若駒ステークス2021予想・本命はグロリアムンディ

 

若駒。

 

4歳以上の古馬と比べると

成長途上の3歳馬ですが

それだけに激しい成長力を

楽しみにできるクラシック世代。

 

そのなかにあっても当レースから

後の活躍馬も多く出ており

2000mという距離を見ても

期待の膨らむレースとなります。

 

ここでは少頭数の7頭が

賞金加算を狙っていますが

若駒ステークス2021の

予想印と買い目を公開します。

 

<若駒ステークス2021予想・印&買い目>

本命◎・・・グロリアムンディ

対抗○・・・タイセイドリーマー

単穴▲・・・ヴァリアメンテ

買い目・・・3連単&3連複◎→○→▲各100円、馬連&ワイド◎流し各100円、計600円。

 

本命◎はグロリアムンディです。

 

同馬は京都2歳ステークスで

重賞初出走で4着と

骨っぽいメンバーを相手にして

僅差の競馬を披露しました。

 

今週水曜日の追い切りでも

坂路52秒台を計時し

軽々としたフットワークを見せ

調子の良さを確認できました。

 

デビューから連続で同じ距離を

使われた強みもさることながら

タイムも確実に詰めているので

このメンバーでも上位に取れます。

 

福永騎手も昨年3冠を

達成したばかりの騎手ですから

クラシックロードを見据える上で

勝つ競馬を意識してくるでしょう。

 

対抗○にはタイセイドリーマーです。

 

同馬は前走の新馬戦では

大外枠スタートだったものの

距離ロスをものともせずマクリきり

坂でも伸びて勝ち切ってきました。

 

馬格があり、パワータイプのために

坂があることも追い風でしょうし

矢作調教師と坂井騎手での

師弟関係の絆もあります。

 

ハーツクライ産駒でまだ若さが

ある点はむしろ好感に思え

距離もこれくらいが良さそうなので

前目で粘ると判断しました。

 

少頭数で行きたい馬がなく

先行して位置を取れそうですし

末脚も安定感があるので

実力を出し切れると思います。

 

最後単穴▲はヴァリアメンテです。

 

同馬は前走の新馬戦では

9番人気の低評価のなか

前で抜け出した1番人気の

サトノラムセスを差して見せました。

 

このライバルが仕上がっていたため

届きそうにない展開でしたが

上がり最速で中から突き抜け

一気に捉えて優勝しました。

 

坂をものともせず加速したのも

非常に好感を得られましたし

追い切りでもシャープな動きを見せ

馬なりで余力を残しています。

 

タイセイドリーマー以外の馬が

上がり勝負になりそうなことから

末脚比べで力を出せれば

上位進出もあると思います。

 

ということで・・・

 

若駒ステークス2021は

1月23日(土曜日)

中京競馬場第10レース

15時00分発走予定です。

 

*GⅢフェアリーS、愛知杯、京成杯でワンツー選出。今月も重賞好調

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です