シンザン記念2021予想・本命はククナ

 

末脚。

 

例年上がり勝負になりやすい

このシンザン記念ではありますが

今年は京都の改修工事で

中京競馬場の開催です。

 

直線距離が長いため各馬が

末脚を温存するはずですが

明確な逃げ馬が不在なため

より上がり勝負になることでしょう。

 

そのため末脚の切れるタイプが

軸にうってつけかと思いますが

そんなシンザン記念2021の

予想印と買い目を公開しましょう。

 

<シンザン記念2021予想・印&買い目>

本命◎・・・ククナ

対抗○・・・ロードマックス

単穴▲・・・バスラットレオン

特注☆・・・ルークズネスト

買い目・・・◎馬連&ワイド流し各100円、計600円。

 

 

本命◎はククナです。

 

同馬は前走ソダシが制した

アルテミスステークスでは2着と

後方から切れ味よく追いかけ

上がり最速を計時しました。

 

馬体的にもいわゆる「いい馬」で

バランスに秀でた特徴があり

無駄肉が付きにくいタイプなので

冬場でも仕上がりは良さそうです。

 

調教での動きも文句なしで

追い切りでは美浦坂路を強めで

51秒2をマークするなど

素晴らしい動きを披露しました。

 

ルメール騎手は厳冬期少々

腰が不安なこともあるのですが

土曜メインも好走しましたし

問題はないと見て本命です。

 

 

対抗○にはロードマックスです。

 

同馬は相変わらず追い切りでも

抜群の動きを見せていますが

前走の朝日杯も直線で

末脚はかなり目立っていました。

 

この時も枠は外枠でしたし

前が止まらない馬場になったため

外を回って6着できたのは

間違いなく力の証明です。

 

早いタイムを経験できたのが

今の中京でも活きそうですし

末脚比べならククナと比べ

見劣るということもないはずです。

 

左回りは3戦を消化し

重賞でも3着がありますし

マイルの距離も目途がたった今は

強力なライバルとなりそうです。

 

単穴▲はバスラットレオンです。

 

同馬は前走ロードマックスが

6着とした朝日杯において

ライバルを凌ぐ4着に入り

実力のあるところを見せました。

 

前走時の追い切りでは坂路を

強めに追って調整しましたが

今回はほとんど馬なりによる

好調教を消化してきました。

 

負荷を軽くしたにもかかわらずに

タイムは52秒5を計時し

前回よりも1秒1差つけ

好タイムで今回は臨みます。

 

状態が良い上にペース的に

スローに落ちそうな予感もあって

前目で粘り込める脚質から

軽視はできない存在でしょう。

 

最後特注☆にはルークズネストです。

 

同馬は既に500kgを超える

大柄な馬体の持ち主ですが

前走では直線で抜け出すと

リードを守って優勝しました。

 

切れよりも粘り腰のある馬で

並ばれてからも我慢が利くので

内枠3番を引いた今回

インの前目で競馬をしそうです。

 

ロスなく立ち回ればペース的に

直線かなり粘りそうですので

坂が問題ない点も含めて

警戒は必要だと思います。

 

中京マイルも経験しており

穴馬に強い幸騎手が乗り

調教も素晴らしい動きなので

一発の可能性を睨みます。

 

ということで・・・

 

シンザン記念2021は

1月10日(日曜日)

中京競馬場第11レース

15時45分発走予定です。

 

*前月からの継続率92,3%。選ばれるコンテンツへ

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

2 COMMENTS

炭酸水

レイエンダが中山メインのダートに出てきてびっくりでした〜
結果は伴わなかったですけどこれはどうしちゃったんですかね?

返信する
はしくれ

これはおそらく距離かと思われます。
関東圏で1800mのオープンを使いたかったのと、あまり筋肉が柔らかいタイプではないので、
新味に期待したのではと。
今日は少し後肢がせり上がり気味だったのも気になりましたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です