フェアリーステークス2021結果・優勝はファインルージュ

 

2馬身半。

 

今年最初の牝馬の重賞は

このフェアリーステークスでしたが

名手ルメール騎手に導かれて

ファインルージュが突き抜けて快勝。

 

実績馬テンハッピーローズらを

まとめて交わした直線でしたが

木村厩舎所属らしい馬体も

目立つ仕上がりの一戦でした。

 

牝馬マイル戦線に新たなる

ヒロインの誕生となりましたが

そんなフェアリーステークス2021の

結果を振り返って参りましょう。

 

<フェアリーステークス2021結果

優勝馬・・・ファインルージュ

2着馬・・・ホウオウイクセル

3着馬・・・ベッラノーヴァ

 

<フェアリーステークス2021予想・印&買い目>

本命◎・・・テンハッピーローズ

対抗○・・・ファインルージュ

単穴▲・・・ホウオウイクセル

特注☆・・・アトミックフレア

買い目・・・単勝◎300円、馬連◎流し各100円、計600円。

(予想結果=不的中)

フェアリーステークス2021予想・本命はテンハッピーローズ

 

勝ちタイム=1分34秒4(曇り・良)

前半800m通過=46秒8

ペース=ハイペース(0秒8差)

勝ち馬上がり3F=35秒0(2位)

レース上がり3F=35秒7

クッション値(当日午前9時)=10,8(やや硬め)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:本命のテンハッピーローズは好スタートを決めたのが裏目で、早目の流れに巻き込まれながら追走する形で苦しかった。対してファインルージュはこのライバルを見ながら進めたのが吉で、道中もごった返す先団を見ながら運んで最後突き抜けた。パワーのあるところは予想時から既に述べた通りだったが、直線勝負を決めて追いかけたホウオウイクセルと丸田騎手もファインプレー。3着にはポリトラックでの調教が絶好に見えたベッラノーヴァで、伸びてきたがやはり細身でまだ坂で少し止まったように思えた。こちらは全体的にボリュームアップできるかが今後の課題だろう。

・1着C.ルメール騎手のコメント:「強かったですね。直線ではゴールまで伸びてくれましたし、一生懸命走りました。ゲートはちょっとチャカチャカしたので、スタートはちょっと出遅れて後ろの方になりました。心配しましたけどペースが速かったので、直線ではいいポジションにいましたから、楽勝することができました。ポテンシャルが高いですので、今日はライバルがいなかった、次が楽しみです。ゴールの後疲れてないので、もうちょっと長い距離行けると思います。賢い馬だと思いますし、体もこの冬大きくなりました。GⅠレースに行けると思います。」

・走破タイム1分33秒3は過去10年で3番目に速い時計

・上位3頭の4コーナー通過順は7→10→14番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲1着→◎2着→○4着→☆(▲誤)15着でした。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬ファインルージュです。

 

同馬は全体がふっくらとして

ツヤもフワフワで目立ちましたが

いかにも木村調教師の元で

管理された仕上げの典型です。

 

スピードに富んだ馬体をしており

平坦コースのない関東では

こういうパワーを意識してつくる

馬づくりが理想と言えるでしょう。

 

配信後に▲印が2個

付いていたことに気づいたのですが

会員様にはご迷惑をおかけし

大変申し訳ございませんでした。

 

対抗評価と迷うくらい仕上がり

好調が感じられましたので

トモの面積の大きさも納得の

パワフルなスピード体型でした。

 

 

2着馬はホウオウイクセルです。

 

同馬は現時点で同馬として

これ以上ないくらいに仕上がって

無駄肉なく全体が張っていて

ピカピカにツヤも光っていました。

 

ファインルージュとはかなり対照に

牝馬らしい華奢さもあるのですが

トモがきっちりはまった体型は

好走の予感も十分でした。

 

この手のタイプはマリアライトなど

中距離路線でも強いですから

今回こそはマイル戦でしたが

距離が伸びても楽しみがあります。

 

全体がコンパクトな体型で

急坂にも強いタイプですから

人気こそ8番人気でしたが

本命は揺るがないところでした。

 

 

3着馬はベッラノーヴァです。

 

同馬はいかにも小柄な牝馬で

402kgも納得でしたが

ツヤもよく全体に張りもあって

好調が窺える仕上げでした。

 

とくに歩様が良く見えて最後は

☆の選出に悩んだのですが

最後も上がり最速を繰り出し

この軽快さを活かしてきました。

 

追い切りではポリトラックを使い

成長を気遣う感じでしたが

大事に使われていけば今後も

好走しておかしくないはずです。

 

まだ負荷をかけるには馬が若く

小さい点が課題になりますが

素晴らしい切れ味を保持しており

今後も楽しみな存在でしょう。

 

ということで・・・

 

このところ肝心の本命馬が

馬券圏外に沈んでいますが

買い目がもう少し上手ければなと

反省する一戦となりました。

 

ただパドック馬券はこの結果で

きちんと勝利に結びついたので

会員様の勝利に貢献が

果たせていれば嬉しく思います。

 

 

今年はとにかく挑戦を続け

結果を出したいと思いますので

来週も敗戦を恐れないで

取り組んで参りたいと思います。

 

それでは今回もご覧くださり

誠にありがとうございました。

どうぞこれからも「はしくれの予想」を

よろしくお願い申し上げます。

 

*GⅢフェアリーステークス▲(3人気)◎(8人気)ワンツー的中。

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です