アイビスサマーダッシュ2019結果・優勝馬はライオンボス

 

直線番長。

 

そんな称号を得るに相応しい

ライオンボスが一直線に走った

アイビスサマーダッシュ2019。

 

「夏は上がり馬」という格言どおり

一気の三連勝を記録して

初重賞制覇を見事に飾った

55秒1の直線競馬でした。

 

急遽コンビを組むことになった

田辺騎手も冷静に捌きました

その一戦を振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<アイビスサマーダッシュ2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ダイメイプリンセス

買い目・・・◎単勝100円、複勝200円。計300円。

 

それでは結果です。

 

<アイビスサマーダッシュ2019結果>

優勝馬・・・ライオンボス

2着馬・・・カッパツハッチ

3着馬・・・オールポッシブル

(◎ダイメイプリンセス6着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダイメイプリンセスは6着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しでした。

 

カメラも遠いスタート地点の

直線1000mの始まりですが

1番人気のライオンボスも

良いスタートを決めたところでした。

 

序盤に飛ばしていくのが内から

3番のカッパツハッチでしたが

これを制して外から前に出たのが

11番のライオンボスでした。

 

 

直線1000m戦は大体

いつも大外の取り合いになるのですが

田辺騎手によると

「外というよりも、先手を主張していきたかった」

そうです。

 

馬場は前日も中が伸びていて

当日もその傾向はありましたが

カッパツハッチが選んだ進路は

まさにそんな位置取りにも思えました。

 

 

600m通過のタイムは

32秒6という時計で

やや前半が速かったものの

ミドルハイペースといったところでした。

 

前で粘るカッパツハッチと

抜け出したライオンボスが粘り込んで

後続各馬には届かないかなと

思われたところがゴールでした。

 

 

「1000mだからと言って展開が

ないわけじゃない」

という田辺騎手が

「道中うまく息を入れられた」

折り合いもついていたライオンボス。

 

「適性は間違いない」

と言うとおりの

1000m戦3連勝を刻んで

一気の重賞ウィナーへと

瞬く間に上り詰めました。

 

2着にカッパツハッチが入って

韋駄天ステークスの1~2着馬が

そのまま1~2着に飛び込むという

勢いも必要な結果が出ました。

 

特殊な舞台・そして上がり馬。

夏競馬らしい一戦でした。

サマーダッシュの名に相応しい

一戦だったと思います。

 

それではここからは気を取り直して

馬体診断に参りましょう。

はしくれ配信「パドックロード」

予想印は以下の通りでした。

 

 

◎1着→▲2着→〇6着→☆7着でした。

 

僅か15分間のパドックによって

ワンツーが予測できるのですから

データ予想にかける時間て一体・・・

と虚しくもなる結果です。

 

とはいえ見抜けたのは嬉しいですし

今回も伝えたいことがあります。

それでは早速上位馬の診断を

実施して参りましょう。

 

 

まず優勝馬ライオンボスです。

 

実ははしくれは同馬をパドックで

見たのはこれが初めてになりましたが

一目見てこれは千直馬だな

感じる特徴的な馬体でした。

 

まずボールのように張った前後肢と

ずんぐりむっくりした輪郭を持ち

これでもかという筋肉がついており

尋常な幅じゃありません。

 

これでは千直以外もたないかもと

思えるくらい短距離向きなつくりで

この馬でまず仕方ないだろうと

白旗を上げてしまいました。

 

まだ若さがあり全体に緩く見え

締まってどうなるかが知りたいですが

こういう雰囲気のまま行く馬も

中には見受けられるところです。

 

太目がお腹に出そうなタイプで

今回はきちんと絞れていましたから

こういうつくりにある以上は

常に注意しておきたいタイプでしょう。

 

過去の名馬と比べてみるとすれば

ビッグアーサーに近いタイプと言えます。

時々出現する超短距離志向の

馬体のひな型的存在です。

 

 

そして2着馬はカッパツハッチです。

 

同馬は今回画像がななめで

やや見づらいところではあるのですが

バランスが良く張りもツヤもあって

1周目から目を引く存在でした。

 

なんと言ってもライオンボスには

幅の面では敵わないのですが

全体的にボリュームがある体型で

今が旬と言えそうなつくりでした。

 

この馬の方がライオンボスより

距離適性に幅がありそうですが

1200mで勝っているので

この点おそらく間違いはないでしょう。

 

それを可能にしている箇所としては

全体の肉付きがスマートなところ

締まりがある体型であることが

スタミナの消費を低減しています(牝馬ですしね)。

 

このどことなくスラリとした感じが

カッパツハッチには見受けられますから

距離が伸びて再戦があれば2頭を

また見極めてみたいところです。

 

 

最後3着馬はオールポッシブルです。

 

同馬は好調教が伝わっていて

トモの張りも十分でしたが

肩の筋肉が少し物足りないと

感じて切ってしまいました。

 

結果3着ですし短縮が

吉と出た印象も拭えませんが

馬体を見る限りでは特段

1000mの馬とも見えません。

 

そういう意味では陣営が貫いた

1200m以上のローテーションも

むしろはしくれは納得だなあと

勝手にしみじみしています。

 

ただこうして結果が出てきましたから

次もこの距離を使いたいでしょう。

今後の同馬のローテーションにも

注目したいところです。

 

ということで・・・

 

毎度のことですが今回も外れて

皆様には申し訳ありません。

はしくれなりに取り組んでいますが

トンネルはまだ続きそうな感じです。

 

スランプはこれまでもありましたし

感覚的にまだ上がってこないので

せめて賭け金を少額に落として

来週も買いたいと思います。

 

こういう時はじっくりと構えて

チャンスを待つのが一番です。

読者の皆様には幸多きことを

心よりお祈り申し上げます。

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「アイビスサマーダッシュ2019結果・優勝馬はライオンボス」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    最近のデムーロJ調子を落としてるせいもあってか思い切りが悪いですよね^^;
    去年の大阪杯のスワーヴリチャードを引き合いに出すのは極端かもしれませんがあっと言わせる様な大胆な騎乗が最近は最近はなりを潜めてますね〜
    土曜の戸崎Jの騎乗の様に外枠を見ながら真ん中辺りから来てほしかったですが外枠に寄せる事に固執し過ぎて馬が前を向けなかった分脚を余した様に見えましたね〜
    残念でした^^;

    1. 炭酸水さん、ありがとうございます(*^^*)!

      そうですね~。やはりデムーロ騎手には思い切りの良さが一つのポイントですもんね。
      勝負どころで中を突いて伸びることに期待していましたが、中々思い描いたとおりには展開してくれませんでした。

      またデムーロ騎手らしい騎乗の復活を期待したいですね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です