ヴィクトリアマイル2020結果・優勝馬はアーモンドアイ

 

ありがとう。

 

有馬記念での敗戦後も

ドバイで競馬ができなかったことから

今年最初の一戦となった

現役最強馬アーモンドアイ。

 

数々の名馬の記録に並ぶ

GⅠ7勝目をマークして

1分30秒6を刻んだ

衝撃の4馬身差圧勝でした。

 

信じていた競馬ファンの瞳に

鮮やかな走りを残しましたが

そんな一戦をまずは予想から

振り返って参りたいと思います。

 

<ヴィクトリアマイル2020結果

優勝馬・・・アーモンドアイ

2着馬・・・サウンドキアラ

3着馬・・・ノームコア

 

<ヴィクトリアマイル2020予想・印&買い目>

本命◎・・・アーモンドアイ

対抗〇・・・コントラチェック

単穴▲・・・サウンドキアラ

特注☆・・・ノームコア

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

(予想結果=的中:ワイド390円、530円、1530円)

 

勝ちタイム=1分30秒6(晴れ・良)

前半800m通過=45秒6

ペース=ミドルスローペース(0秒6差)

勝ち馬上がり3F=32秒9(最速)

レース上がり3F=33秒9

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬アーモンドアイはこれでGⅠ7勝目。

・牝馬による収得賞金10億円超えは史上4頭目、海外を含めると14億円超えで歴代7位の記録

・当レースの年明け初戦馬の優勝は史上初

・アーモンドアイの鞍上C.ルメール騎手は今年71勝目、ヴィクトリアマイルは2017年アドマイヤリード以来2勝目

・アーモンドアイを管理する国枝調教師は当レース2勝目(2011年アパパネ)

・勝ちタイム1分30秒6は昨年のレコードタイムよりコンマ1秒遅い史上2位で、直線で一杯に追われなかったため更に速いタイムが出たと予想される

・アーモンドアイは直線ノーステッキ。残り150m地点でルメール騎手が後ろを振り返る余裕があり、手綱を緩めてのゴール。この状態で上がり最速32秒9とレース上がりをただ一頭1秒上回る快勝

・今週からのBコース替わりと良馬場への回復、ミドルスローペースにより後方の差し馬には苦しい展開となった

・ルメール騎手のコメント①「めちゃくちゃ強かったです。安心しました。彼女のエンジンはまだあります。大人になりました。これから…負けないね。アーモンドアイはもうレジェンドホース。」

・ルメール騎手のコメント②「それからもうひとつ、三浦皇成騎手が美浦で調教に乗ってくれて、凄くいい仕事をしてくれた。三浦騎手に感謝したいね、ありがとう。」他の騎手について勝利騎手がインタビューで感謝を表するのは異例で、このコメントも感動に花を添えるワンシーンとなった

・アーモンドアイの生産牧場ノーザンファームは今年GⅠ3勝目

・2着馬サウンドキアラは2008年エイジアンウインズ以来の前走阪神牝馬ステークス優勝馬による馬券圏内確保

・2着馬サウンドキアラの松山騎手は「自分の思った通りに競馬ができました」とのコメント

・2~3着馬が大外枠の18番・16番だったが、8番ディメンシオンと9番セラピアが取り消したため枠が2頭分内に詰まった。実質16頭立ての16番・14番(勝ち馬アーモンドアイも12番→10番)という結果に

・リピーターの強いレース傾向通りに昨年優勝馬ノームコアが3着

・上位3頭の4角通過順は4→3→6番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→☆2着→▲3着→〇9着3着以内独占でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬アーモンドアイです。

 

同馬は変わらず素晴らしいバランスで

ふっくらとした好馬体でしたが

まだ完全に絞り切っておらず

上昇途上の仕上がりでした。

 

それでも一頭次元の違った

柔らかい筋肉が目立ちましたし

毛ヅヤもよく落ち着き払っていて

安心感の持てる仕上がりでした。

 

輪乗りの際は少々汗をかき

白い発汗が目立ちましたが

パドック時点ではそれも見られず

素晴らしい走りに涙があふれました。

 

ルメール騎手のコメントにもある通り

調教を積んだ三浦騎手の努力も

しっかりと実ったのを感じた

絆の詰まった仕上がりでした。

 

 

2着馬はサウンドキアラです。

 

同馬は牝馬にしては幅があり

筋肉のボリュームが目立ちましたが

相変わらず腹周りが大きく

内臓の充実を感じさせます。

 

社台ファームの生産馬でもあり

骨太の馬体に納得ですが

松山騎手と5戦5連対と

コンビ力も感じられる2着でした。

 

ダートでも好走できそうなほど

厚み重点のタイプですから

マイルまでの距離はこの馬にとり

絶好の舞台だと思います。

 

シルエット自体も独特で

ぼわんと膨らんだ感じがしますから

前走時と変わらない体型が

選出を後押ししてくれました。

 

 

3着馬はノームコアです。

 

同馬は昨年と比べると

やや胴体が伸びて感じましたが

前走の大敗の影響を

感じない好仕上がりにありました。

 

今回は前走時と比べて

12kg減の発表でしたが

全く気になりませんでしたし

前走時から良かったと思います。

 

この点は騎乗の横山騎手が

「前走と同じように良かった」

コメントも残していることからも

間違いないと思います。

 

柔軟性に富んだ馬体で

まだまだ馬が若いと感じますし

同騎手とも手が合っていますから

これからも楽しみな存在です。

 

それから・・・

 

今回は9着でしたが

対抗〇に推したビーチサンバです。

 

 

同馬は前走時も印をつけ

今回もかなり良かったのですが

何分スタートもあまりよくなく

インの後方も不運でした。

 

最後は脚を伸ばしていましたし

今が旬と言えるつくりですので

無駄のなさやボリューム感からも

全く見限れないと思います。

 

馬体全体を見てもマイルでは

力を発揮できるタイプですし

これだけのメンバーに囲まれても

見栄えのする好馬体でした。

 

中々馬券には絡みませんが

これからも狙いたい一頭です。

同様に仕上がってくれば十分

好走できると思います。

 

ということで・・・

 

今回はデータでもパドックでも

3着以内を独占しましたが

対抗馬の順位から僅かながらも

パドックが上位となりました。

 

得意を磨いて磨き抜く負荷をかけ

相馬眼を上達させてきましたが

来週からも変わらぬ精進を

続けて参りたいと思います。

 

それにしてもアーモンドアイの強さは

本当に泣けるほどのものでした。

素晴らしいレースを見せてくれたことを

心より感謝しています。

 

そしてパドックロードの会員の皆様と

ブログをご覧下さる皆様に

改めて喜びを分かち合えた

感謝を申し上げたいと思います。

 

それでは今週も当ブログ予想を

ご覧下さりありがとうございました。

これからも当ブログを引き続き

よろしくお願い申し上げます。

 

*ヴィクトリアマイル制圧

パドックロード(2020)5月度会員募集中!

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ヴィクトリアマイル2020結果・優勝馬はアーモンドアイ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です