天皇賞秋2019結果・優勝馬はアーモンドアイ

 

人智。

 

まだ見ぬ結果を想像するとき

必要になるのがデータですが

これまでの常識を覆すような

結果を出すのが名馬です。

 

屈強なライバルが取り囲んでも

速いタイムの走破になっても

彼女はいつもベストな走りで

観衆を魅了してきました。

 

彼女の走りを一目見るため

詰めかけた大観衆に対して

惜しげもなく繰り出された力と

その結果のワンサイドゲーム。

 

戦慄と歓声が入り乱れた

天皇賞秋2019でしたが

その結果を振り返る前にまずは

予想から回顧して参りましょう。

 

<天皇賞秋2019予想>

本命◎・・・ワグネリアン

対抗〇・・・アーモンドアイ

単穴▲・・・サートゥルナーリア

買い目・・・単勝◎100円、馬連ボックス各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<天皇賞秋2019結果>

優勝馬・・・アーモンドアイ(〇)

2着馬・・・ダノンプレミアム

3着馬・・・アエロリット

(◎5着、〇6着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎ワグネリアンは5着・・・

 

最後必死に追い込む姿に

期待の高まった直線でしたが

僅差で2着争いに届かず

残念な結果となりました。

 

対して優勝馬アーモンドアイの

強さには戦慄致しましたが

それではこの一戦をスタートから

振り返って参りましょう。

 

それではそのスタートですが・・・

 

 

少しバラけたスタートになりました。

 

好スタートはアエロリットで

アーモンドアイも上々のスタート、

マカヒキやカデナ、ケイアイノーテックが

後ろからの競馬となりました。

 

 

序盤は内からアエロリットが

先陣を切って逃げましたが

ペースは落とし気味ですぐ後ろに

スティッフェリオがつけました。

 

更にその後ろにサートゥルナーリアが

早目に前に出していきましたが

意外な位置取りも落ち着いたペースで

展開はマッチしていました。

 

 

前半1000Mの通過は

59秒0の時計でしたが

これは前後半差1秒8差の

スローペースとなりました。

 

 

4コーナーでもまだインで待機していた

アーモンドアイとルメール騎手(赤丸)に

スタンドからも大丈夫なのか

危惧する声が聞こえ始めます。

 

そんな中サートゥルナーリアを駆る

スミヨン騎手が仕掛け始めましたが

対照的にインで待機し続ける

アーモンドアイとルメール騎手がいました。

 

 

そしていよいよ直線に入り

インを突いたアーモンドアイですが

1頭分空いた最内を突き

力強く脚を伸ばしてきました。

 

 

外からはダノンプレミアムも追い上げ

他にも各馬が伸びてきますが

インから抜け出たアーモンドアイの

末脚は全く違っていました。

 

 

終わってみれば3馬身差で

並み居る強豪を蹴散らして優勝。

「日本最強馬ここにあり」

を体現するGⅠ6勝目でした。

 

内枠で押し込められる競馬で

精神力も問われた一戦ですが

折り合いを欠くことなく溜め続け

末脚爆発の直線でした。

 

これだけのメンバーと走りながら

次元が違うというレースぶりで

ひたすらに自身のゴールを目指して

駆け抜けていった2000Mでした。

 

「強いものは強い」と唸るような

痺れるような直線でしたが

こだまする大観声が溶け合う

夢のような直線でした。

 

「早い段階で勝てると思った」

というルメール騎手の手応え通り

あっさり突き抜けていった姿が

印象的なゴールシーンでした。

 

また金曜日にはまとまった降雨で

馬場の渋化を予想しましたが

既に土曜日から良馬場になり

顕著な回復振りに驚きました。

 

芝が改良されて水はけが良く

タイムが出る馬場でしたが

この管理された馬場に加え

Bコース替わりで速い時計でした。

 

走破タイム1分56秒2は

レコードとコンマ1秒差のタイムです。

追えばまだ伸ばせたタイムでしょうし

まさしくワンサイドゲームでした。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断に参りましょう。

はしくれ配信パドックロード

予想印は以下の通りでした。

 

 

◎1着→▲2着→〇6着→☆7着でした。

 

本命◎の優勝に加え、ワンツーを選出です。

それでは早速馬体診断を

行って参りましょう。

 

 

まず優勝馬アーモンドアイです。

 

同馬は前走・安田記念より

明らかに馬体が充実しており

豊かな腹袋も含めて

全体がボリュームアップしていました。

 

完璧な仕上がりと言える馬は

見当たらない今回でしたが

相対評価で本命はすぐに

同馬で良いだろうと思いました。

 

パドックと結果がリンクしやすく

その点も頼もしい限りですが

成長していることも感じられ

奥の深さを改めて感じます。

 

牝馬でありながら線の細さがなく

幅も一番大きく感じました。

トモの大きさも目立っており

納得の末脚を見せてくれました。

 

またルメール騎手がインタビュー時に

心臓が強いと語りましたが

このあたり腹袋の豊かさが

内臓の充実を示していました。

 

 

次に2着馬はダノンプレミアムです。

 

同馬は今回ツヤが目立って

ピカピカな馬体が目を引きましたが

硬くならずにふっくらしており

バランスも良い好仕上がりでした。

 

2人引きで胸前や肩の筋肉が

見極めづらい面もありましたが

絞れたお腹からトモにかけての

ボリューム感が特に好感が持てました。

 

同馬は時々硬く見えたり

バランスに難があったりするのですが

今日の仕上がりは柔らかさがあり

それがいつもよりも目立っていました。

 

左回りの中距離戦は得意で

これからも活躍してくれそうです。

馬体が変化するタイプですが

充実期に入ったと思います。

 

 

そして3着馬はアエロリットでした。

 

同馬は充実期がとても長く

毎日王冠より良くなっていましたが

個人的に迷いに迷って

スワーヴリチャードを上位にとりました。

 

結果として3着に入線した

同馬を上位に取るべきでしたが

評価のウェイトを変えていれば

悔しい気持ちが残りました。

 

同馬がライバルより良かったのは

筋肉の柔軟性です。

馬場が変わり以前よりも顕著に

この点が求められる結果でした。

 

3着争いは熾烈でしたが

偶然の結果ではありません。

結果から正しく学びなおして

相馬眼を更に高めたいと思います。

 

ということで・・・

 

今回はJRAが選出する

ベストターンドアウト賞もありましたが

このいわゆるベストパドック賞は

サートゥルナーリアが受賞しました。

 

はしくれも対抗に推しましたが

仕上げもかなり高次元でしたし

キビキビと歩く周回を見ても

受賞は納得のいくところでした。

 

ただ同馬に限ってはここのところ

筋肉のボリューム感はあるのですが

毎回フォルムが違ってきており

このあたりが課題と言えそうです。

 

まだ3歳馬ですし安定するのは

先のことかもしれませんが

次回のパドックでもその点には

気を付けたいと思います。

 

早いもので10月の開催日も

あっという間に終わりましたが

個人的には非常に収穫の多い

充実した一か月を過ごせました。

 

それを来月に還元できるよう

また頑張りたいと思いますので

どうぞこれからも温かい目で

応援いただければ幸いです。

 

共に的中の喜びを分かち合い

皆様の幸せが増しますように・・・☆

 

*直近重賞本命◎6戦5勝(3着1回)

はしくれのパドックロードは下記リンクからご覧ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「天皇賞秋2019結果・優勝馬はアーモンドアイ」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    何度見かえしても痺れるレースです。
    ゲート、道中の折り合い、末脚すべて高水準ですもんね。
    体つきはムキムキではないですが全体的に筋肉の質感が伝わる皮膚の薄さとか凄いと思いました。
    最近だとキタサンブラック、グランアレグリアとか春前くらいのサートゥルナーリアの様なムキムキな質感とはまた別な感じで全体的に柔らかい筋肉で覆われていてパンと張った筋肉で仕上がりの良さは見て取れましたね。
    個人的には出来ることなら来年も走ってもらいたいです。

    1. 炭酸水さん、お疲れさまです(>_<)ゞ いつもありがとうございます(*^^*) はい、本当に皮膚も薄くフックラとした好馬体でした。仰るとおりサートゥルナーリアのような筋肉マッチョメンではなくw まだ成長している段階なので来年もできれば見たいものです。素晴らしいレースを見せてくれたアーモンドアイとルメール騎手を心から祝福します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です