セントライト記念2020結果・優勝馬はバビット

 

逃走。

 

逃げ切りでの優勝が難しい

セントライト記念の舞台ですが

スローペースを悠然と走って

後続を完封したバビット。

 

未勝利脱出から4連勝で

秋の大舞台へと進みますが

鞍上の内田騎手も信頼の

折り合いも見られた一戦でした。

 

コントレイルの待つ菊花賞へと

駒を進めた同馬でしたが

そんなセントライト記念2020の

結果を振り返って参ります。

 

<セントライト記念2020結果

優勝馬・・・バビット

2着馬・・・サトノフラッグ

3着馬・・・ガロアクリーク

 

<セントライト記念2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ヴァルコス

対抗〇・・・バビット

単穴▲・・・ガロアクリーク

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス各100円、計400円。

(予想結果=的中:ワイド540円)

セントライト記念2020予想・本命はヴァルコス

 

勝ちタイム=2分15秒0(晴れ・良)

前半1000m通過=62秒6

ペース=スローペース(2秒2差)

勝ち馬上がり3F=37秒0(4位タイ)

レース上がり3F=37秒0

クッション値(当日午前7時)=9,7

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬バビットは重賞2勝目(ラジオNIKKEI賞)

・内田博幸騎手は当重賞初勝利

・浜田多実雄調教師も当重賞初勝利

・内田博幸騎手のコメント「ここでどれくらいパフォーマンスできるかと思ったんですけど、スタミナが有って楽しみです。ハナに何回も行ってるんですけど、ゲートの中でもおとなしくて、スタートもさっと出ていくんでね。流れはそんなに速くないと思ったんですよ。中山が全体的に上りがかからないんで、これ以上ラップ速めてもよくないなと思っていました。4コーナー入ってからスピードに乗ってくるというか、馬の方が覚えているんじゃないかな。(菊花賞は)距離延びちゃうんですけど、この馬のレースができればいい競馬できるんじゃないかなと思います。」

・バビットの生産は大北牧場

・優勝馬バビットはスタートから先頭に立ち、4コーナーで一旦飲まれかかるが、二の脚を繰りだして快勝

・走破タイム2分15秒0は不良馬場の2003年(2分24秒5)以来の遅い走破時計。良馬場ではかなり遅いタイムで、クッション値が前日日曜AM7時10,5→当日月曜AM7時9,7で馬場が多少軟らかくなった影響も感じられる

・優勝馬バビットの父はナカヤマフェスタで、2009年セントライト記念の勝ち馬。親子制覇達成

・前走ダービー組のサトノフラッグ&ガロアクリークが2~3着

・2着戸崎圭太騎手「イメージ通りの競馬でしたが、怖いと思った馬に勝たれました。坂では休み明けの分かな、これから良くなると思います。」

・3着川田将雅騎手「返し馬から休み明けという感じでしたが、それでもここまで頑張ってくれました。本格的に良くなるのは来年以降だと思います。

・上位3頭の4コーナー通過順は1→2→2番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲1着→○2着→◎3着→☆5着で、上位3頭で3着以内独占です☆

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬バビットです。

 

同馬は前走時と遜色なく

筋肉も張ってツヤのある皮膚で

独特の腹袋の大きい

シルエットも変わりませんでした。

 

こういうタイプは中山で強く

ウインブライトなどもそうですが

急坂を駆け上がるパワーと

スタミナを感じさせる仕上がりでした。

 

メンバーレベルも高い中での

逃げ切り勝利が鮮やかでしたが

距離適性を計れないタイプで

菊花賞も楽しみなところです

 

展開的にも恵まれましたが

堂々とした内容の競馬で

誰も鈴を付けにいかないのなら

常に怖い存在となるでしょう。

 

 

2着馬はサトノフラッグです。

 

同馬はディープインパクト記念で

これ以上ない仕上がりを披露し

その後は少し下降しましたが

今回は立て直されていました。

 

この馬の良い時はもっとツヤが

ふわふわに光って見えるのですが

今回も9割くらい仕上がり

十分勝負できる仕上げでした。

 

筋肉のボリューム感が薄れて

全体にすっきりと見えましたが

菊花賞への参戦を思えば

この仕上がりで良いと思います。

 

今回くらい仕上がっているなら

距離延長も問題なさそうで

本番へ向けて上昇できるか

その点が鍵になるところでしょう。

 

 

3着馬はガロアクリークです。

 

同馬はスラっとしたフォルムを持ち

伸びやかさを感じられる馬体で

春よりも馬体が伸びてきたため

距離も持つだろうなと思いました。

 

相変わらずツヤをピカピカに見せ

いつも元気よく歩いていますが

素直な気性で優美な馬体が

丸みを帯びて輝いていました。

 

同馬の難点は胴が詰まった

やや寸詰まりな体型でしたが

成長とともに馬体にゆとりを

感じられるようになってきました。

 

これまでの同馬なら菊花賞は

明らかに長いと感じましたが

3着とはいえ今回くらいの

仕上がりであれば楽しみでしょう。

 

それから・・・

 

後方から5着に追い込んだ

ヴァルコスもご覧いただきましょう。

 

 

こちらも幅のあるところを消さず

ふっくらとした仕上がりでしたが

多少肩のボリュームが弱く見え

パドックでは☆評価としました。

 

スタートから後方になったため

展開の不利が顕著でしたが

伸びない外を懸命に追い込み

鋭く5着まで食い込みました。

 

やはりスタミナは出走馬中で

一番に感じたところでしたが

まだ絞り切っていない仕上がりで

菊花賞に出るなら楽しみです。

 

今回は8割の出来のために

上昇の余地を残していますし

今回の5着だけでは全く

見限れない馬だと思います。

 

ということで・・・

 

今週は本当に久しぶりに

2レースを公開致しましたが

当レースでは的中できたので

ひとまずほっとしているところです。

 

パドックロードの会員様にも

いつもご支援いただいているので

3着以内独占の結果を

お喜びいただければ幸いです。

 

しかし反響の大きさを見ても

やはり当ブログ予想に対する

期待を改めて感じましたし

来週も気を引き締めて参ります。

 

既に本年は100%の

回収率を達成しましたが

引き続き年末までのレースを

しっかり予想したいと思います。

 

どうぞこれからも当ブログ予想を

よろしくお願い申し上げます。

 

*セントライト記念2年連続3着以内独占。来週も頑張ります☆

パドックロード(2020)9月度会員募集中

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です