天皇賞秋2019予想・本命馬はワグネリアン

 

手綱。

 

ワグネリアンとのコンビで制した

日本ダービー2018で

鮮烈な騎乗を披露していた

鞍上の福永祐一騎手。

 

同騎手にとり初のダービー制覇後

相棒が辿った道筋には

得意の東京競馬場での

走りは一度もありませんでした。

 

2戦2勝で強い競馬をして

自信を持って乗れる東京での

久々の走りに期待高まる

今回の天皇賞秋2019。

 

上昇が見込めるローテションも

好感の持てる今回ですが

まずは予想の根拠を伝える前に

印と買い目からご覧下さい。

 

<天皇賞秋2019予想>

本命◎・・・ワグネリアン

対抗〇・・・アーモンドアイ

単穴▲・・・サートゥルナーリア

買い目・・・単勝◎100円、馬連ボックス各100円、計400円。

 

 

本命◎はワグネリアンです。

 

先述のとおり同馬は昨年

日本ダービーを制していますが

東京競馬場はそれ以来で

久しぶりの舞台となります。

 

馬場が渋っても走れるタイプで

柔軟性に富んだ馬体を持ち

爆発力ある末脚が光る

左回りが得意な馬です。

 

今週東京競馬場には

まとまった降雨がありましたが

土日で回復が見込まれるため

稍重くらいの馬場になりそうです。

 

最後少し上がりがかかることも

この馬にはプラスに出そうですし

人気の盲点になっていることからも

狙ってみたい存在です。

 

 

対抗〇にはアーモンドアイです。

 

同馬はドバイでも優勝を果たし

国際的にも注目されていますが

稍重馬場でも勝っていますので

馬場の心配はありません。

 

ただこれだけ注目されているだけに

マークは厳しくなりそうですし

自身の競馬がすんなりできるか

その点に関しては気がかりです。

 

メンバーもかなり強力ですし

安田記念では敗れていますが

スタートの不利以外にもやや馬体が

ジャパンカップ時とは違いました。

 

ハンデも56kgになるので

これも軽いとは判断できません。

能力は素晴らしく高い馬ですが

これらを考慮しての対抗です。

 

 

最後▲はサートゥルナーリアです。

 

同馬は前走・神戸新聞杯で

ヴェロックスをひとひねりで倒しましたが

今回はダービーで敗戦している

東京競馬場が舞台です。

 

スミヨン騎手が騎乗するとはいえ

ルメール騎手は前出馬(アーモンドアイ)を選んでおり

この判断から言えば印としては

この位置に落ち着きます。

 

前目で運ぶことも目標にされて

簡単には行きづらいところで

長い東京の直線でどこまで

粘り抜けるか試金石です。

 

古馬とも初対戦となりますし

乾ききっていない馬場も心配です。

経験に勝る古馬に若さで

食らいつけるかが焦点です。

 

ということで・・・

 

菊花賞では3着を独占した

前回の当ブログ予想ですが

同じく3着以内馬を選出の

パドックロードも当日配信します。

 

実際の仕上がりを見極めつつ

予想を配信して参りますので

ご興味をお持ちの方は文末の

リンクをぜひご覧下さい。

 

天皇賞秋2019の発走は

10月27日(日曜日)

東京競馬第11レース

15時40分予定です。

 

ご覧下さるあなたにとって幸せな

結果がもたらされますように・・・☆

 

*菊花賞3着以内独占、

土曜スワン&アルテミスS両重賞本命◎優勝

パドックロード(2019)10月度会員募集中!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です