ラジオNIKKEI賞2020結果・優勝馬はバビット

 

圧逃劇。

 

落馬負傷した団野騎手から

乗り替わった内田博幸騎手と

稍重の馬場を味方につけ

5馬身差完封を演じたバビット。

 

逃げ・先行馬が多く出走し

速い流れが予想されましたが

コンマ4秒差のミドルペースで

そこまで速くない流れでした。

 

1~4番人気馬が全て

馬券圏外の結果でしたが

そんなラジオNIKKEI賞2020を

振り返りたいと思います。

 

<ラジオNIKKEI賞2020結果

優勝馬・・・バビット

2着馬・・・パンサラッサ

3着馬・・・ディープキング

 

<ラジオNIKKEI賞2020予想・印&買い目>

本命◎・・・グレイトオーサー

対抗〇・・・パラスアテナ

単穴▲・・・パンサラッサ

特注☆・・・ディープキング

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

(予想結果=的中:ワイド1730円)

 

勝ちタイム=1分47秒3(曇り・稍重)

前半1000m通過=59秒6

ペース=ハイペース(0秒4差)

勝ち馬上がり3F=35秒8(最速)

レース上がり3F=35秒8

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬バビットは3連勝で重賞初制覇

・内田博幸騎手は当レース2勝目

・浜田多実雄調教師は当レース初制覇

・直前の乗り替わり・内田騎手のコメント「いやあの、騎手ならね、任された仕事を精一杯やらなきゃいけないんで。団野騎手が育てて来た馬なのでいい競馬してバトンタッチしてあげたいなと思って。団野騎手も若いんで、これをバネにしてもらって次なるタイトルを取ってくれれば良いと思います。(馬は)いつも前に行っているんで。これだけ良いスタートしたんで下げる必要もないと思って。まさかこんないいパフォーマンスができるとは思わなかったですけど。スピードもあってね、スタミナも十分持ち合わせています」

・バビットの生産牧場は浦河町の大北牧場

・バビットの父ナカヤマフェスタ産駒にはガンコ・ヴォージュがおり、先行してしぶといタイプの排出に成功している

・前走・新潟の早苗賞経由の優勝馬はセダブリランテスがいる(3年前)

・バビットは3-2-0-0でデビュー以来全連対。稍重は初経験で優勝

・走破タイム1分47秒3は過去10年で7番目のタイム

・逃げたバビットが上がり最速を計時しての優勝で、重賞では珍しい事態

・前日の降雨の影響で芝状態は稍重。内が伸びる馬場状態

・2着馬パンサラッサ三浦騎手のコメント「勝った馬も強かったですが、内枠なら違ったかもしれません。」

・3着馬ディープキング戸崎騎手のコメント「馬場も悪くて進みもよくなかったんですが、とてもよく伸びてくれました。これから良くなる馬だと思います。」

・2~3着馬は前走で同じレースからの入着(3歳上1勝クラス阪神芝2000m。1~2着)

・上位3頭の4角通過順は1→2→6番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

〇5着→◎7着→▲10着→☆12着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬バビットです。

 

同馬は途中、馬っけを出したり

気性面で若さも見られましたが

ご覧のとおり引き締まった馬体が

なかなか気になる好馬体でした。

 

少し腰が甘く見える感じで

その点がやや気がかりでしたが

ぴっちりと無駄のないつくりからは

馬場を味方にできる仕上げでした。

 

展開が読めない点が相馬の

最大の弱点ではありますが

枠も最内でハナを切ったのも

内田騎手の好判断でしょう。

 

同馬はデビュー戦から継続で

騎乗できている騎手がいませんが

今後の鞍上も含め次走も

注目が必要な存在です。

 

 

2着馬はパンサラッサです。

 

同馬はいかにも矢作厩舎の

所属馬という感じがしましたが

無駄のなく切れ上がった胴体と

コロンとした丸みが特徴です。

 

馬場を考慮して選出するかで

かなり悩んだ一頭でしたが

もうひとつ全体も緩く感じ

選出には至りませんでした。

 

小回りも得意にできそうですし

距離の融通も利きそうですが

現状馬体が短いので

これくらいの距離が合っていそうです。

 

まだ成長の余地を感じますし

柔軟性も好感ですが

ひと夏を越して馬体が増してくると

更に楽しみな馬だと思います。

 

 

3着馬はディープキングです。

 

同馬は絞れた馬体が好感で

ツヤもよく皮膚も張っていましたが

まだ骨格的に華奢さが目立ち

入着は先かなと思いました。

 

ですが見事に3着しましたし

最後もきっちり伸びているので

やはり枠に加えて馬場の渋る

コンディションが向いたと思います。

 

戸崎騎手もコメントしていますが

良くなるのはまだ先でしょうから

現時点でこれだけ走れるなら

上を目指せる馬だと思います。

 

距離も注文がつくタイプでなく

もう少し伸びても良さそうなので

順調に勝ち上がってこられれば

秋も楽しみが広がるでしょう。

 

それから・・・

 

今回1番人気に推された

4着馬パラスアテナです。

 

 

同馬は今回プラス10kgの

馬体重が発表されましたが

やや下腹が余裕残しのため

選出には至りませんでした。

 

ツヤもよく筋肉に張りもあって

状態自体は良かったのですが

牝馬は腹目に出やすいですから

この点は注意が必要です。

 

また馬場が渋ってしまったことも

切れ味の低減にもつながって

小回り自体は良かったのですが

この点も苦しかったことでしょう。

 

またこのコースは例年外から

追い込んでくる馬が見られますが

坂で脚が鈍るため4着は

精一杯の結果と言えましょう。

 

ということで・・・

 

馬場状態の読みが的中して

からくもワイドが当たりましたが

パドックでは残念な結果で

悔しい思いもしたレースでした。

 

やはり道悪特有の結果と

思える展開になりましたから

データ予想との2刀流には

改めて意味を感じています。

 

パドックでは分からない3つのこと

では

その弱点について話しましたが

データ予想の仕方については

競馬予想の方法―効率的な8つの順序

をご覧ください。

 

それではラジオNIKKEI賞2020の

結果は以上の通りでした。

まずは夏競馬本番の一戦を

的中できたことが幸いです。

 

パドックにも更に磨きをかけて

真剣に取り組んで参りますので

どうぞ当ブログをこれからも

よろしくお願い申し上げます。

 

*更なる飛躍を期す

パドックロード(2020)7月度会員募集中!

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ラジオNIKKEI賞2020結果・優勝馬はバビット」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です