アメリカジョッキークラブカップ2021調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今年も既に3週目を迎え

重賞も7つ目を終えましたが

今週は中山でGⅡレース

アメリカジョッキークラブカップです。

 

当レースには菊花賞組から

上位馬も参戦してきましたが

年明け初戦となった先週は

当コラムからワンツーを選出。

京成杯2021調教診断・上位3頭を選出

 

経験を重ねてきたこともあり

精度も高まってきておりますが

それだけに現在有料化する

思案も巡らせているところです。

 

そんな価値ある情報を届ける

診断力を磨く所存ですし

公開される情報を今後も

お楽しみいただきたいと思います。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

アメリカジョッキークラブカップ2021調教1位:サトノフラッグ

(美浦 坂路 良 51.7-38.0-24.8-12.4 馬なり)

 

今回1位に選出したのは

サトノフラッグと致しましたが

同馬は坂路で51秒台を

軽々と計時してきました。

 

馬なりのまま手応え絶好で

やる気がみなぎる走行でしたし

非常に安定感あるフォームで

ダイナミックに駆け抜けてきました。

 

国枝調教師が得意とする

ふっくら感のある仕上げでしたし

中山競馬場は得意なので

かなり期待が持てる仕上がりです。

 

あとは当日のパドック次第で

これも非常に楽しみなのですが

菊花賞時に見せた馬体ならば

本命も考えられる馬です。

 

 

アメリカジョッキークラブカップ2021調教2位:アリストテレス

(栗東 CW 良 81.2-65.1-51.2-38.6-13.2 ゴール前強め)

 

2位に推した同馬は1位馬とは

少し開きのある感じでしたが

ふっくら感のある馬体を見せて

柔軟性に好感を得ました。

 

多少ゴール前で伸びを欠くなど

もたつくような仕草もありますが

全体的な時計は優秀で

最後をどうとるかが鍵でしょう。

 

はしくれとしてはあまり無理強いを

しない調教スタイルで終わった

今回はギリギリ良い調教と

言える範囲だと思っています。

 

事実1週間前の時より

タイム面でも上昇しましたし

それより内容も軽かったので

2番手評価に選出します。

 

 

アメリカジョッキークラブカップ2021調教3位:ラストドラフト

(美浦 南P 良 63.5-49.4-36.5-12.1 馬なり)

 

最後はポリトラックで追い切った

同馬が3番手評価ですが

ポリトラックでの追い切りは近走

中山の芝に合う追い切りです。

 

先週京成杯の2着馬(タイムトゥヘヴン)が

ポリトラックから好走を果たして

フェアリーステークスではベッラノーヴァが

3着入着と頑張りました。

 

負荷をあまりかけないことがむしろ

良い方に出ているように思われ

そのタイムも抜群な同馬なら

好勝負可能だと思いました。

 

4ハロン50秒台を切って

馬なりでスピード感も十分

併せ馬でもきっちり先着し

張りのある馬体から楽しみです。

 

ということで・・・

 

菊花賞組が人気も上位の

今回の一戦とはなりますが

上位2頭はやはり仕上げもよく

パドックが楽しみなところです。

 

データ予想はこの点も加味して

予想をアップして参りますので

今週もまた重賞の予想に

ご期待いただければ幸いです

 

またパドックロード会員様にのみ

東海ステークスの調教診断を

初めて公開致しましたので

お楽しみ下されば幸いです。

 

調教とパドックの双方から

好調馬を見つけ出して参りましょう。

 

*GⅡ東海ステークス調教診断も

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です