ローズステークス2020結果・優勝馬はリアアメリア

 

完勝。

 

オークス4着から参戦した

実力馬リアアメリアでしたが

これまでの戦法を捨てて臨む

先行競馬で後ろを完封。

 

前年アルテミスステークスにて

見せた末脚を前目でも活かし

川田騎手の手綱も冴え渡った

素晴らしい価値ある1勝でした。

 

内回りの京都で行われる

秋華賞へ期待も増すばかりの

ローズステークス2020の

結果を振り返って参ります。

 

<ローズステークス2020結果

優勝馬・・・リアアメリア

2着馬・・・ムジカ

3着馬・・・オーマイダーリン

 

<ローズステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・フアナ

対抗〇・・・リアアメリア

単穴▲・・・デゼル

買い目・・・◎単勝100円、ワイドボックス各100円、計400円

(予想結果=不的中)

ローズステークス2020予想・本命馬はフアナ

 

勝ちタイム=1分59秒9(晴れ・良)

前半1000m通過=60秒9

ペース=スローペース(1秒9差)

勝ち馬上がり3F=34秒4(6位)

レース上がり3F=34秒5

クッション値(当日午前6時半)=10,6

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬リアアメリアは重賞2勝目(アルテミスステークス)

・川田将雅騎手は当重賞3勝目(昨年ダノンファンタジーから連覇)

・中内田充正調教師は当重賞2勝目(昨年ダノンファンタジーから連覇)

・川田将雅騎手のコメント「やっとこの馬本来の走りを見せることができて良かったと思います。中間もとてもいい状態で過ごしてきたと思いますし、馬体が増えて素晴らしい状態でどれだけ走れるかということでしたんで。中間もこういう競馬をしようという調整過程でしたし、こういう競馬をやっていきたいなと思っています。自分のリズムでこの馬の特性を活かす競馬をしたんですけど、改めてこの馬の本来の姿を見せられてほっとしています。この馬のポテンシャルは高いものがありますから、2冠馬のデアリングタクトに挑んで行けたらと思っています。」

・リアアメリアの生産はノーザンファーム

・優勝馬リアアメリアはスタートを決めて道中2番手。芝の単走を敢行するなど調教過程の違いが結果に出た

・今年は中京芝2000mを舞台に走破タイムは1分59秒9

・逃げ予想のチャイカがスタートで躓き、後方からでペースはスローに

・前走・オークス最先着馬のリアアメリアが優勝も、2着馬ムジカは小倉1勝クラス2着から、3着オーマイダーリンも1勝クラス優勝から(連闘)と、条件馬の活躍が目立った

・2~3着馬はともに14・11番人気と二桁人気の大穴馬で、3連単の配当は1,139,000円と百万円を超える配当に

・2着秋山真一郎騎手「頑張ってくれました。自分の仕事ができましたし、イメージ通りの競馬ができました」

・3着和田竜二騎手「ゲートを出ず後ろからの競馬となりました。権利も取れましたし、良かったと思いますよ」

・上位3頭の4コーナー通過順は2→11→7番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

☆1着→▲3着→○4着→◎11着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬リアアメリアです。

 

同馬は相変わらずバランスよく

絞れた馬体が好感でしたが

馬体増プラス14kgでも

太くはまったくありませんでした。

 

これくらいがっしりと見せる方が

好走することが多いですから

プラス分も全て身になっていて

走る予感は十分ありました。

 

メンバーレベルが高かったですが

それでいて2馬身差で優勝し

しかも先行して勝利するなど

川田騎手の手腕もさすがでした

 

戦法はコメントにもある通り

狙っていたものだったようですが

それだけに秋華賞の試走には

これ以上ない結果だったでしょう。

 

 

2着馬はムジカです。

 

同馬も一目見て良い馬だと

感じられるバランスをしていますが

筋肉の張りもぴっちりしていて

ツヤもよく腹も絞れていました。

 

いかにも牝馬らしい体つきで

瞬発力タイプに見えましたが

4角11番手でしたから

切れの有る脚も感じられました。

 

まだ全体に華奢なタイプですが

距離延長をこなしてきましたし

中距離は合っていそうですから

これからも楽しみな存在です。

 

馬体重440kgは

成長の余地を残しているので

本番の秋華賞でどれくらい

上昇できるか期待しています。

 

 

3着馬はオーマイダーリンです。

 

同馬は連闘策になりますが

ふっくらとボリュームのある仕上げで

使い減りしないタイプなのではと

感心するくらい元気でした。

 

パドックでは3番手に推すほど

目立った筋肉の張りも見られて

ちょうど画像の角度から映った

トモもパンとして目を見張りました。

 

河内調教師は全体的に

きちっと絞ってくるタイプなので

同馬の無駄のなさは粘り腰に

一役買っていると思います。

 

権利が獲れて本番へ向かうか

それともここが目標だったのか

陣営の選択から先々が

楽しみな一戦となりました。

 

それから・・・

 

11着に沈んでしまった

◎のフアナもご覧いただきましょう。

 

 

こちらも一周目から成長を

感じられる仕上がりでしたが

スタートであまり出ていこうとせず

道中でも後ろの競馬でした。

 

前走時もよく見えたのですが

今回もマイナス4kgとなり

良い感じに絞れて見えたために

本命は割とすぐ決まりました。

 

これだけの敗戦を喫するとは

正直意外としか言えませんが

春から成長していないなどと

思うようなところはありません。

 

今回はメンバーレベルも高く

初めてのコースでもありましたし

また同じくらい仕上がってくれば

狙っていきたいと思っています。

 

ということで・・・

 

現時点ではセントライト記念の

出走が残されているのですが

セントライト記念2020予想・本命はヴァルコス

もぜひご覧ください。

 

3日間開催の最終日へ

気を引き締めて参りますので

明日も当ブログをお楽しみに

なさっていただければ幸いです。

 

また、パドックロードも頑張りますので

どうぞご声援お願い申し上げます☆

 

*昨年☆1着→◎2着→▲3着で上位独占。セントライト記念も。

パドックロード(2020)9月度会員募集中

*ローズステークス2020☆1着(3人気)→▲3着(11人気)の相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ローズステークス2020結果・優勝馬はリアアメリア」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です