七夕賞2019結果・優勝馬はミッキースワロー

 

願い。

 

七夕当日に開催された

七夕賞2019でしたが

稍重馬場を力強く駆け抜け

制したのはミッキースワローでした。

 

管理する菊沢調教師は

騎手時代も当レースを制しており

相性の良さをうかがわせる

見事な重賞制覇となりました。

 

トップハンデの実力馬を任された

息子の一樹(かずき)騎手が巧みに捌いて

嬉しい初重賞制覇を親子で

達成する幸せな瞬間を披露。

 

そんな親子の願いが天に届いた

七夕賞2019でしたが

まずは当ブログ予想の結果から

ご覧いただきたいと思います。

 

<七夕賞2019予想・印&買い目>

本命◎・・・クレッシェンドラヴ

対抗〇・・・ロシュフォール

単穴▲・・・ストロングタイタン

特注☆・・・クリノヤマトノオー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<七夕賞2019結果>

優勝馬・・・ミッキースワロー

2着馬・・・クレッシェンドラヴ(◎)

3着馬・・・ロードヴァンドール

(〇11着、▲16着、☆7着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎クレッシェンドラヴは2着でしたが・・・

 

相手を選び切れず的中には

至らず残念な気持ちです。

 

ですがミッキースワローにまつわる

七夕の願いが届いた結果に

少なからず爽やかな気持ちになれた

今回の一戦でした。

 

それではそんな一戦となった

七夕賞2019の結果を

早速スタートから振り返って

参りたいと思います。

 

まずスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

 

先行していくマルターズアポジーに

タニノフランケルも良いスタートを決め

序盤のポジション争いに各馬が

追い出されて行きました。

 

大方の予想通りハナに行くのは

マルターズアポジーになりましたが

2番手のタニノフランケルを制して

敢然と前をキープして逃げました。

 

 

前半の800m通過は

46秒2のタイムとなりましたが

これは稍重馬場を考えれば

かなり速い時計と言えます。

 

この流れで前に行った各馬は

苦しい競馬を強いられましたが

対して道中ゆったり運んだ

外差し各馬には向いた流れでした。

 

 

4コーナーを回り馬群からは

ミッキースワローが中から抜け出し

これを目がけて更に外を回った

クレッシェンドラヴが追い込んで来ます。

 

前で粘るタニノフランケルらの

末脚が鈍るのとは対照的に

力強く鋭い末脚を使い

2頭がマッチレースを演じました。

 

 

そして最後には外を回って伸びた

クレッシェンドラヴが並びかけましたが

結局最後まで末脚を伸ばした

ミッキースワローが優勝しました。

 

力強い末脚でした。

 

予想時には稍重馬場に加え

トップハンデを懸念していた同馬が

セントライト記念で見せた末脚を

彷彿とさせる伸び脚で快勝。

 

福島の実績はありましたが

馬場状態から特に強気になれず

選び出すことができなかったのを

とても残念に思っています。

 

前走東京では10着に敗れ

立て直しの一戦となりましたが

やはり直線の短い右回りは

走りが違った印象でした。

 

また今回はパドックでも非常に

悔しい結果となってしまいましたが

はしくれの配信パドックロード

印からまずはご覧いただきましょう。

 

 

◎2着→〇6着→☆7着→▲8着でした。

 

1番人気のロシュフォールを外して

全体としてはこちらが上でしたが・・・

それでは早速馬体診断

行って参りましょう。

 

 

まず優勝馬ミッキースワローです。

 

同馬は昨年暮れの有馬記念で

重い印を打った一頭でしたが

前走でも仕上がりが良かった割に

負けてしまったので手が出せませんでした。

 

今回の仕上がり自体も高次元で

ムラのない仕上がりにありましたが

ふっくらとしていてバランスが良く

柔軟性に富んでいました。

 

実は1周目で同馬を見たときに

「やはり買いかな」と直感したのですが

前走の敗戦が頭をかすめたため

どうしても選び切れず残念でした。

 

何度でも良く見えた仕上がりなら

トライするのがはしくれ流ですが

今回は尻込みしてしまったことが

本当に悔やまれます。

 

この結果には正直落ち込みますが

学んだこともまた大きいです。

敗戦をバネに上昇を目指し

また取り組んでいきたいと思います。

 

 

2着馬はクレッシェンドラヴです。

 

同馬はデータ・パドック共に本命で

2着によく頑張ってくれましたが

張りのあるトモに加え全体の

ボリューム感が一回りアップしていました。

 

今回この復習記事をご覧の

あなただけに伝えたいことですが

同馬の「毛色」も実は重要な

判断要素のひとつとなりました。

 

録画していたテレビ番組の中で

細江純子さんが仰ったのですが

「色も濃いですし」の発言には大きな

衝撃をはしくれは受けてしまいました。

 

この要素は知る人ぞ知る要素で

口にする人は殆どなく

はしくれの師匠である妻以外では

初めて耳にすることができました。

 

パドック解説者でこのようなことを

仰る方は他に見られません。

もちろんこれだけでは決まらないですが

時には決め手にもなる一言でした。

 

 

3着馬はロードヴァンドールです。

 

同馬は今回特に推せるような

要素を見つけられませんでしたが

張りのあるトモと肩の筋肉の

バランスの良さを見ることができました。

 

さすがに重賞ですから馬体も

条件馬より総じて良く見えますし

その中にあって特別と言えるほど

目立つ仕上がりには思えませんでした。

 

随分尻尾の毛を短く揃えていて

いつもこうだったかな?と思いましたが

気分的にも落ち着き払っていて

その点は良い方に出たと思います。

 

現在6歳ですが馬体の方は

まるで衰えは見られないところです。

これからも重賞で着を拾うだけの

パフォーマンスは十分に可能でしょう。

 

ということで・・・

 

セントライト記念の重賞制覇から

2年振りに勝利したミッキースワローの

「夢よもう一度」というシーンが見られた

七夕賞2019の結果でした。

 

今回はパドックの見方の極意の

その奥の一要素を話しましたが

それだけに捉われることなくパドックを

ご覧いただきたいと思います。

 

このところ勝ち切る予想ができず

心苦しい日々が続いていますが

応援下さる皆様にはこの場で

お礼を申し上げたいと思います。

 

いつも温かいご声援を賜り

誠にありがとうございます。

ご声援を糧に上昇できるよう

これからも取り組んで参ります。

 

*プロキオンステークス◎2着→〇3着でワイド本線的中

パドックロード(2019)7月度会員募集中!

 



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「七夕賞2019結果・優勝馬はミッキースワロー」への2件のフィードバック

  1. レース&パドック回顧、今回も楽しく読ませていただきました!

    クレッシェンドラヴの「色の濃さ」は、僕にとって新しい発見です。ただ発見といいましても、その研ぎ澄まされた感性は、まだ僕の手中になく…。それでも近づきたいと思えるのが、パドックの魅力です(^ ^) レーシングビュアーで復習します!

    人気馬・ロシュフォールは、初コースに加えて、慣れない道中のペースに戸惑っていたそうです。ただ、適性の試されるレースだっただけに、収穫は多かったと思います。
    パドックでは気合い上々に見えましたし、今回の結果だけでは過小評価できませんね。

    レースは変わってプロキオンステークスですが、パドックでは、マテラスカイの後ろをアルクトスが歩いていました。
    これは結果論ですが…、横の比較をしたときに、アルクトスの堂々としなやかに歩く姿は素晴らしかったです! 逆にマテラスカイは硬さがあったのでしょうか。ダート馬なので、その硬さが良いのか悪いのかは分かりません…。

    私事ですが、最近ますます馬体の魅力を感じています。そこで『種牡馬事典』なるものを買ってみました。

    僕は現代のトップ種牡馬の現役時代を見ていません。しかしこうして見ると、産駒はうまい具合に特徴を受け継ぐんだなあと思いました。

    はしくれさんを知って以来、僕も小点数・少額買いが定着してきた今、僕の競馬に対する向き合い方は確実に変わってきています。

    とびきりの好馬体に出会いたい。それを見抜けるようになりたい。そして、応援したい…。

    そんな気持ちでいっぱいです(^ ^)

    1. ジェイさん、ありがとうございます(^^)

      なるほど種牡馬大辞典ですね!
      種牡馬も今は現役に近い体型の維持に努めているそうですから、
      往時の馬体に思いを馳せつつ学習に勤しむのも良いと思います。

      またアルクトスは良かったですね(^^)
      最後印は回せませんでしたが、厚みのある馬体は好感でした。
      最後の一周で特に良く見せましたから選びたいところでした。

      「毛色の濃さ」に関してはあまり意識する人は多くないと思います。
      毛ヅヤは冴えると銭形模様が浮かぶなど有名ではありますが、
      濃さを気にするとなるとかなりコアなパドック党だけになると思います。

      買い目は絞って且つ絞り過ぎずが簡単なようで難しいですから、
      6点を基本にすれば上達が早くスムーズかと思います。

      夏競馬も夏競馬だけの面白さがある特別な季節ですから、
      この時期に競馬の楽しさをぜひ広げてみて下されば幸いです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です