神戸新聞杯2020予想・本命はコントレイル

 

夢見ること。

 

日本ダービーを3馬身差で

完勝して見せたコントレイルが

無敗の3冠制覇を目指して

姿を見せる神戸新聞杯。

 

中京競馬場での開催で

例年とコースこそ違いますが

左回りはむしろ得意なので

期待の方が大きいところです。

 

競馬ファンの大きな夢を乗せて

ターフを駆ける優駿の登場。

その神戸新聞杯2020の

印と買い目から公開致します。

 

<神戸新聞杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・コントレイル

対抗〇・・・ディープボンド

単穴▲・・・ヴェルトライゼンデ

買い目・・・単勝100円、3連複100円、計200円

 

 

本命◎はコントレイルです。

 

同馬は最早説明不要かと

思うくらいの強さがありますが

展開や馬場も不問にしている

日本競馬の希望の星です。

 

低重心で体幹が優れて

垢抜けたバランスを形作り

パドック党をうっとりさせるほど

整った馬体を誇っています。

 

大柄過ぎずスタミナを保持して

瞬発力に優れたトモを持ち

これからも日本の競馬界には

なくてはならない逸材でしょう。

 

単勝を100円買っていますが

同馬の無事と好走を願って

お守りの代わりにひとつ馬券を

買って応援したいと思います。

 

対抗〇にはディープボンドです。

 

同馬はダービーの時も競馬を

全く諦めることなく走り

早々に前に立ってしまっても

粘りに粘って5着としました。

 

京都新聞杯の勝利により

重賞ウィナーになっていましたが

この時は消耗戦を差し切り

スタミナを感じる一戦でした。

 

大久保厩舎で胴がやや長く

ステイヤーの素質を感じますし

和田騎手も長く追える騎手なので

相棒として心強いでしょう。

 

今回はコントレイルの僚馬の

パンサラッサがハナを叩きそうで

そこまで淀みなく流れるのなら

チャンスは膨らむと見て良いでしょう。

 

 

単穴▲はヴェルトライゼンデです。

 

同馬はダービーで3着として

地力の高さが窺えましたが

距離適性不問の馬体を持ち

菊花賞も目指せる存在です。

 

池江調教師の管理馬らしく

毎回好仕上がりにありますし

強敵とばかり走ってきたので

大崩れは考えにくいでしょう。

 

父のドリームジャーニーに続き

騎乗している池添騎手ですし

オルフェーヴルで3冠を制して

その重圧も経験があります。

 

こうしたライバルにないものを持つ

鞍上が背に控えていますから

適切な仕掛けを踏んで上位に

食い込む可能性は高いでしょう。

 

ということで・・・

 

神戸新聞杯2020は

9月27日(日曜日)

中京競馬場第11レース

15時35分発走予定です。

 

*セントライト記念2年連続上位独占

パドックロード(2020)9月度会員募集中

また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

オールカマー2020の予想は

オールカマー2020予想・本命はミッキースワロー

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「神戸新聞杯2020予想・本命はコントレイル」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です