スプリンターズステークス2019結果・優勝馬はタワーオブロンドン

 

この馬がとても好き。

 

タワーオブロンドンに騎乗していた

ルメール騎手がゴールした後

勝利騎手インタビューで述べた

同馬への一言です。

 

探していたものが見つかったように

短距離路線で輝きを増し

たどり着いたGⅠ戦の舞台で

一層輝きを放つ結果でした。

 

夏場のスランプから徐々に抜け出し

GⅠを迎えた当ブログですが

サマーチャンピオンに輝いた同馬の

勢いに乗ることができました。

 

これからもGⅠを勝てると答えた

ルメール騎手と掴んだ走りの

全貌に迫る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<スプリンターズステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・タワーオブロンドン

対抗〇・・・ダノンスマッシュ

単穴▲・・・ミスターメロディ

特注☆・・・ファンタジスト

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<スプリンターズステークス2019結果>

優勝馬・・・タワーオブロンドン(◎)

2着馬・・・モズスーパーフレア

3着馬・・・ダノンスマッシュ(〇)

(▲4着、☆16着)

払戻金・・・ワイド220円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)

 

相変わらずガミっていますが

本命馬がきっちり優勝してくれ

予想自体に手応えが掴めた

スプリンターズステークス2019。

 

外厩調整馬の扱いに少し慣れ

在厩調整で臨んだ本命馬を

1番手に指名できたこと

自身の財産になりました。

 

ノーザン系の実績馬が少ない

スプリント路線ということもあり

上位は非ノーザン系の馬たちで

埋め尽くされた今回の一戦。

 

タワーオブロンドンが快勝を飾った

スプリンターズステークス2019の結果を

まずはスタートから振り返って

回顧して参りましょう。

 

まずそのスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりましたが

外でハッピーアワーが出遅れます。

中からはモズスーパーフレアが出て

先頭を切って逃げて行きました。

 

 

松若騎手が序盤から飛ばして

「32秒台で行きたい」という意識を

体現するごとく3ハロンを

32秒7で行きました。

 

 

インが生きていて速い流れの中で

ミスターメロディが並びかけましたが

持ったままの手応えでモズスーパーフレアを

タワーオブロンドン(矢印)が見据えています。

 

 

直線に入ってラチ沿いを伸びて行く

モズスーパーフレアを外から追いかけ

剥がされていくミスターメロディを目がけ

タワーオブロンドンが爆発します。

 

エンジンがかかり見る見る追い上げ

差を詰めていくタワーオブロンドンが

最後モズスーパーフレアを交わし去って

GⅠ初制覇を成し遂げました。

 

 

「短い距離を使いたい」

以前から騎手にそう言われていたという

話をレース後に伝えてくれた

管理する藤沢調教師。

 

はしくれもこれまで当ブログで度々

短距離適性に触れてきましたが

騎手の手応えと相馬眼の一致も

見られた今回の結果でした。

 

「ダノンをマークしたかった」

 

レースでの位置取りを聞かれた際

ルメール騎手がそうコメントしましたが

インに入れないようにしたことは

やはり好判断だったと思います。

 

最後もきっちり交わし去っていますし

中山の坂も味方につけました。

タフネス&瞬発力で

時計勝負をモノにしました。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断に参りましょう。

はしくれ配信パドックロード

印は以下の通りでした。

 

 

◎1着→〇2着→☆3着→▲13着

3着以内独占です(*^^*)!

 

きれいに本命→対抗で決まり

データ予想要らないじゃん・・・

と思いつつも

パドック党として結果を残せて

大変嬉しい気持ちです。

 

これも日頃から応援下さる

会員の皆様のおかげ様と感謝し

勝利の余韻にジンとしながら

モニターに見入っていたはしくれでした。

 

それではここからは早速名物の

馬体診断を行って参りましょう。

 

 

まずは優勝馬タワーオブロンドンです。

 

同馬を初めて見たのはかれこれ

2年前のクローバー賞でしたが

その時からとてつもないボリューム感で

期待を抱いていた一頭でした。

 

幼少の頃は小さかったという

談話が牧場から聞かれましたが

それでもゴムマリのような筋肉の

目立つ一頭だったということです。

 

デビュー時から注目されていましたが

やはり短距離適性が確認できて

マイルは正直長いかこなせるのか

ギリギリの際どいところと言えます。

 

ボリューム感の塊の馬体で

モズスーパーフレアと迷いましたが

この筋肉量を上位評価したのが

好結果に結び付きました。

 

馬体としてはロードカナロアタイプで

コロッとして筋肉量が豊富です。

またローテがタイトで調教が緩いのも

感じられない馬体でした。

 

旬ですし充実感がありますが

お腹周りにまだ余裕が見られます。

マイル戦へ向かうとなるとこのあたり

調整の余地がありそうです。

 

「調教師だし好きにやりたかった」

という藤沢調教師ではありましたが

ルメール騎手の進言を受け入れて

素直にGⅠ奪取となりました。

 

トップでも奢らない柔軟な思考に

騎手も馬も応えてくれるのでしょう。

尊敬できる調教師さんだなと

心から思います。

 

 

2着馬はモズスーパーフレアです。

 

同馬はこれまでで一番美しく

なめらかな全体をしていましたが

筋肉の張りも申し分なく

引き込まれるような仕上がりでした。

 

最初同馬を本命にしようかどうか

迷ってしまうところでしたが

中山では急坂が控えるために

筋肉量重視で対抗でした。

 

アメリカ産馬で骨量が多そうな

面積の広い馬体をしており

しなやかな動きを見せる柔軟性の

高い四肢をしたスピード馬です。

 

オーシャンステークスで勝利した時には

ぼさぼさ(?)な毛並みでも勝ちましたが

今日ほどこの馬が美しく見えたのは

初めてのことでした。

 

音無調教師は仕上げが上手で

大型馬もきっちりと絞りますが

500kgを超える牝馬の同馬も

無駄のない好仕上がりでした。

 

この仕上がりであればどんな時でも

好走する下地は十分です。

今日は正直相手が悪かっただけで

同馬の仕上がりは100点でした。

 

 

3着馬はダノンスマッシュです。

 

同馬はやや発汗が見られましたが

走りに影響するほどには感じず

まとまった馬体と弾むような

フットワークが印象的でした。

 

ただ前走時のキーンランドカップより

馬体が少ししぼんだように感じられ

全体としては良い雰囲気でしたが

この点から4番手に下げました。

 

十分走っていますし

モズスーパーフレアとはタイム差なしですが

-8kgの影響も

多少なりあったように感じています。

 

バランスの良さは特筆ものですが

全体の線が細いスレンダータイプで

平坦馬場か他馬がスタミナを使う

稍重馬場が向いていると思います。

 

そして最後に・・・

 

 

4着馬ミスターメロディです。

 

春の高松宮記念を制した同馬は

右回りの不安が囁かれましたが

福永騎手によれば

「手前を上手く変えられなかった」

ということです。

 

それでいて最後の直線も踏ん張り

4着に粘り通しているので

トップスピードの持続力では

やはり一流のものがあります。

 

今回馬体はまだ緩さがあり

前走より特段上昇してなく

印を付けられませんでしたが

それでいてこれだけ走ってきました。

 

アメリカ産馬らしい骨太で

筋肉量の多いつくりも見受けられ

やはり器の大きい馬だなと

再確認した次第です。

 

勝ちに行く競馬を見せてくれましたし

根性もありタフな一流馬です。

全体が春のように締まってきたら

また選びたいと思います。

 

ということで・・・

 

パドックでは今月重賞レースで

3回目の3着独占でしたが

スプリンターズステークスの裏開催の

阪神メインも3着独占でした。

 

 

☆1着→◎2着→▲3着→〇6着ですね。

 

馬体を制すものは競馬を制す。

これははしくれの持論ですが

9月度が終わりよく迎えられて

会員様には感謝の念にたえません。

 

応援して下さるあなたのためにも

はしくれはこれからも走り続けますので

どうぞ変わりないご声援を

賜りますようお願い申し上げます。

 

以上のように

スプリンターズステークス2019は

タワーオブロンドンの快勝となりました。

この新スプリント王にあやかり

更に上昇したいと思います。

 

また既に10月度のパドックロード会員の

募集も開始しているところですが

週中に改めて募集内容を

公開したいと思います。

 

これからも当ブログ予想とパドックロードを

ぜひお楽しみにお待ちください☆

 

*9月度重賞3着独占3回の実績。好調☆

パドックロード(2019)9月度会員募集中!

(10月度既に募集中、上記記事内リンク使えます)




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「スプリンターズステークス2019結果・優勝馬はタワーオブロンドン」への2件のフィードバック

  1. ワイド220円だと負けじゃないですか?
    仮に勝っていたとしても、この賭け方ならしれてますよね。

    1. 川端さん、はじめまして。
      確かにブログ予想の方は完全にガミっていますね。
      はしくれがなぜこのような結果を出すのかは「ガミるのなんか怖くない、回収率の向上へ」をご覧いただくのが早いです。
      パドックの方は個人的なことなので言う義理は有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です