日本ダービー2020結果・優勝馬はコントレイル

 

最高傑作。

 

父ディープインパクトが達成した

2005年無敗のダービー制覇から

15年の歳月を乗り超えて

コントレイルに受け継がれた新時代。

 

品のある馬体と卓越したバランス

距離不問のコンパクトなフォルムに

美しい輝きと落ち着き払った

芸術的な仕上がりの一戦でした。

 

馬格がサラブラッドの素質を決める

全てではないということを

心底確かめられたダービーを

振り返って参りたいと思います。

 

<日本ダービー2020結果

優勝馬・・・コントレイル

2着馬・・・サリオス

3着馬・・・ヴェルトライゼンデ

 

<日本ダービー2020予想・印&買い目>

本命◎・・・コントレイル

対抗〇・・・サリオス

単穴▲・・・ヴァルコス

特注☆・・・マンオブスピリット

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

(予想結果=的中:ワイド170円・トリガミ)

 

勝ちタイム=2分24秒1(曇り・良)

前半1200m通過=1分13秒5

ペース=スローペース(2秒9差)

勝ち馬上がり3F=34秒0(最速)

レース上がり3F=34秒3

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬コントレイルはこれでGⅠ3勝目

・無敗での牡馬2冠達成は2005年ディープインパクト以来15年振り7頭目

・1番人気馬の優勝は2015年ドゥラメンテから5年振り

・5番枠での優勝は父ディープインパクトと同枠番

・コントレイルを管理する矢作調教師は当レース2勝目

・矢作師の戦前のコメント「全てが我々の想定を超えて一回一回進化してきてくれている。特に良くなったのはバランスと精神面。東京コースはプラスになってもマイナスになることはないと思う」

・大山ヒルズ齋藤氏によるコントレイル牧場時代のコメント「コンパクトでしたので目立つ馬ではなかった。体質が弱いところがあって順調に乗り込めない時期があった」

・コントレイルは5戦全てで一戦ごとに大山ヒルズ(外厩)に戻してから、再び矢作調教師の厩舎に戻すという臨戦過程を辿る

・勝ちタイム2分24秒1は過去5年で3番目のタイムで、当日の14時から30分程度周辺で降雨があった。

・馬場はCコース替わりで最内が生きているがコントレイルは中を選択。父ディープインパクトが走ったヴィクトリーロードに似た位置を選択。

・福永祐一騎手のコメント「素直に嬉しいです。(自身が)一度勝利しているので心境も違いました。こうなってほしいなというところはもうちょっと競馬においてはあるんですけど、底知れないというか、楽しみしかないですね。今日勝ったことでスターホースの仲間入りを果たしたと思います。」

・コントレイルの生産は新冠町の(株)ノースヒルズ。ダービー制覇は2013年キズナ、2014年ワンアンドオンリーに次ぐ3勝目

・3着以内馬の前走は全て皐月賞経由

・上位3頭の4角通過順は4→11→7番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→〇2着→☆10着→▲16着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬コントレイルです。

 

同馬は究極のバランスの良さと

滑らかで無駄のないフォルムを持ち

飴色に光る独特のツヤが

美しい印象的な仕上がりでした。

 

非の打ちどころのない仕上げでしたし

一瞬で本命に決まりましたが

トモも完璧な形をしており

コメントつきの配信となりました。

 

まるで芸術品がパドックの中を

歩いているような雰囲気でしたが

欧州の名馬にも見られるような

コンパクトで引き締まった馬体です。

 

スタミナ勝負にも強いタイプですし

それでいて瞬発力も十分で

はしくれの個人的願望では

凱旋門賞を走ってほしいです。

 

道悪も問題なさそうですし

次世代のバランスを持っています。

世界の頂点を決める一戦には

この馬が必要だと思います。

 

 

2着馬はサリオスです。

 

同馬は前走時と比べて更に

馬体が引き締まってきましたが

十分に勝利を狙えるだけの

素晴らしい仕上がりにありました。

 

例年なら間違いなく同馬に

本命を打っていたところですが

あまりに相手が悪すぎましたし

修正すべき点は何もありません。

 

これだけ雄大な馬格を誇り

且つ筋肉の量も尋常ではなく

マイラーを距離に対応させることが

ここまでできるのかと驚きました。

 

マイナス8kgも勝負仕上げで

堀調教師の手腕は超一流です。

コントレイルにも感嘆しましたが

同馬も感動的な仕上がりでした。

 

 

3着馬はヴェルトライゼンデです。

 

同馬は明らかに皐月賞時よりも

全体が充実していましたが

パンパンに張った胴とトモからも

好走の予感はありました。

 

ただ前出2頭が飛び抜けていて

他にも好仕上がりの馬がおり

選出には至りませんでしたが

特に距離適性のある馬体でした。

 

バランスに優れ筋肉量より

柔軟性と絞れた胴体を持ち

脚も長く背も高く見えるので

好走の下地は十分でした。

 

春3戦目でようやく自身の

良さを発揮できた一戦ですし

東京のような大きなコースが

向いている馬体だと思います。

 

それから・・・

 

興奮冷めやらぬ中行われた

目黒記念の結果ですが・・・

 

 

〇1着→◎3着→☆9着→▲15着でした。

 

◎ステイフーリッシュは伏兵の

7番人気の低評価でしたが

きっちり仕上がっていましたし

ハンデ差がなければというところでした。

 

勝ち馬とは3,5kg差があり

パドックではこれを加味しませんから

仕上がりとしての順列はかなり

正確だったと思います。

 

このようにはしくれは実績があって

コラムを公開していますから

パドックの見方、お教えします!

もぜひご安心のうえご覧ください。

 

それにしてもコントレイルの馬体は

新時代の仕上がりと言えました。

凱旋門賞でも好勝負可能な

馬体なのではと期待しています。

 

またこの凱旋門賞の傾向は

凱旋門賞で日本馬が勝てない理由

に詳しいので

よろしければこちらもぜひ一度

ご覧いただければ幸いです。

 

ということで・・・

 

日本ダービー2020の結果は

以上の通りとなりましたが

次週からはまた来年に向けて

新たな競馬界が動き出します。

 

これからもご覧くださるあなたの

お役に立つことができるように

更に予想技術に磨きをかけて

精進して参りたいと思います。

 

またこの場を借りてご声援くださる

パドックロードの会員様にも

改めて日頃の感謝の気持ちを

述べさせていただきたいと思います。

ありがとうございます。

 

はしくれもまだまだ完成品の

予想家ではありませんから

これからもぜひご一緒に相馬眼の

上達を果たして参りましょう☆

 

*ダービー◎〇本線ワンツー、目黒記念◎7番人気3着

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「日本ダービー2020結果・優勝馬はコントレイル」への4件のフィードバック

    1. 高田さん、初めまして。
      3着を当てることができれば、確かに素晴らしいと思います。ですが残念なのは上位2頭だけで馬券を組み立てられなかったことですね。
      ご覧の通りのトリガミですが、回収がゼロでなかっただけ、競馬の神様に感謝しています。

  1. お久しぶりです!
    サリオス推しだったのですが残念でした〜
    直線向いて手前を変えてほしかったですが最後まで変えずにパワーピッチのまま走り抜けました^^
    それもまたサリオスらしいと思いましたけど^^

    1. 炭酸水さん!ありがとうございます。

      サリオスを本命にされたんですね。サリオスも本当に良い馬ですよね~(*^^*)マイル路線だったら無敗のままだったと思いますが、敢えてダービーに向かったことに加えて、素晴らしい仕上げに感動でした。サリオスにも色々学ばせてもらい、とても感謝しています。

      手前を変えずに走っていたとは、全く気づきませんでした。もし変えられていたらもう一段、伸びていたかも知れませんね。凄い馬です。

      ダービーで人気通りピシャリと決まることは少ないですから、そこだけでバシッと当てる勇気が中々持てませんでしたが、今後の明確な課題としても良いダービーとなりました。

      またのお越しをお待ちしています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です