられたその後で

坂路をゆったり調整するのは

好走例の多いところですし

疲労も見えず走れる仕上げです。

 

ということで・・・

 

有料化の検討を重ねつつ

公開中の調教診断も

パドックロード会員限定で

もう1レース公開予定です。

 

先週はシルクロードステークスで

調教1・2位指名馬2頭が

2~3着の馬券圏内になり

改めて威力を発揮しました。

 

 

今週は東京新聞杯の

調教診断を会員様に

限定公開致しますので

お楽しみ下されば幸いです。

 

調教とパドックの双方から

好調馬を見つけ出して最後は

的中に結び付いていくように

これからも精進して参ります。

 

それでは今週も調教診断を

ご覧下さりありがとうございました。

当日皆様が笑顔になれる

一日になりますよう祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です