中山金杯2020予想・本命はクレッシェンドラヴ

 

金杯。

 

一年最初の重賞レースが

この中山金杯になりますが

今年は先行タイプが揃って

ペースが速くなりそうです。

 

年末のホープフルステークスでは

馬場は内目が生きていましたが

例年直線では真ん中から

差し切る競馬が多く見られます。

 

ハンデ戦で力が均衡して

枠順も左右しそうですが

まずは予想印と買い目から

ご覧いただきたいと思います。

 

<中山金杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・クレッシェンドラヴ

対抗〇・・・ギベオン

単穴▲・・・ザダル

買い目・・・単勝◎200円、ワイドボックス各100円、計500円。

 

 

本命◎はクレッシェンドラヴです。

 

同馬はこれまで当該コースを

2戦2勝としていますが

早めにインを取れる3番枠から

ロスのない走りができそうです。

 

前走で重賞制覇を果たして

勢いも一番ありますし

展開的にも前走の経験が

活きそうなメンバーです。

 

道中で前が流れれば内々で

溜められる競馬は理想ですし

まくりつつ位置を上げていくスタイルも

ピタリとはまってくれそうです。

 

手の内に入れている内田騎手による

連続騎乗も頼もしいですし

長距離もこなせるスタミナもあるため

末脚も生きると思います。

 

 

対抗〇にはギベオンです。

 

同馬は前走のチャレンジカップで

9着と敗れてしまいましたが

これは正直デットーリ騎手の

騎乗ミスによるものと思います。

 

馬体はかなり仕上がっていた上

馬自身も最後伸びていたので

きちんと進路を取れていたなら

人気に応えられたと思います。

 

脚を余してしまうこと自体は

競馬ではよくあることなのですが

世界的名手の騎乗ミスでは

致し方ないところです。

 

今回は仕切り直しになりますし

GⅢでは格上ですから

あっさり突き抜けてしまうシーンも

想定しておきたいと思います。

 

 

最後単穴▲はザダルです。

 

同馬は昨年デビューから3連勝で

オープン入りを果たしましたが

GⅡでも2着に入線し

菊花賞にも出走しました。

 

さすがにここは距離が長かったと

思わざるを得ない結果でしたが

馬体は成長していましたし

まだまだこれからの存在です。

 

今回は大外枠スタートで

この点は少々気がかりですが

タフな流れにも強いタイプで

ハンデも55kgと軽いです。

 

鞍上もマーフィー騎手ですし

当該コースも1勝しています。

立ち回り次第では十分に

上位が狙える存在と言えましょう。

 

ということで・・・

 

中山金杯2020は

2020年1月5日(日曜日)

中山競馬場第11レース

15時35分発走予定です。

 

*ホープフルステークスパーフェクト的中

パドックロード(2020)1月度会員募集中!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です