京成杯2021調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

昨年秋から3か月が経ち

当コラムも結果が出ていますが

2021年の公開は

当レースが初戦となっています。

 

個人的には金杯から既に

調教を加味して買っていますが

様々自身で修正を加え

またこうして公開を致します。

 

パドックと比べ調教予想は

経験的に不足もありますが

意外なほど良績も挙げたので

自身楽しみの多いところです。

 

そして当欄の存在に気づき

楽しみにして下さる方々へ

心より感謝を申し上げつつ

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

京成杯2021調教1位:グラティアス

(美浦 南W やや重 67.5-51.6-38.7-12.8 ほぼ馬なり)

 

今回1位に選出したのは

グラティアスと致しましたが

同馬はやや重のなかをウッドで

51秒6としてきました。

 

常に手応え優勢の走りで

軽快な走りを披露していて

パートナーを煽る手応えのまま

ほぼ馬なりでフィニッシュをしました。

 

余計な負荷がかかるシーンもなく

馬自身のやる気が感じられて

時計どおりのシャープさを披露し

出来はかなり良さそうに思います。

 

直前で強い負荷をかけるより

軽めで好タイムが記録されて

このあたりが素質上位であると

判断をしての1位指名です。

 

 

京成杯2021調教2位:タイムトゥヘヴン

(美浦 南P 良 64.9-49.8-35.9-11.9 馬なり)

 

調教馬場としては負荷の弱い

ポリトラックで追い切られましたが

同馬は圧倒的な手応えと

切れを披露しての先着でした。

 

先週フェアリーステークスの際

3着したベッラノーヴァにしても

この馬場を軽快に駆けましたが

同馬はそれ以上の手応えです。

 

現在の読みにくい馬場に合った

調教スタイルかもしれませんし

前例がある以上は同馬にも

期待が湧くのは当然でしょう。

 

馬体もシャープで切れ味重視の

流線形のつくりにありますし

実力発揮には十分という

仕上がりにあると見て2番手です。

 

 

京成杯2021調教3位:ラカン

(美浦 南B 良 68.5-52.9-38.6-12.4 やや強め)

 

最後はかなり迷うところだった

3番手の選出になりますが

ダートコースで負荷をかけて追った

ラカンを選出致しました。

 

同馬は4ハロンでのタイムでは

52秒9を計時しており

強めで追ったこともあるのですが

動きには迫力を感じました。

 

もしかしたらもっと速かったかと

思うくらいスピード感があって

馬体も重め感を見せないので

最後3位評価と致しました。

 

この時期は馬も伸び盛りですし

調教をこなしていく最中に

伸びていく馬も見て取れますから

成長も加味しての選出です。

 

ということで・・・

 

若さ溢れる顔ぶれに期待の

京成杯が近づいていますが

当欄から上位入着となる

存在がいることを祈ります。

 

もちろん調教診断を加味し

予想をアップして参りますので

今週もまた重賞の予想に

ご期待いただければ幸いです

 

また直前の馬体の仕上がりは

先週フェアリーステークス◎2着(8人気)の

重賞得意のパドックロード

お楽しみ下されば幸いです。

 

まだまだデータの乏しい3歳戦

パドック予想も楽しんで参りましょう。

 

*GⅢフェアリーS=▲1着(3人気)◎2着(8人気)馬連6970円ワンツー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です