紫苑ステークス2020結果・優勝馬はマルターズディオサ

 

距離短縮。

 

オークス10着から参戦した

マルターズディオサが3戦ぶりに

地力を見せつける快走を見せ

重賞2勝目を見事達成。

 

午前中の雨で稍重になり

時計のかかる馬場になりましたが

開幕週らしく内目をついた

先行馬が直線で伸びました。

 

オークス経由馬はビッシュ以来の

4年振りの勝利となりましたが

そんな紫苑ステークス2020の

結果を振り返って参ります。

 

<紫苑ステークス2020結果

優勝馬・・・マルターズディオサ

2着馬・・・パラスアテナ

3着馬・・・シーズンズギフト

 

<紫苑ステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ウインマイティー

対抗〇・・・スカイグルーヴ

単穴▲・・・ミスニューヨーク

特注☆・・・ラヴユーライヴ

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎流し各100円、計400円。

(予想結果=不的中)

紫苑ステークス2020予想・本命馬はウインマイティ―

 

勝ちタイム=2分02秒1(曇り・稍重)

前半1000m通過=61秒8

ペース=スローペース(1秒5差)

勝ち馬上がり3F=35秒8(9位)

レース上がり3F=35秒9

クッション値(当日午前9時)=10,8

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬マルターズディオサは重賞2勝目(チューリップ賞)

・田辺裕信騎手は当重賞初制覇

・手塚貴久調教師も当重賞初制覇

・田辺裕信騎手のコメント「(春は)ローテーション的にも苦しかったなと。敏感な馬で毎回全力で走っちゃうんで、その反動とかもきて。いい休みが取れて身も心も成長してくれたと思います。元々線が細い馬なんで、プラス(12kg)になる分にはいいんじゃないかと思ってました。オークスの時は距離が半信半疑で…スタートもいい馬なんで、今回は正攻法でいきました。自然と先頭にたって押し切れたのが大きいと思います。正直調教の段階では緩さとかがあって、今回いけるな、という手応えは掴めていなかったんですが、上積みがあってGⅠにいけるんじゃないかなと思います。」(このインタビュー後、秋華賞開催場を阪神と間違えた田辺騎手だったが、「京都だったら最高だったのに」との発言も飛び出した。実際に京都開催と分かり、「内回りは先行有利のイメージがあるんで」と笑顔も見られた)

・マルターズディオサの生産は日高の天羽禮治さん

・優勝馬マルターズディオサはスタートを決めて道中2番手。4コーナーで逃げたショウナンハレルヤが下がったのを交わして先頭。そのまま直線はインを押し切った

・走破タイムは過去4年の重賞開催で最も遅い2分2秒1。重賞含む過去10年でも、もっとも遅い時計

・重賞での稍重開催は初めてで、重賞になってから2分を上回るタイムは初めての記録。当日は良発表から、5レースでは芝が稍重に変わり、そのまま終了時点まで馬場状態の変更はなかった

・前走・オークス経由馬のマルターズディオサが優勝。過去4年も含め重賞格上げ以降このローテは7頭が馬券圏内。(2017年優勝馬ディアドラはオークス4着後HTB賞1着からの参戦。ローテ中にオークスが含まれる)

・2~3着馬はともに大外8番枠で、過去4年も含め重賞になってからは8枠馬が6頭馬券圏内

・2着武豊騎手「大外でしたが上手く流れに乗れました。絶好調という感じではありませんでしたが、もっと良くなると思います」

・3着C.ルメール騎手「いい競馬をしました。内にもたれてしまいましたが、真っすぐ走れれば勝てたかもしれません。すごくいい馬です」

・上位3頭の4コーナー通過順は1→4→4番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲4着→☆5着→◎6着→○13着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬マルターズディオサです。

 

同馬は田辺騎手のコメントでも

聞かれた通りまだ緩さがあって

馬体が増えたのは良かったですが

強調しづらい仕上がりでした。

 

画像のように落ち着きの点でも

少し不安を感じましたから

ここはないかなと思いましたが

強い内容で優勝しました。

 

馬場状態から展開的にも

スタートから優位に立てましたが

馬場状態も踏まえると尚更

手が出せない仕上がりと言えました

 

ここは完敗してしまいましたが

同馬は上積みも大きそうです。

勝ち切れたことに加えて馬体も

更に上昇の余地があるでしょう。

 

 

2着馬はパラスアテナです。

 

同馬は相変わらず腹周りに

多少太い感じも受けましたが

増減なしでも前走時よりは

筋肉が張って上昇しました。

 

ツヤもよくボリューム感満載で

ふっくらとした感じが好感で

これで腹周りが絞れていたら

上位選出もあるところでした。

 

外目を回るタフな競馬ですし

最後の坂も伸びているのですが

筋肉が増えたようにも思われ

全体的に成長しています。

 

中山に向いたパワータイプで

武騎手のコメントにもある通り

絶好調でもなかったですから

良化の余地は十分あるでしょう。

 

 

3着馬はシーズンズギフトです。

 

同馬は相変わらずバランスが良く

伸びやかさが目立つ骨格ですが

トモにかけての腹の巻き上がりが

気になって無印に致しました。

 

一番悩んだ仕上がりでしたが

3着という結果を見ていると

これくらいでも走ってこられると

認識を改めねばなりません。

 

同馬はもっとツヤをよく見せたり

筋肉も張って見える馬なので

仕上がりとしては7割くらいの

状態だったのではと思います。

 

ルメール騎手がスカイグルーヴより

こちらを選んでのレースでしたが

やはり騎手の判断は正しいと

納得した結果でもありました。

騎手はどの馬を選んだか?

 

それから・・・

 

6着と負けてしまいましたが

◎ウインマイティーも見てみましょう。

 

 

こちらも非常にバランスに優れ

無駄がなく牝馬らしかったですが

何分スタートで後れをとって

厳しい競馬になってしまいました。

 

後方から上がり最速を出し

外を突いて追い込んできましたが

馬場状態も味方をしてくれず

残念な6着に終わりました。

 

とはいえレース内容を思えば

強さを見せてくれた走りですし

悲観する内容でもないために

敗戦は割り切って良さそうです。

 

マイナス4kgでも細くはなく

今回も好仕上がりでしたから

これくらいの仕上げであれば次は

巻き返しも十分にあるでしょう。

 

ということで・・・

 

先週~今週と連敗となり

非常に残念な週末ですが

騎手のコメントからも展開利が

特に働いた結果に思えます。

 

このあたりは馬場状態を踏まえ

今週から新しく始まった

クッション値にも期待を寄せながら

分析していきたいと思います。

 

早目に有効利用できるよう

データを精査して参りますので

これからもブログ予想を変わらず

お楽しみいただければ幸いです。

 

それでは今週は土曜重賞

紫苑ステークスに敗れましたが

来週も勝利を目指しますので

ご声援お願い申し上げます。

 

 

*昨年☆1着→◎2着→▲3着で上位独占。来週はセントライト記念

パドックロード(2020)9月度会員募集中

*「重馬場向きの馬体」についても解説した相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です