競馬好きが長続きするのは

 

こんにちは、競馬漬けです。

 

先日ふとテレビをつけたときに

SONGSという歌番組の中で

TUBEのボーカルの前田さんが

このようなことを仰っていました。

 

「浅漬け」

 

バンドについて答えを聞かれると

このような答えが返りましたが

この言葉からは自身に対する

肯定の気持ちを感じました。

 

2020年はTUBEにとって

35周年を迎えますが

相変わらずカッコよかったですし

歌が上手くて羨ましかったです。

 

さてそんな「浅漬け」発言をした

前田さんから感じられたことは

自分がやってみたいことについて

無理せず取り組んでいく姿勢です。

 

35年もバンドを続けて

且つ安定感のある演奏で

ファンの心を捉え続けてきた

一流が「浅い」はずがありません。

 

無理にかっこつけたり威張ったりせず

若さにしがみついたりもしないで

自然体で受け答える姿は

凄いなあ・・・とため息が漏れました。

 

さて浅漬け発言の意味ですが

「色々かじってみるんだけど

その先の扉を開かないっていう(笑)」

との真意の説明がありました。

 

これは決して色々かじって

身になっていないということではなく

その時その時全力をかけて

打ち込んだ結果言える言葉でしょう。

 

アーティストが求める結果は

それぞれ違って当然でしょうが

「こういうものをつくりたい」気持ちが

アーティストを育てていくのでしょう。

 

これについては競馬予想をしている

私たちにも言えることでもあり

馬券のスタイルによってそれぞれ

予想の形も変化するのです。

 

たとえば単複重視でもっとも

本命に重きがかかる馬券や

ボックス馬券などで複数頭

入着を狙うかなどで変わります。

 

3連単が一番売れている

馬券種であることを考えれば

そのレースでの最高配当を

狙うファンが特に多いわけです。

 

「こういう馬券を当てていきたい」

と思う気持ちが馬券種に現れ

予想印が多くなったり

逆に少なくなってきたりするのです。

 

はしくれはと言えば実はまったく

正反対のやり方をしており

「こういうときはこの馬券かな」と

予想の質によって選んでいます。

 

やり方はこのように違いますが

「こういう競馬予想をやりたい」

思う気持ちは一緒ですので

人それぞれなことが面白いです。

 

また「こういう予想をしたい」というのは

変化しても構わないものなので

それこそ色々と試した結果

自分が好きなものを選びましょう。

 

はしくれにとってはパドックですが

データや調教に血統などの

それぞれに違った要素を持った

競馬予想の方法があります。

 

 

☆競馬は推理である

 

「予想」と名のつくものはすべからく

推理の世界にあるものですから

自分なりに答えを出す理論を

確立していければ良いのです。

 

これについては

パドックの見方、お教えします!

競馬予想の方法―効率的な8つの順序

競馬新聞の読み方を大公開!プロが教えるコツとは

などの無料コラムを公開していますが

予想力には印を打つことと

もう一つ大事なことがあります。

 

それが馬券の買い方の技術

こちらは

買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

で伝えている通りですが

この二つがどうしても必要です。

 

あとはマインドの問題になりますが

長く競馬を続けていく意思なら

競馬を一生続けるために

がお役に立てるかもしれません。

 

名探偵コナンではないですが

「真実はいつもひとつ!」にあやかるなら

「勝ち馬は大体一頭(汗)」

という

余裕をもって臨みたいものです。

 

☆35年という厚み

 

そんなわけで今回はSONGSの

TUBEの出演をきっかけにして

競馬予想にも色々あるなと

思い立ってコラムを書きました。

 

はしくれは既に20年近く

パドックに打ち込んできましたが

これがあと15年もやったら

一体どうなるのかと思います。

 

プロのライターになって早5年

パドックのプロとしては3年と

時間が経つのは早いものですが

35年は凄い厚みです。

 

TUBEのようにかっこよく歌える

歌唱力や魅力はありませんが

競馬予想の良さが伝わるよう

好きなやり方で続けたいです。

 

コラム執筆時はまだ梅雨ですが

晴れ晴れと予想していけるように

このリクエストを夏競馬をする

あなたに届けたいと思います。

 

それでは最後に聞いて下さい

はしくれのリクエストで―

「夏を待ち切れなくて」

 

*競馬漬けのパドック漬け予想は

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

またその相馬理論の結晶は

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です